『朝ごはんのニューウェーブ!グラノーラのダイエット効果』mi...

『朝ごはんのニューウェーブ!グラノーラのダイエット効果』 microdiet.netレポート

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村峯満)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『朝ごはんのニューウェーブ!グラノーラのダイエット効果』を公開致しました。
http://microdiet.net/diet/000923.html

ダイエット、美肌、整腸などの効果を期待することができます。
ダイエット、美肌、整腸などの効果を期待することができます。

朝ごはんはパン派?それともご飯派?

最近の朝ごはん事情は、もはやこの2択だけでは語れません。
グリーンスムージーやアサイーボウルなど、ヘルシーで美容に良い朝食が注目を浴びている中、ここ数年で人気が大きく上昇しているのがグラノーラです。

グラノーラは様々な商品が販売されていますが、基本的にはオーツ麦(えん麦)をメインに小麦、玄米など数種の穀物をシロップ、砂糖、ココナッツ、はちみつなどで甘みを付け、油脂を混ぜてオーブンで焼いて作られています。
これらの穀類に加え、ドライフルーツやナッツ類が入っているものが一般的です。これに、牛乳やヨーグルトをかけて食べるのがオーソドックスな食べ方。

商品により栄養成分に多少の違いはあるものの、どのグラノーラも共通しているのは穀物とドライフルーツ、ナッツに含まれるミネラル、食物繊維が豊富で、更にビタミンA、B群、Dなどのビタミンが添加されているため、栄養価に優れていることです。

特に、グラノーラにメインで使われているオーツ麦は、玄米の約3倍もの食物繊維が含まれていますので、ダイエット、美肌、整腸などの効果を期待することができます。

その食物繊維には水溶性食物繊維の「えん麦β(ベータ)グルカン」が含まれており、この成分が含まれている食品は、アメリカでは米国食品医薬品局(FDA)により、「冠状動脈心疾患の危険を減らす」の表記、EUでは欧州食品安全機関(EFSA)により「食後血糖値の上昇抑制」「排便促進効果」についての表記が許可されています。

他にもコレステロール低下、高血圧抑制、肥満抑制効果などがあるとして、諸外国では研究が進められており、オーツ麦は健康食品として広く認知されている食品なのです。

また、グラノーラはザクザクとした噛みごたえのある食感なので、咀嚼回数が増えるため満腹中枢が刺激され、少量でも満足感を得ることができるのも、ダイエッターにとっては嬉しいポイントです。自然と食事の量を減らすことができます。

ただ、ヘルシーなイメージが持たれているグラノーラですが、カロリーは決して低くはなく、1食の目安量である50gあたりのカロリーは約220kcalです。これはコンビニのおにぎり1個分に相当します。

ですので、グラノーラを食後にデザートとして食べると、ダイエットどころか太ってしまう可能性があります。例えば朝食として取り入れるなど、食事として適量のグラノーラを食べるのであれば、問題はありません。

■グラノーラをダイエットに取り入れるなら?

美容・ダイエット向きの食べ方をするのであれば、牛乳をかけるよりもグラノーラ+ヨーグルト+フルーツが良いでしょう。グラノーラ自体はビタミンCがほとんど期待できませんので、苺やブルーベリーなどフレッシュフルーツを組み合わせると、抗ストレスや美肌効果がアップします。
牛乳よりもヨーグルトがオススメな訳は、やはり乳酸菌です。ヨーグルトの乳酸菌はグラノーラの食物繊維と相乗効果を発揮して、腸内環境を整える作用がより高まります。

食べるタイミングは、グラノーラは糖質(炭水化物)が多いので夜よりも朝食のほうが良いです。時間のない朝でも時間をかけずにすぐに用意できるのも、グラノーノの良いところですよね。
カロリー面では立派な1食になりますので、デザートではなく朝食のメインとして食べましょう。

詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事
『朝ごはんのニューウェーブ!グラノーラのダイエット効果』をご参照ください。
http://microdiet.net/diet/000923.html


■microdiet.netとは
microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。

■ダイエット食品『マイクロダイエット』について
「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。

通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。

個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。

英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。

『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。

発売から27年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「106875」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報