ユビタス、ビットメインとクラウドAIコンピューティングの市場...

ユビタス、ビットメインと クラウドAIコンピューティングの市場開拓で提携

~高速で費用対効果の高いAI向けクラウドサービスを提供~

株式会社ユビタス(本社:東京都港区、CEO:Wesley Kuo、以下「ユビタス」)とBitMain Technologies Holding Company(本社:中国北京、CEO:Micree Zhan、以下「ビットメイン」)は2018年11月14日、クラウドAIコンピューティング分野での提携を発表しました。ユビタスは東アジア最大のクラウドゲーミングプラットフォームとして、世界最先端レベルの半導体設計企業であるビットメインにより開発されたSophon AIチップとハードウェア関連製品を、日本や台湾のデータセンターにて導入・運用してまいります。これによりSophon AIチップの高性能コンピューティングや自社開発のTPUアーキテクチャによって、より一層高速でかつ費用対効果の高いAIコンピューティングサービスの提供が可能となります。

両社は今後より深い提携を行い、ビットメインの技術的なサポートを受け、ユビタスはSophon AIチップを用いたコンピュータビジョン関連のAI機能を開発し、様々なAIコンピューティング需要を満たしてまいります。


ユビタス・ビットメイン ロゴ


インターネットがソーシャルネットワークの時代に入り、スマートフォンやウェアラブル端末などマルチスクリーンでの利用が進み、現在では企業が処理するデータ量は「膨大」どころか「天文学的なレベル」と言えるほどになっています。個々の端末の計算能力ではもはや大量な映像や画像の認識・編集、自然言語処理の需要などに対応しきれず、近年ではクラウドAIコンピューティングが力強く発展してきました。


ユビタスは世界的に有名なクラウドサービス提供者として、高速ストリーミングかつ低遅延のクラウドゲーミングサービスを、大手通信キャリア、インターネット企業、ゲーム企業等に提供してまいりました。また、AIを活用した画像補正技術によって、エンドユーザに高価なコンピュータ機器がなくとも高品質なゲームを提供してまいりました。同時に、AIブロックチェーン企業Cortex Labや台湾国立交通大学のCGI LabへのクラウドAIコンピューティングサービスの提供など、AIユーザへの大規模な計算能力の提供による処理時間の節約も実現してきました。このように、ユビタスはクラウドAIコンピューティングサービスの業界において先導的な地位にあります。


ビットメインは、強力な半導体エンジニアリング、短いイテレーション、システム設計・制作能力により、最も費用対効果が高くかつ電力性能比の高いAI半導体とハードウェア製品を提供し、またAI産業のためハードウェアやシステムソリューションのカスタマイズ・最適化に専心し、AI開発の参入障壁を取除き、AIの普及を推進してまいりました。ビットメインはまた、ハードウェア、ドライバ、命令セット、線形代数アクセラレーション・コア数学ライブラリ、ランタイムライブラリ、BM Deployの推論デプロイメントツール、FTアクセラレーションライブラリ、ディープラーニングフレームワーク、(Caffe、Darknet、Tensorflow、MXNetなど)、あらゆるレベルのツールチェーンの能力を保有しており、ソフトウェアとハードウェアの統合された設計と最適化を実現し、ハードウェアでのディープラーニングの最適化において最高のパフォーマンスを実現しています。



ユビタスCEO Wesley Kuoのコメント:

「Sophon AIチップBC1682はCNN(畳み込みニューラルネットワーク)の推論処理に特化しており、ユビタスが現在保有するGPUの数倍のパフォーマンスを得られるでしょう。コンピュータビジョンやディープラーニング、強化学習などでの応用、例えばゲーミングAI、自動運転、ロボットの遠隔自動操作などにおいて、一層の計算能力を活用したサービスをより広範なユーザに提供することや、先日ユビタスが発表したゲーム企業向けの『分散型AIコンピューティングエコシステム』の強固な基礎となるでしょう。」



ビットメインCEO Micree Zhanのコメント:

「ユビタスは日本最大のクラウドゲーミングプラットフォームというだけでなく、ピーク時で40 PFLOP近いAIクラスタ計算能力も保有しています。ビットメインSophon AIチップやハードウェアの導入により、より省電力かつ高パフォーマンスの計算能力が提供され、ビットメインのAI製品の多様な産業での実用化や海外進出をサポートするでしょう。」



【ビットメインについて】

ビットメインは主にブロックチェーンと人工知能の分野に特化した高パフォーマンスの半導体を提供しており、ブロックチェーン分野では74.5%の世界シェアと圧倒的な地位を誇っています。7nmプロセスで設計された世界最先端の高性能半導体がビットメインの競争力の中核で、ビットメインは2015年末からAI半導体の研究開発に着手し、2017年前半、世界初となるクラウドでのディープラーニング専用AI半導体BM1680を発売しました。2018年3月に発売された2代目AIチップBM1682は、初代より5倍性能を向上させ、さらに2018年7月、初の端末用半導体BM1880を発売しています。BITMAINのAI製品はセキュリティ監視、データセンター、スーパーコンピューティング、ロボットなどの多様な分野で活用されています。



【ユビタスについて】

ユビタスはGPU仮想化技術とクラウドストリーミング・プラットフォームの先進企業です。スマートフォン、タブレット、ゲーム専用機、スマートTV、パソコンなどあらゆる端末やネットワーク、プラットフォームにまたがるアプリケーション配信を実現し、高品位のアプリケーションをいつでもどこでも利用できる技術とサービスの開発提供を行っています。国内外のゲーム企業やアプリケーション企業のグローバル展開を長期的に支援すると共に、世界各国の通信キャリア・オンラインサービス事業者・ゲーム事業者と協同でクラウドゲーム事業を展開しています。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「171132」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報