日本のフラワーマーケットの活性化・消費拡大を実現する新組織発...|

日本のフラワーマーケットの活性化・消費拡大を実現する新組織発足  一般社団法人 花の国日本協議会(英:Flowering Japan Council(略称:FJC)) 「フラワーバレンタイン推進委員会」が法人化、2014年7月31日設立予定

~ 花に満ち溢れた素敵な日本を目指します ~

フラワーバレンタイン推進委員会(東京都中央区、代表:井上 英明)は、2014年7月31日、“バレンタイン”の枠を超え、日本のフラワーマーケットの活性化と消費拡大を目指した新組織「一般社団法人 花の国日本協議会」(Flowering Japan Council)を設立します。

法人化の背景には、2010年から花き業界の21の企業と団体で編成された「フラワーバレンタイン推進委員会」が、消費拡大を目的として進めてきたプロモーションに一定の効果があったことにあります。この実績をふまえ、委員会を法人化し、新たに参加企業や団体を募ることに致しました。法人化によって、中長期的な事業推進や、異業種との連携といった様々な可能性が広がることが考えられます。また、花き業界における「種苗~生産~流通~小売」といった全過程に関わる企業や団体が業界を横断して団結し、「花と緑のある暮らし」「花を通したコミュニケーション」「花を使ったおもてなし」など、世界に誇れる日本の花文化を創出するために、1社1社では実現困難な新たな花の消費拡大・需要喚起プロモーションや、共通課題の解決を行います。
現在把握できる統計データだけでも2000年から2010年の10年間で約1,950億円の切花家庭消費が失われています。この、失われた10年の消費をV字回復させるため、花業界が自ら立ち上がり実行に移します。


◆花に満ち溢れた素敵な日本、花と共にある日本人のライフスタイルへ◆
新組織では、従来のフラワーバレンタイン活動(男性から女性への花ギフト促進)に加え、週末に花を買うライフスタイル提案(ホームユースの開拓)、両親に感謝を伝えるバースデーギフトなど、消費拡大に向けての具体的なテーマの施策を通年で計画しています。

(1)花贈り:男性から女性への花贈り促進
「フラワーバレンタイン」「いい夫婦の日」「愛妻の日」や、プロポーズ、結婚記念日など
テーマ:LOVE、ターゲット:主に男性

(2)ホームユース:ホームユースの開拓、食卓連動企画
“Weekend Flower”「金曜日には花を買おう!」(週末を素敵に過ごす、週末を愉しむ花提案)
テーマ:食卓・おもてなし・インテリア、ターゲット:主に女性

(3)バースデー:生んでくれて、ありがとう!
18歳からはじめる両親への感謝の花贈り
テーマ:感謝・感動、ターゲット:子供(成人)※365日物日化

これらの消費者向けのコンテンツに加え、新組織では花業界向けのコンテンツも計画しています。業界内のプラットフォーム作りの一つとして業界向けのポータルサイト「Flower Media(仮称)」を立ち上げ、業界内のデータ集積にプラス、簡易に市場調査ができる仕組み作りや、オンライン新人スタッフ研修など、ナレッジの共有をはかります。


<「花の国日本協議会」主な事業内容と会員メリット>
●花や緑のある暮らしのPR活動および、花きの販売促進ツールなどの提供
消費者に向けた花と緑による豊かな生活を、様々なPR活動により発信・啓蒙し、花きの消費の底上げをはかります。会員は、各種キャンペーンや企画等を活用した販売促進活動を行うことができ、販売促進ツールやサービスが割引価格もしくは無償で提供されます。

●花き業界の効果的な販売促進活動のための情報プラットフォームの提供
スマホ用無料アプリ『花贈りnavi』および、花業界の新ポータルサイト「Flower Media(仮称)」を通じ、会員は新組織が提供する様々なサービスや情報を利用できるほか、会員相互に販売促進の情報を共有できるようにします。

●花きの販売促進に関する調査及び研究
協力機関と連携し、花きの消費動向や販売活動などの市場調査や研究を行うことで、マーケティングの基礎情報を提供します。会員は、それぞれの課題に応じた花店や消費者への市場調査を設計、割引価格で実施します。

●花き業界の人材育成のためのオンライン研修やWeb教材の提供
会員のスタッフ等の人材育成のためのオンライン研修や、Webを活用した教材などを割引価格もしくは無償で利用できます。フォーラムや講演会などの参加も優遇します。

●我が国の花と緑に関する情報のハブ機能を担い、国内外への発信を促進する
協力機関と連携し、日本の花文化の情報発信や国際交流を通じて、花文化の高揚に貢献します。特に2020年までに世界に誇る日本の文化とするべく、生産・流通における花の品質向上を目指しながら、消費者および観光客への国産花の広報PR活動に積極的に関与していきます。

<年会費>
法人会員…1口1万円/10口~(※)法人会員は入会金5万円
個人会員…1口1万円/1口~
賛助会員…1口1万円/1口~


■加盟企業・団体数目標…500(初年度)
※フラワーバレンタイン推進委員会の加盟企業・団体…318


■フラワーバレンタイン推進委員会 概要
花き業界の有志により編成され、発足。バレンタインデーを本来の姿である「男女がお互いに愛を伝え合う日」にするために、世界の多くの国と同様、男性から女性への花贈りを啓発するプロモーション「フラワーバレンタイン」キャンペーンを企画運営(2014年2月14日が4回目)。全国で約8,500の小売店が参加し、本年2月には、122のイベントを実施しました。初年度から売上効果が表れ、2013年には前年比135%を達成しました(2013年2月14日実績/調査対象店舗80店/未実施の2010年と比較すると155%)。

代表者 : 井上 英明(株式会社パーク・コーポレーション 代表取締役)
所在地 : 東京都中央区東日本橋3-6-17 山一ビル4F
      (一般財団法人日本花普及センター内)
設立  : 2010年11月9日
URL   : http://www.flower-valentine.com/

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル 経済
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「48128」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースを見た人が興味がある…

  • 関連記事
  • 会社情報