工学院大学ソーラーチームが世界大会前回参戦車両を「東京モータ...

工学院大学ソーラーチームが世界大会前回参戦車両を 「東京モーターショー2019」ブリヂストンブースに出展

~トークショーで2019年世界大会5位入賞・技術賞受賞をメンバーが振り返る~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)の学生プロジェクト『工学院大学ソーラーチーム』が2017年の世界大会に参戦したソーラーカー「Wing」を「第46回東京モーターショー2019」(期間:10/23-11/4、会場:東京ビッグサイト)に出展します。また、期間中の11月2日(土)には今年10月にオーストラリアで開催され、チームが5位入賞・技術賞受賞を果たした「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」をテーマにしたトークショーに登壇します。



【本件のポイント】

●「東京モーターショー2019」ブリヂストンブースに工学院大学ソーラーチームの学生らが製作した2017年世界大会参戦車両のソーラーカー4号機「Wing」を展示。

●11月2日(土)、今年10月にオーストラリアで開催されチームが5位入賞・技術賞受賞した「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」がテーマのトークショーに学生らが登壇。

●チームは産学連携により約50のサポート企業から最先端素材・技術の支援を受けるほか、大学の研究資源(教員)やものづくりの施設を最大限に活用し、学生自らが車両を設計・製作した。


ブリヂストンブースイメージ(場所:南展示棟4階) 画像左手前の車両が「Wing」


【本件の概要】

「第46回東京モーターショー2019」ブリヂストンブースに、『工学院大学ソーラーチーム』の学生たちが開発・設計から製作までのすべてを手掛け、作り上げた“オンリーワン”デザインのソーラーカーが展示されます。今回展示される4号機「Wing」は、2017年10月にオーストラリアで開催された世界最高峰のソーラーカーレース「2017ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」のチャレンジャークラスで7位、翌2018年8月に秋田県大潟村で開催された国内大会「ワールド・グリーン・チャレンジ」で総合優勝を果たしています。

また、11月2日(土)には今年10月にオーストラリアで開催された「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」をテーマにしたトークショーに学生らが登壇します。同チームは「2019ブリヂストンワールドソーラーチャレンジ」に後継車両「Eagle」で参戦し、チャレンジャークラス5位入賞(日本勢では2位)という成績を収めました。さらに、優れた技術を持った車両に贈られる、オーストラリア教育科学訓練省所管の研究開発機関であるCSIRO公認の技術賞「テクニカルイノベーションアワード」も受賞しています。同大会参戦においては、チームを支える数多くのサポート企業の中で、世界最大のゴム・タイヤメーカーである株式会社ブリヂストンより次世代低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」などの提供を受けています。



■第46回東京モーターショー2019 https://www.tokyo-motorshow.com/

期間:プレスデーほか 10月23~25日14時

   一般公開    10月25日14時~11月4日

会場:東京ビッグサイト 南展示棟4階



■『工学院大学ソーラーチーム』特設サイト  https://www.kogakuin.ac.jp/solar/

カテゴリ:
企業動向
ジャンル:
教育 技術・テクノロジー
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報