SDGsの理念に基づいた沖縄での学校研修に朝原宣治氏が登場「...

SDGsの理念に基づいた沖縄での学校研修に朝原宣治氏が登場 「学校法人三幸学園国内研修in沖縄」開催報告

株式会社CODE7(本社:大阪市中央区、代表取締役:桑原匠司、以下CODE7)は、2019年2月11日から15日にわたり沖縄県糸満市にて学校法人三幸学園リゾート&スポーツ専門学校の国内研修を開催いたしました。

「海に入れない時期の沖縄観光をウェルネスでアップデートしよう」を課題とし、朝原宣治氏(大阪ガス)をゲストに迎えパネルディスカッション等を行い充実した5日間となりました。


ゲストの朝原氏、岩崎氏と集合写真


「沖縄研修byCODE7」Twitter

@OkinawaCODE7



■国内研修について

全国の学校法人三幸学園リゾート&スポーツ専門学校(札幌から福岡まで全5都市から)の学生が沖縄県糸満市に一堂に会し、研修を行いました。国連が2015年に定めた持続可能な開発目標(SDGs)に基づき、「海に入れない時期の沖縄観光をウェルネスでアップデートしよう」が課題。銀メダリストの朝原宣治氏(大阪ガス)をゲストに、ビーチで走り方教室や農業体験を通してアスリートと食に関するパネルディスカッションが行われました。開講式、閉講式では内閣府沖縄スポーツ産業クラスターの中村氏から「これからの沖縄の未来は皆さんの若い力にかかっている」と激励の言葉がありました。



■「学校法人三幸学園国内研修in沖縄」概要

1. 2月11日

札幌、仙台、東京、名古屋、福岡から23名の学生が那覇空港へ到着。19時からのオリエンテーションに臨んだ。持続可能な開発目標の3番にあたる「すべての人に健康と福祉を」という目標に向けて、未来を担う学生にその意義と健康と福祉を体験する研修であることが知らされる。開講式には今研修の後援である内閣府沖縄スポーツ産業クラスターの中村裕二氏から沖縄の観光業を盛り上げるアイデアをぜひ作り出してほしいと激励をいただいた。


2. 2月12日

早朝よりバドミントン国体選手などを指導している空敬太トレーナーから砂浜での無酸素運動トレーニングの指導を受ける。HIIT(高強度インターバルトレーニング)と言われるもので、短時間で脂肪燃焼や持久力アップが狙えるトレーニング方法で、減量やハードな運動を持続的に行うことが必要なアスリートのために知っておきたいメソッドである。

午前中は一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会代表理事の岩崎真宏氏(医学博士・管理栄養士)による栄養学の基礎を学んだ。従来の三大栄養素からスタートする栄養の授業とは異なり、分子レベルの栄養素の構成などから学んだため、学生からは「栄養学の概念が大きく変わり、とても楽しかった」とあった。

午後からは、北中城村で「農福連携」を行っている玉城卓氏(合同会社ソルファコミュニティ)の指導で、学生は長靴に履き替え、無農薬無肥料自然栽培のニンジンの収穫作業を行った。

夜の部では2008年に4×100メートル男子リレーで銀メダルを獲得した朝原氏をゲストに、トップアスリートの食についての考え、トレーナーについて、悩みがあるときの対処法など学生からの多岐にわたる質問にたいしてディスカッションを行った。学生は普段話すことのできないメダリストを前に緊張した面持ちで熱心に聞き入っていた。


3. 2月13日

午前中は速く走るためのトレーニング方法として朝原氏が開発した「NOBYメソッド」を体験した。通常のランニング教室にありがちな腕を振れ、足を上げろ等の指導ではなく、いかに身体をコントロールしてドリルができるか、いかにリズムよく身体を前に進めることができるかなどに重点をおいて指導されていた。朝原氏は「沖縄には1年中温暖な気候と砂浜、広いグラウンドが多く、走るトレーニングをするにはとても適している」と述べていた。

午後からは「おきなわワールド」内にある玉泉洞で未整備洞窟ケイビングを体験した。全長800m、凸凹の多い地面では身体の消費カロリーが高いうえに、筋肉への負荷も大きい。何より、洞窟を抜けるということを目標にしているため運動嫌いの人にもダイエットや健康増進に良い。

夜の部では、どのようにしたら人気のあるトレーナーやインストラクターになれるかを学んだ。基礎知識や技術は当たり前に習得した上で、クライアントに寄り添い、ニーズをいかに短時間でかなえることができるかが鍵となる。


4. 2月14日

早朝から某プロ野球球団の春季キャンプ見学が実現した。同チームのストレングスコーチの案内で室内練習場の中や球場の中まで案内され、間近で選手のウォーミングアップやキャッチボールを見ることができた。学生は「この思い出は一生忘れない。どんな想いで選手以外の方々が準備し、練習を支えているかに感動した」と述べ、選手の体つきや肩の強さに驚きの声を上げていた。

午後からは国際通りにて自由時間を楽しみ、その後自ら作り上げたウェルネスツーリズムの発表となった。これまでの研修で体験したことを基に様々なユニークなアイデアが発表された。それらを内閣府沖縄スポーツ産業クラスターの中村氏が評価し「アイデアの中には実際に沖縄で行えるようなツーリズムがたくさんあり、勉強になった」と述べた。

発表後にビーチでBBQを楽しんだ学生からは「時間がこんなに早く楽しく過ぎたのは初めてで、貴重な体験になった」「沖縄でひねり出したアイデアは地方創生にも使えるので、地元に帰ってからも同じようにウェルネスツーリズムで田舎を盛り上げたいと思う」など意欲的な意見が多かった。


5. 2月15日

早朝から学生からのリクエストによりビーチでヨガを行ったのち、青い海と白い砂浜を惜しむように各地への帰路についた。



■参加者または主催者のコメント

参加した生徒からは「沖縄の観光は海のイメージがあったが、ウェルネスツーリズムによって海に入れなくても多くの観光客を国内外から呼べることを実感できた」とあった。



■学校法人三幸学園国内研修in沖縄 開催概要

日時:2019年2月11日(月)~15日(金)

会場:サザンビーチホテル&リゾート沖縄、玉泉洞、宜野湾市立野球場

主催:株式会社CODE7、株式会社Original Nutrition、EWP株式会社、

   一般社団法人日本栄養コンシェルジュ協会

後援:内閣府沖縄総合事務局経済産業部 沖縄スポーツ・ヘルスケア産業クラスター



■会社概要

商号  : 株式会社CODE7

代表者 : 代表取締役 桑原匠司

所在地 : 〒541-0046 大阪府大阪市中央区平野町1-8-14 北浜TDSビルディング6F

設立  : 2011年5月

事業内容: フィットネス事業、資格関連事業、人体生理&スポーツ医学事業

URL   : http://www.Phipilatesjapan.com/ (PHIピラティスジャパン)

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。