若手社員の約60%は思い通りに休暇を取れていない?!20~3...

若手社員の約60%は思い通りに休暇を取れていない?! 20~30代372名を対象にした「休暇・転職」に関する調査結果発表

休暇を取得しにくい理由1位は「仕事が忙しい」

SNS時代の新しい転職プラットフォーム、referme(レファミー、代表:ジョ ヒジュン、所在地:東京都港区)が、「休暇・転職」について、全国の20~30代・男女372名を対象にアンケート調査を行いましたので、調査結果を発表いたします。


【調査背景】

この時期に長期休暇を取る方も少なくないかもしれません。仕事の成果を上げるためにも、「休暇」の存在は重要です。ところで、みなさんは自分の好きなタイミングで「休暇」を取れていますか?

今回、refermeでは働く20~30代を対象に「休暇・転職」に関するアンケートを行いました。


【調査概要】

集計期間:2018年7月11日(水)~7月31日(火)

調査方法:インターネット集計

調査対象:全国の20~30代の男女 372名


「休暇・転職」に関するアンケート01


今回の調査では、働く20~30代の約60%が「思い通りに休暇を取れていない」ことがわかりました。

「休暇を取得しづらい理由」では、「仕事が忙しく休暇を取得する時間がない」や「同僚に迷惑をかけるため」といった理由に多くの票が集まり、休暇が思い通りに取れない状況が伺えます。

また、その他の回答では「他の同僚との調整」や「保育園の予定」など、タイミングの調整に苦労しているという意見が目立ちました。


「休暇・転職」に関するアンケート02

https://www.atpress.ne.jp/releases/163696/img_163696_2.jpg


「働き方改革」と併せて「ワーク・ライフ・バランス」の重要性に注目が集まるようになりました。全体の約90%が転職先を決める際の基準として、「休暇の取りやすさ」を優先する傾向があることが今回の調査でわかりました。なかでも「休暇の取りやすさ」を「最優先」すると回答した方は全体の22.6%にものぼりました。また休暇を取りたい時期については「7月~9月」が47.9%、次いで「10月~12月」が34.1%と多く、反対に「4月~6月」は8.6%、「1月~3月」は9.4%と少ない結果になりました。


「休暇・転職」に関するアンケート03

https://www.atpress.ne.jp/releases/163696/img_163696_3.jpg


急に休暇が取りたくなった経験はありませんか?今回の調査では、いつか使ってみたい休暇理由として「車と心のエンジンがかかりません。」や「明日休めば明後日全力で頑張れます!」など、ユニークな回答が集まりました。大切なのは「休暇理由」そのものではなく休暇から戻ったあとに仕事の効率が上がっているかどうかです。休暇をとりたい時にとれる職場探しをレファミーがお手伝いします。


調査結果はこちらのURLからもご確認いただけます http://bit.ly/2Bfarf2



■SNS時代の新しい転職プラットフォーム、referme(レファミー)

refermeは良い仕事と隠れた人材をつなぐために最も効率的且つ日常的な方法で「仕事探し」「人材探し」という問題解決を目指しています。求職者には自分の能力を遺憾なく発揮できる仕事を推薦し、企業には必要なポジションにピッタリの人材を推薦します。ソーシャルネットワークとビッグデータに基づくHRソリューションのプラットフォームを提供しています。referme経由で応募、転職された方は、転職祝い金をもらえます。(最大で20万円)

さらに、友達にピッタリな求人情報をSNSでシェアして推薦者になることで、10万円の奨励金がもらえるチャンスもあります。友達のライフワーク探しにも利用できる転職サービスです。



■referme今後の展望

(1)採用手数料の引き下げ

日本の人材採用コストはグローバルに比較しても例がないほど高い(平均して年収の30-40%)です。

そんな中refermeでは、求人広告掲載は一切無料、採用手数料も年収の15%と低コストで採用できるコストソリューションを日本で提供しております。今後当社のサービスが定着することで、採用手数料をさらに引き下げていきたいと思っています。


(2)優秀な人材や転職潜在層へのアプローチ強化

日本での人材業界を見ていると自社サイトや既にお使いの人材サービス会社は「転職したい人(登録者)」ばかりをターゲットにしていますが、良い人材が常に求人案内を見ている訳ではありません。良い人材に出会うためにはSNSや属人的なネットワークに企業の求人広告を出し続ける必要があります。

こうした優秀な潜在層へのアプローチをすることが、現在の売り手市場の日本では、重要であると考えております。これらを実現するためには、SNSを活用し求人をシェアするなど、転職潜在層アプローチが不可欠と考えております。


(3)国内だけではなくボーダレスにアジアの人材を日本へ

日本企業は、国内のエンジニア不足により、新プロジェクトが進まないリスクに直面しています。その場合、即戦力の外国人採用が有効な手段となるでしょう。refermeは、韓国最大級のITエンジニアプールなどから、アジアでの即戦力になるクロスボーダー人材の紹介をすることで日本企業の人材採用のお役に立ちたいと思います。



■会社概要

会社名 :株式会社レファミー( https://www.referme.jobs/ )

設立  :2016年9月

代表者 :ジョ ヒジュン

主な事業:有料職業紹介事業

所在地 :〒107-0052 東京都港区六本木1丁目4番5号 アークヒルズサウスタワー16階

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「163696」を
担当にお伝えください。