株式会社スクーが『マイナビ転職』に入門・初級カリキュラムを提...

株式会社スクーが『マイナビ転職』に入門・初級カリキュラムを提供

新たなキャリアへの興味・関心を喚起

オンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎、以下スクー)は、株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川 信行)が運営する総合転職情報サイト『マイナビ転職』と共同で、転職希望者のスキルアップ支援に取り組むことを決定しました。
スクーが持つ、IT領域の入門・初級カリキュラムを提供することで、新たなキャリアへの興味・関心を喚起し、転職希望者の可能性がより一層拡がることを支援していきます。

トップページ
トップページ

■内容:
『マイナビ転職』の新規登録者に入門・初級者向けのカリキュラムを提供することで
新たなキャリアに対する興味・関心を喚起
スクーが運営している『schoo WEB-campus』内で公開している授業のうち、未経験者や初級者向けのカリキュラム(※1)を『マイナビ転職』の新規登録者に提供します。当面は新規登録者のみへの提供となりますが、今後は既存の会員の方への提供も推進してまいります。

カリキュラムURL:http://tenshoku.mynavi.jp/af/schoo/


■今後は、採用需要の高まっていく新しい職種に関するカリキュラムを提供することで、
『マイナビ転職』会員のキャリアの選択肢を広げていきます
さらに今後は、グロースハッカーやデータサイエンティスト等、企業の採用需要が高まっていく新しい職種につながるカリキュラムを提供する予定です。こうした取り組みを通じて、『マイナビ転職』会員にさらなるキャリアの選択肢が広がることを目指してまいります。


■今回の提携の背景
2015年3月に総務省が発表した「労働力調査」によると、2014年の転職者は約290万人と2010年のときよりも約4万人も増えており、4年連続で増加傾向にあることがわかりました。また、2014年11月に『マイナビ転職』が発表した「中途採用状況調査」では、およそ7割の企業が人材不足であると回答。転職市場はますます過熱していく一方といえます。
そういった中で、企業が求める人材は「専門的知識・能力がある」「経験を活かし即戦力になる」といったことが多く挙げられており(※2)、転職希望者はこれまでの経験に加え、各企業が求めるスキルを新たに身につける必要性も生じてきています。

スクーは、仕事に活きるスキルが身につくオンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」を通じて、多くの人の人生を変えられる機会を提供する企業として、引き続き邁進してまいります。

※1:提供するカリキュラムは以下の3点
<Webデザイナー入門>
対象者:Webページの仕組みなどに興味がある方
概要:Webデザイナーに必要なHTLMやCSSの基礎と、Webページを制作に関する全行程を学べます。
<Webプログラマー入門>
対象者:動的なWebページの制作に興味がある方
概要:Webプログラマーに必要なHTMLやCSS、JavaScriptの基本構文を習得し、
   簡単な成果物を制作するところまで学べます。
<Webマーケター入門>
対象者:Webサイトの運営に興味がある方
概要:Webマーケターとしての考え方、基本用語、マーケティング手法やアクセス解析、
   サイトの改善方法を学べます。

※2:平成19年8月発表・厚生労働省「平成18年転職者実態調査結果」より



■ 「schoo WEB-campus」とは? http://schoo.jp/
株式会社スクーが2012年から運営している、IT系を中心に「仕事に活きるスキル」をテーマに提供している動画学習サービスです。約17万人(2015年8月末時点)の会員に向けて、プログラミングやWebデザインなど、IT領域を中心に授業を公開。オンラインでの生放送に特化し、これまでに2,000本以上の授業を無料で公開してきました。録画を“見るだけ”の e-ラーニングと違い、年齢・住まい・職業等、異なる背景や価値観を持っている人達がお互いにコミュニケーションを取ったり、その場で先生に質問したりできることが大きな特徴です。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「76225」を
担当にお伝えください。