学べる生放送コミュニケーションサービスの『Schoo(スクー...|

学べる生放送コミュニケーションサービスの 『Schoo(スクー)』が 法人向けの学習動画制作事業を本格始動

-学習動画のプロフェッショナルが、 企業研修の設計からコンテンツの制作まで一貫して支援-

 学べる生放送コミュニケーションサービス『Schoo』を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎、以下スクー)は、企業研修の設計から学習動画コンテンツの制作まで一貫して支援する法人向けの学習動画制作サービス『エンタープライズ』をリリースいたします。

■スクーの制作ノウハウを組織内の学習コンテンツ開発に提供

 スクーでは、これまでに30万人を超えるユーザー様、約500社の法人様に向けてオンライン動画学習を用いた学習体験を提供してまいりました。弊社では2011年の創業以来、オンライン動画学習の領域において、生放送を用いた「オンラインならでは」のコンテンツ提供を構築してまいりました。自社スタジオによる放送や、学習データを用いた学習者動態の把握、及び学習者の人材要件の設定を行っております。

 学習動画制作サービス『エンタープライズ』では、これらの豊富なノウハウを元に法人内・組織内の課題解決に向けてご支援いたします。

■学習動画制作サービス提供の背景

 近年の働き方改革においては、生産性の向上に向けて個々の役割に合わせた研修設計が広く求められています。また、総務省が行なったインターネット動画視聴の実態調査では、動画サービスの利用率は20代で88.5%(※1)、10代は動画投稿・共有サービスを1日に55分利用していることからも(※2)、組織内の学習や学習サービスにおいて、動画の活用が今後も更に普及していくものと考えられます。

 上記を背景として、法人企業向けに既存の動画と管理機能を提供する定額制のサービス『ビジネスプラン』に加えて、個社ごとの人材要件の設定から戦略に基づいた動画制作のニーズに応えるサービス『エンタープライズ』の提供に至りました。

 

(※1)『情報白書平成28年』スマートフォンの普及とICTの活用「ネット動画視聴の広がり」(総務省  平成28年)

    (※2)『情報白書平成29年』先進ユーザー「ミレニアル世代」の利用動向(総務省  平成29年) 

■動画制作サービスご提供の流れ

※ご提供サービス詳細とご相談につきましては以下フォームよりお問い合わせください。

https://schoo.jp/biz/enterprise

■Schoo(https://schoo.jp/)について  

 株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス。「未来にむけて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトにした最先端分野の生放送授業を中心に、プログラミング/WebデザインやITスキル・マーケティング・ビジネススキルなどの「明日の仕事に生きる」動画教材を約3,000時間提供しています。録画授業見放題の「プレミアムプラン(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)といった有料プランを提供。現在の会員数は約30万人(2018年1月末時点)。  

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「149959」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事