学べる生放送コミュニケーションサービスの『Schoo(スクー...|

学べる生放送コミュニケーションサービスの 『Schoo(スクー)』が毎週水曜日22時から 視聴者参加型ニュース討論番組のレギュラー放送を実施

-落語家の柳亭 小痴楽さんを司会に迎え、 “いま、何が世の中で起こっているか”を討論形式で放送-

 学べる生放送コミュニケーションサービス『Schoo』を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎、以下スクー)は、ユーザーがチャットを通して旬な話題の討論に参加できるニュース番組『激論ザムライ -水曜22時はスクーでニュース-』のレギュラー放送を決定いたしました。

■ “いま、世の中で何が起こっているのか”をユーザー同士でじっくり考える60分

 私達は変化の激しい時代に生きています。世の中で起こっていることに対して、何を考え、どう行動する必要があるのか、日々、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 そんな時代にも関わらず、テレビや新聞が提供するニュースは送り手の意見が過度に反映されていて、ノイズが多すぎて、受け手が世の中の本質を把握しにくくなっています。この激動の時代を生き抜いていくには、世の中で起きていることに対して、受け身で接するだけではなく、能動的にその本質を考えていくことが大切。そのため、意見を押し付けられるだけではなく、視聴者が自分の考えを持てるようになるニュース番組がいまの時代には必要であると考え、このニュース番組が企画されました。

 

 この授業は毎週水曜日の22時から定期開講され、受講者が討論しながら旬の話題について考えていくことで、世の中の本質を見極め、主観だけでは無く客観的に世の中と向かい合っていけるような授業を目指します。授業を通じてオンライン上のチャットから自分の意見を伝え、他者の考えに触れ、受け止めて世の中への理解をいままで以上に深めていける、そんな体験をぜひ受講者の方にはしていただきたいと考えております。  

■オンライン討論型ニュース番組概要について

・授業タイトル :『激論ザムライ -水曜22時はスクーでニュース-』

・授業詳細ページ:https://schoo.jp/class/4812

・司会者    :柳亭 小痴楽さん(詳細プロフィールは2ページ参照)

・初回放送日  :2018年2月21日(水)22時〜(※その後は毎週水曜日、22時からレギュラー放送)

■司会者プロフィール

柳亭 小痴楽さん

落語家  

公益社団法人 落語芸術協会所属 二つ目

オスカープロモーション所属

 

・生年月日:1988年12月13日

・趣味  :大の読書好き・心霊スポット巡り・バスケットボール・サッカー・洋服

・略歴

1988年    12月 : 五代目柳亭 痴楽の次男として生まれる。

2005年    10月 : 二代目桂 平治(現:桂 文治)へ入門「桂 ち太郎」で初高座。

2008年      6月 : 父(痴楽)の門下に移り「柳亭 ち太郎」と改める。

2009年    9月 : 父(痴楽)の没後の、柳亭 楽輔(父(痴楽)の弟弟子)門下へ

同年         11月 : 二ツ目昇進を期に「三代目柳亭  小痴楽」を襲名

2011年      2月 :「第22回 北とぴあ若手落語家競演会」奨励賞を受賞。

2015年    10月 :「平成27年度 NHK新人落語大賞」ファイナリスト

2016年    10月 :「平成28年度 NHK新人落語大賞」ファイナリスト


■Schoo(https://schoo.jp/)について 

 株式会社スクーが2012年から運営している、学べる生放送コミュニケーションサービス。「未来にむけて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトにした最先端分野の生放送授業を中心に、プログラミング/WebデザインやITスキル・マーケティング・ビジネススキルなどの「明日の仕事に生きる」動画教材を約3,000時間提供しています。録画授業見放題の「プレミアムプラン(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)といった有料プランを提供。現在の会員数は約30万人(2018年1月末時点)。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「149115」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事