グローバルに活躍する保護者が注目!東京・中野の“小さな学校”...

グローバルに活躍する保護者が注目!東京・中野の“小さな学校” 東京コミュニティスクールに英語で学ぶ「プレ初等部」が2016年4月開設

~大人もハマる“探究する学び”を幼児期から - 体験・説明会を実施中~

 特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール(所在地:東京都中野区、理事長:久保 一之、以下 TCS)は、これまでの初等部に加え、年中・年長児を対象にしたプレ初等部を同校舎内に2016年4月に開設いたします。開設に向けて、説明会・体験イベント等を開催しております。
 これまでTCSが小学生を対象に日本語で実施してきた「探究プログラム」を基に、英語に自然なかたちで触れる学びを提供します。

東京コミュニティスクール<プレ初等部> イメージ1
東京コミュニティスクール<プレ初等部> イメージ1

【URL】 http://tokyocs.org/pre/


■「NPO法人 東京コミュニティスクール」とは
 東京コミュニティスクールは、創立から10年以上にわたり、小学生を対象とした全日制オルタナティブスクールの運営を中心に活動してきました。
 「変化し続ける次世代を担う子どもたちに求められる力は『どれだけ知識を獲得したか』ということよりも、『いかに知識を活用したか』である」という思いから、学習者が主体的に「学び続ける力」を育むことを目的とした教育を実施しております。

 昨今注目を集める国際バカロレア(IB)のカリキュラムを参考にしながら、正解のない問いに取り組み、自分と他者・社会・自然・のつながりを実感する原体験を通じて、生きていく上での大事な概念を学ぶ「探究プログラム」を研究開発。実験的な学校として、従来の教育の代替案となるよう普及啓発活動にも力を入れています。
 TCSが開催するワークショップやスクール公開には、インターナショナルスクール・公立学校・私立学校の教員のみならず、グローバルに活躍するビジネスパーソンからも多くの問合せがあり、見学者からは「自分もここに通いたかった」「子どもが自発的に学ぶ姿に驚いた」などの声が寄せられています。

 2004年8月開校、2006年7月認定NPO法人格取得、2010年国税庁より認定NPO法人の認定、2014年8月には開校10周年を機に中野区へ移転、2015年4月新たに東京都より認定NPO法人の認定を受けました。現在、小学1~6年生28名の児童が通学しています。


■「東京コミュニティスクール<プレ初等部>」開校の背景
 TCSに通う子どもたちは必ずしも早期幼児教育を受けて育ってきたわけではありません。しかし、「探究プログラム」によって、ことばの意味について深く考える・課題についてディスカッションを重ねる・アウトプットにこだわって制作する・聴衆の前でプレゼンテーションする経験を繰り返すことで、自然と6年間で高い日本語能力を獲得していきます。
 グローバル時代の到来に対応するため英語の必要性が高まる昨今、TCSでは、「探究する学び」が英語力の向上にも有効であると考えます。
 これまでも、オリジナルの英語教育プログラムを実施し、臆することなく英語でコミュニケーションする力を育んできました。しかし、日本語で実施している高いレベルの探究を英語で行うほどまでには至っておりません。二カ国語を使いこなして広く深い探究を実現するには、6年間のカリキュラムでは難しいため、初等部に入学する前の2年間で英語を使って探究するための基礎力を養成することといたしました。


■「東京コミュニティスクール<プレ初等部>」の特長
<英語で行う「探究プログラム」>
 TCS初等部の教育と一貫する「探究する学び」を英語で行います。子どもたちの「なんだろう?」「おもしろい!」を大事にしながら、正解のない問いに立ち向かい、解決しようとする姿勢・体力・スキルを育みます。2年間で12ユニット(1ユニット約6週間)の重要な概念を学んでいきます。ユニット毎にプレゼンテーションをするため、プレゼンテーションのスキルも磨かれます。
 
<カラダを思いきり動かすアクティビティ>
 五感を働かせること、カラダを動かすことが幼児期には大切です。アート・ダンス・ドラマ・クッキングなどの活動を、英語を通して行います。

<英語でプレゼンテーションする力を育む>
 プレ初等部の2年間の学びによって、学びの内容について英語でプレゼンテーションできる力を育みます。入学者には幼児の英語学習経験は問いません。

<少人数の学び>
 少人数で学ぶ環境の中で、じっくり探究心を育みます。

<TCS・海外で指導経験のあるスタッフが担当>
 TCS・オーストラリアで指導経験を積んだネイティブの専任スタッフが校長を務めます。

<「学び続ける力」を育むカリキュラム>
 TCS初等部同様に「学び続ける力」を育む教育を実践します。そのカリキュラムデザインの基本ポリシーは、「TCSの学び=コミュニケーション+クリエイティブ+原体験」です。子ども同士が協働する場だからこそコミュニケーションが生まれ、同時に創造が生まれます。「探究する学び」では必ずアウトプットが求められますが、何かを創り上げるためには知識だけではなく、原体験が必要です。協働し、創造する過程で、子どもの中にある原体験の何かと繋がり合うことで、さらなる創造へと引き上げてくれます。


■「東京コミュニティスクール<プレ初等部>」について
<概要>
正式名称: 東京コミュニティスクール<プレ初等部>
開校  : 2016年4月
対象年齢: 年中・年長児
授業日 : 月~金曜日 8時30分~14時(延長保育:14時30分~16時30分)
校長  : ローレンス・ソヒ
詳細URL : http://tokyocs.org/pre/

<イベント>
サマースクール:7月27日(月)~31日(金) 10時~15時
入学説明会  :8月29日(土)、9月23日(水・祝)、10月4日(日)、
        11月8日(日)、12月6日(日)13時~15時
場所     :東京コミュニティスクール
問合せ・申込み:電話またはメールにて


■「NPO法人 東京コミュニティスクール」の概要
正式名称   : 特定非営利活動法人 東京コミュニティスクール
所在地    : 〒164-0001 東京都中野区中野1-62-10
         (JR・メトロ中野駅より徒歩9分)
URL      : http://tokyocs.org/
創立者/理事長: 久保 一之
初等部校長  : 市川 力
沿革     : 2004年8月開校、2006年7月認定NPO法人格取得、
         2010年国税庁より認定NPO法人の認定、
         2014年8月中野区へ移転、
         2015年4月新たに東京都より認定NPO法人の認定
事業内容   : 子どもを対象としたスクール運営事業、
         教育プログラムの研究開発事業、教育人材育成事業、
         大人を対象とした学びの機会提供事業、普及啓発事業、他
姉妹校    : フィツロイ・コミュニティスクール
         (オーストラリア、メルボルン)
提携校    : ラーンネット・グローバルスクール(兵庫県神戸市)


【本サービスに関するお客様からのお問い合わせ先】
東京コミュニティスクール<プレ初等部>
Tel  : 03-5989-1869
E-Mail: preschool@tokyocs.org

カテゴリ:
店舗
ジャンル:
教育 子育て・保育

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。