家庭学習の秘訣は集中力!?「集中力がない」51.8%・・・成...

家庭学習の秘訣は集中力!? 「集中力がない」51.8%・・・成績が伸び悩む理由は集中力にあり!? ~小中学生のお子様を持つ600名に聞いた「家庭学習」に関する調査~

学校教育だけでは「勉強が物足りない」78.2%  しかし「教え方・伝え方がわからない」、「つい怒ってしまう」と親は苦労

「子供たちの笑顔が未来を創る」をモットーに、関西圏トップ級の18,358人の講師を大阪・兵庫・京都エリアに家庭教師として派遣する教育事業を展開する家庭教師のぽぷら(運営:有限会社ぽぷら、所在地:兵庫県神戸市中央区、代表:小村康宣)は、2014年6月6日(金)~2014年6月9日(月)の4日間、全国の20歳~59歳の小中学生のお子様を持つ600名(小学生のお子様を持つ300名・中学生のお子様を持つ300名)を対象に「家庭学習」に関するインターネット調査を実施しました。

Q7
Q7

【家庭教師のぽぷらURL】 http://www.popura-k.com/


<トピックス>
◆家庭での平均勉強時間は「30分~1時間未満」勉強してほしい時間は「1時間~2時間未満」
◆学校教育だけでは「勉強が物足りない」と感じている親78.2%!
とくに中学生のお子様をお持ちの親は計84.4%の方が物足りないと感じている結果に
◆「教え方・伝え方がわからない」、「つい怒ってしまう」、「教える・伝える時間がない」に苦労
中学生となると、「子どもがやっている勉強の内容がわからない」22.0%と親の悩みも変化
◆子どもに勉強を教えるのは両親以外(第三者)の方が良い?
85.9%が「そう思う」と回答
◆「集中力がない」・・・成績が伸び悩む理由は集中力にあり!?
悩み第1位は「集中力がない」51.8%「やる気がない」42.5%と回答
◆勉強の成績を伸ばすためには「褒める」54.7%が回答
比較をすると中学生の親は「学校以外で勉強させる」40.7%、
小学生の親は、「15分ほどの短時間だけ勉強する」と回答した方が24.3%と変化
◆理想の父親「三浦友和」さん、理想の母親「松嶋菜々子」さんが第1位に!


<調査概要>
1.調査方法:インターネット調査
2.調査対象:小中学生のお子様を持つ男女・20歳~59歳
3.総回収数:600サンプル(小学生の親:300名/中学生の親:300名)
4.実施期間:2014年6月6日(金)~2014年6月9日(月)


<各調査結果>
Q1.あなたご自身のお子様について伺います。お子様と「勉強の必要性」について話し合ったことがありますか。(単数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q1_2.jpg

お子様と「勉強の必要性」について話し合ったことがあるかをお聞きしたところ、全体では79.5%の方が話し合いをしたことがあるという結果となりました。お子様が小学生のご家庭では73.0%、お子様が中学生のご家庭では86.0%の方が話し合いをしている結果となっており、その差は13.0ポイントと差が出ました。中学生となると、高校受験も控えており、話し合いをする機会も増えるのでしょうか。


Q2.お子様は1日どのくらいの時間、家で勉強をしていますか。(単数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q2_3.jpg

お子様がご家庭で1日どのくらい勉強しているかをお聞きしたところ、全体で最も多かった回答は「30分~1時間未満」で36.2%という結果となりました。小学生のお子様も「30分~1時間未満」が最も多く41.7%となっていますが、中学生のお子様は「1時間~2時間未満」が最も多く31.7%となり、中学生となると家庭学習時間も増加することが判明しました。


Q3.お子様に1日どのくらいの時間、家で勉強をして欲しいと思いますか。(単数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q3_4.jpg

では、親はどのくらい勉強してほしいと思っているのでしょうか。お子様に家でどれくらいの時間勉強してほしいと思っているかをお聞きしたところ、全体で最も多かった回答は「1時間~2時間未満」で37.0%となりました。実際の家庭学習時間は「30分~1時間未満」(36.2%)でしたが、親はもう少し長く勉強してほしいと考えているようです。


Q4.お子様に対して、学校教育だけでは「勉強が物足りない」と思いますか。(単数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q4_5.jpg

お子様に対し、学校教育だけでは「勉強が足りない」と思うかをお聞きしたところ、全体では「思う」34.0%、「まあまあ思う」44.2%と合計78.2%の方が学校教育だけでは「勉強が物足りない」と思っているようです。とくに中学生のお子様をお持ちの親は計84.4%の方が物足りないと感じており、学校教育だけでは物足りないと感じている実情が如実に現れる結果となりました。


Q5.お子様の家庭学習のことで苦労されることを教えてください。(複数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q5_6.jpg

家庭学習で苦労することをお聞きしたところ、第1位「教え方・伝え方がわからない」38.5%、第2位「つい怒ってしまう」31.5%、第3位「教える・伝える時間がない」30.3%という結果となりました。
お子様が中学生となると、「子どもがやっている勉強の内容がわからない」と感じる親が多く、22.0%となり、小学生の親の悩みと比較すると最もポイント差が生まれる結果となっています。お子様が中学生になると、家庭で親が勉強を教えるということも難しくなるのかもしれません。


Q6.子どもに勉強を教えるのは両親以外(第三者)の方が良いと思いますか。(単数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q6_7.jpg

子どもに勉強を教えるのは両親以外(第三者)の方が良いと思うかお聞きしたところ、「思う」35.7%、「まあまあ思う」50.2%、合計85.9%の方が両親以外の第三者が勉強を教えた方が良いと回答しました。Q5.お子様の家庭学習のことで苦労したことでも多くの苦労が挙げられ、その苦労が原因なのでしょうか。


Q7.「子どもの勉強の成績が伸び悩む理由」は何だと思いますか。あなたのお気持ちに近いものをお答えください。(複数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q7_8.jpg

子どもの勉強の成績が伸び悩む理由をお聞きしたところ、最も多かった回答は「集中力がない」で、51.8%と約半数の方が成績の伸び悩む理由として挙げました。お子様の集中力が持続する短時間での勉強が効果的なのかもしれません。次いで「やる気がない」42.5%という結果になっています。
中学生の親は「集中力がない」、「やる気がない」、」「要領が悪い」、「勉強方法がわからない」という4つの項目で4割を超える結果となりました。中学生となると様々な理由から成績が伸び悩んでいるのではないかと考える親が多いようです。


Q8.勉強の成績を伸ばすために子供にとって、必要だと思うことを教えてください。(複数回答)【n=600】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q8_9.jpg

勉強の成績を伸ばすために必要だと思うことをお聞きしたところ、最も多かった回答は「褒める」で54.7%と約半数の方が回答しました。また、中学生の親は、小学生の親と比較をすると「学校以外で勉強させる」(40.7%)が13.7ポイントの差をつけ、多く回答されました。小学生の親は中学生の親と比較し、「15分ほどの短時間だけ勉強する」と回答した方が多く24.3%と14.0ポイントの差をつけています。中学生に比べて、まだまだ集中力の高くない小学生には短時間学習が有効的な手段なのかもしれません。


Q9.あなたが思う理想の父親・母親を教えてください。(加重平均)【n=600】
【父親】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q9-1_10.jpg

【母親】
http://www.atpress.ne.jp/releases_entry/48288/q9-2_11.jpg

※1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとした加重平均

理想の父親を1位から3位までお聞きし、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとした加重平均を算出したところ、理想の父親として最も多かった回答は「三浦友和」さん46.7%となりました。次いで「山口智充」さん36.7%、「松岡修造」さん30.6%となっています。熱くもやさしい父親が理想という方が多いのでしょうか。また、理想の母親としては「松嶋菜々子」さんが50.1%で1位という結果となりました。


<家庭教師のぽぷらとは?>
家庭教師のぽぷらは、兵庫・大阪・京都を活動拠点に小学生、中学生、高校生を対象に指導をしている家庭教師グループです。

『わかった!解けたよ!』
『毎週先生が来てくれるのが楽しみ!』
最初は勉強が大嫌いだったお子様や、勉強に自信のなかった子供たちが言ってくれる、このような言葉が、私たちの原動力です。
今年で設立18周年。数人で始めた小さな会社でしたが、今では生徒さんからの信頼を得て口コミで評判も広がり沢山のご紹介をいただける程に成長しました。
2014年5月現在、大阪府、兵庫県、京都府を中心に、総勢5,200名以上の生徒さんを指導しています。
家庭教師のぽぷらはこれからも、家庭教師、スタッフ、会社がひとつになって子供たちを応援し続け、教育事業を通して小中高生の学力向上に尽力し、未来にはばたく子供たちの希望と笑顔を育てることに全力で取り組んでいきます。


<有限会社ぽぷら 会社概要>
社名 : 有限会社ぽぷら
代表 : 小村康宣
所在地: 〒651-0094 兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-7-20-6F
URL  : http://www.popura-k.com/


<一般の方からのお問い合わせ先>
家庭教師のぽぷら
TEL   : 0120-307-579
受付時間: 14:00~22:00 土日祝日OK
URL   : http://www.popura-k.com/

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報