ディスラプト(破壊)される業界勤務者に告ぐ ビジネス・ブレー...

ディスラプト(破壊)される業界勤務者に告ぐ ビジネス・ブレークスルー、超実践的・短期集中型3ヶ月間の『リカレントスタートプログラム』を新設!!

あらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)は、より多くの方にリカレント教育を体感いただく目的で2019年7月1日(木)より3ヶ月間の超実践的・短期集中型『リカレントスタートプログラム』を新設します。

                                        

リカレントスタートプログラム ホームページ

 https://www.bbt757.com/recurrent/

 




・先進国の中で日本の社会人の「学び直し」は超低水準

人生100年時代ともいわれ、デジタル・ディスラプションが加速する中、BBTでは、日本政府も推奨するリカレント教育の提供を基本方針としています。デジタル・ディスラプションとは、デジタルテクノロジーによる既存の産業構造そのものの破壊的変革を示します。リカレント教育とは、社会人の間で関心が高まっている「学び直し」のことで、生涯に渡り教育と就労を交互におこなうことを勧める教育システムです。当社では、誰にも頼れない時代における“稼ぐ力の育成”と定義しています。

IoTやAIなどの進化により急激に環境が変化する「答えのない時代」に、ビジネスパーソンが付加価値を発揮し続けるためには、こうした教育を通じ新たなスキルの獲得やアップデートが必要不可欠となっています。

一方で、例えば25歳以上の学士課程への入学者割合は、OECD諸国平均の16.6%に対して、日本は2.5%台とかなり低水準にあります。30歳以上の修士課程入学者についても同様に、OECD諸国平均は26.3%ですが、日本は12.9%に留まっています。文部科学省「高等教育の将来構想に関する参考資料」より抜粋。

 

・エントリー価格でリカレント教育の門戸を開放

こうした背景を危惧し、BBTは、一人でも多くの方にリカレント教育の門戸を広げ、人生を変えるきっかけにしてほしいという思いから、『リカレントスタートプログラム』を新規開講する運びとなりました。エントリーが容易になるよう、先着200名は52,000円(税抜)に設定。6月1日(土)より先行受付を開始し、学びの一歩をサポートします。なお、『リカレントスタートプログラム』のキックオフの際には、大前研一代表による開講記念講演も予定しています。

 

・『リカレントスタートプログラム』にあたり、BBT代表取締役会長 大前研一からのコメント

【撮影/太田真三(小学館)】

 「『リカレントスタートプログラム』を新規開講できることを嬉しく思います。先日、日本を代表する自動車メーカーの社長が「終身雇用の継続はもう難しい」との認識を示しましたが、終身雇用を未だに信じている人がいること自体が信じられません。2045年には”シンギュラリティ” (人工知能が発達し、人間の知性の総和を超えること)が到来し、同じことをしていては人間がコンピューターに負ける時代がやってくるといわれています。

それにもかかわらず、日本ではいまだに答えを覚えさせる教育が行われているのが現状です。そのため、当社では、AIやロボットによって多くの仕事が消失するデジタル・ディスラプションの変革に備え、「答えのない時代」における考える力を養うための超実践的なプログラムを提供しています。


リカレント教育の意義については様々な捉え方がありますが、政府が提唱しているリカレント教育施策は、定年退職後の再就職や失業対策が主眼となっています。しかしBBTが提言している「リカレント教育」の意義は「劇的な経済の変化に対応し、時代に淘汰されない力をつけるための、生涯を通じた継続的な学び」であり企業にとっては重要な「人材戦略」、個人にとっては重要な「人生戦略」と考えています。是非この機会に前に踏み出し、時代に淘汰されない“稼ぐ力”を一緒に身につけましょう。」


 

 

◎『リカレントスタートプログラム』概要


・超実践的・短期集中型、大前研一推奨の経営者講義によるプログラム

500人以上の経営者による講義が特徴の超実践型の講義を体験し、将来のビジョンやキャリアを見直す機会を提供する、ノウハウが凝縮された3ヶ月短期集中型のリカレントプログラムを新設しました。開講日は各月初日、受講期間は3ヶ月、申込締切は前月の20日で、オンライン受講を中心にリアルワークショップへも任意で参加可能です。

 

・BBTならではの最適化された個別プログラム

事前カルテ・個別面談を通じて、受講生個々人に最適化された映像講座の学びを提供。また、BBT大学大学院で活用している独自のケーススタディRTOCS(Real Time Online  Case Study※1)の実践を通じて「答えのない時代」における考える力を養います。仲間と学びを共有し、3ヶ月を走り切るためのサポートも提供します。


※1 まだ答えが出ていない現在進行形の企業課題に対して解決策を考えるBBT独自のケースメソッド。



※2AirSearchはBBTが設立以来送り出してきた5,000時間超の経営コンテンツの検索・視聴ができるライブラリサービス。


 

・本プログラムの3つの価値

(1)「答えのない時代」に必要な土台となる問題解決力の習得    

BBT大学大学院オンラインMBAでも活用している「RTOCS」というケース演習を体験。「もしあなたがXX企業の社長なら」という答えの出ていない現在進行形の企業課題をテーマに「自ら情報収集、分析、解決策の立案」をおこなうことで「自らの頭で考える」問題解決アプローチ方法を体得します。

 

(2)個々人に適したカリキュラムによる課題・目標に応じた学びの習得    

「起業したい」、「転職しても活用できるスキルを身に付けたい」など、あなたの目標に応じたカリキュラムを5,000時間を超える映像講座から提供します。そもそも何から手をつければ良いかわからない場合でも、個別面談を通じてキュレーターがいま見るべき映像講座を提供します。

 

(3)500人以上の経営者による珠玉の講義をいつでもどこでも受講可能    

人生を変えるきっかけは、たった一つの出会いから始まります。大前研一ほか多様な業界で活躍する経営者の話を聴いて、人生を変える事業アイデアやチャンスをみつけましょう。特許取得のオンライン学習システム「AirCampus (R)」により、時間・場所の制約を受けず、個々人の生活スタイルに合わせた学習が可能です。

 

BBTでは、今後もリカレント教育の先駆的企業として、学生の能力を引き出し、世界へ羽ばたくことを支援するサービスを提供予定です。株式会社ビジネス・ブレークスルーの最新情報につきましては、当社 ホームページをご参照ください。https://www.bbt757.com/


株式会社ビジネス・ブレークスルー(BBT)について

グローバル環境で活躍できる人材の育成を目的として1998年に世界的経営コンサルタント大前研一により設立された教育会社。設立当初から革新的な遠隔教育システムによる双方向性を確保した質の高い教育の提供を目指し、多様な配信メディアを通じてマネジメント教育プログラムを提供。大学、大学院、起業家養成プログラム、ビジネス英語や経営者のための勉強会等多様な教育プログラムを運営するほか、法人研修の提供やTV番組の制作などあらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する。2013年10月のアオバジャパン・インターナショナルスクールへの経営参加を契機に、生涯の学習をサポートするプラットフォーム構築をグループ戦略の柱の1つとして明確に位置づけている。在籍会員数約1万人、輩出人数はのべ約5万人以上。http://www.bbt757.com/

         

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
サービス
ジャンル:
教育 ビジネス全般
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「185223」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報