史上最長の10連休GW!GWの旅行先人気スポット沖縄・台湾に...

史上最長の10連休GW!GWの旅行先人気スポット沖縄・台湾に関する Twitter・Instagram投稿調査

 市場調査分析のアットクリッピング( https://www.atclipping.jp/ )は、提供するTwitter投稿(ツイート)とInstagram投稿(ハッシュタグ)を調査・分析するサービスを利用し、2018年GWの旅行先の国内・海外それぞれ一番人気だった沖縄と台湾(※)について、人気スポットの投稿数調査を行いましたので報告します。
※参照元:https://www.jata-net.or.jp/data/trend/ranking/pdf/180404_rank.pdf

調査方法

・調査期間:Twitter   2018年4月28日(土)〜2018年5月6日(日)
      Instagram  2018年4月1日(日) ~ 2019年3月31日(日)
・調査媒体:Twitter、Instagram
・調査対象:沖縄と台湾の人気観光地に関連したハッシュタグやツイート
      沖縄(ツイート:3,400件、ハッシュタグ:11,481件)
      台湾(ツイート:1,507件、ハッシュタグ: 5,127件)
・調査方法:アットクリッピングのTwitter、Instagram投稿調査サービスを利用

1.2018年GWの沖縄人気スポットツイート数ランキング

1位:国際通り(1,364件)
   https://naha-kokusaidori.okinawa/
2位:美ら海水族館(896件)
   https://churaumi.okinawa/
3位:真栄田岬・青の洞窟(526件)
   http://www.maedamisaki.jp/kaikyou.html
4位:ウミカジテラス(320件)
   https://www.instagram.com/umikajiterrace/
5位:伊計島(294件)
   http://www.nihon-kankou.or.jp/detail/47322ab2050133566
 昨年のGWツイート数ランキング1位は国際通りの1,364件。1桁違いで断トツの投稿数でした。那覇市のメインストリートで、お土産店や沖縄料理店、デパートなど、食べ歩き、買い物スポットとして人気です。「夜は国際通り付近の絶品激混み居酒屋『うりずん』へ。雪塩アイスも食べました」「かわいいの増えたー国際通りはすぐ買いたくなっちゃう」「今日は国際通りぶらぶら〜〜 シーサーが可愛すぎた ご飯でゆっくりしすぎて思ったより時間少なかったけどでも、買えたし楽しかった」など、ツイートにも食事や買い物を楽しむツイートが多く見受けられました。
 第2位は美ら海水族館の896件。美ら海水族館は、日本で初めてジンベエザメの飼育に成功した水族館として有名で、世界最長飼育記録を更新中でありその記録は今年で満24年を迎えるそうです。日本ではジンベエザメを見られる水族館は少なく、美ら海水族館の人気の理由となっています。ツイートにも「美ら海水族館のジンベエザメ凄かった!」などジンベエザメを含むツイートが50件もあり、注目度が高いことがわかります。
 第3位は沖縄本島の恩納村真栄田岬にある「青の洞窟」526件。シュノーケリングやダイビングをしたという投稿が多く見られ、マリンスポーツができる人気のスポットです。「青の洞窟めちゃめちゃ青かったーーーーー!!!!!!!」「青の洞窟やべぇ……ほんと綺麗だった。」「青の洞窟綺麗すぎた 映画の世界やったな〜」など、海の綺麗さに感動する投稿が多く、眺めているだけで訪れてみたくなる内容が多くありました。
 また離島が人気の沖縄ですがその中でも、今、最もつぶやかれている注目の離島は「伊計島」だということがわかりました。伊計島は沖縄本島と橋で繋がっており、車で移動できる利便性に加え、最近では古民家を撮影スタジオとして貸し出したり、移住のためのお試しプランがあったりと、古民家暮らしを体験できる企画があるようです。伊計島を含むツイートには「古民家」という単語がセットで使われているものが多く、古民家が注目を集めていることがわかります。沖縄には離島が多くありますが、自分が何を体験したいのか、その体験がどこでできるのかに焦点を当てて、行き先を決めてみると満足度の高い旅行を実現できるかもしれません。

2.2018年沖縄Instagram投稿数ランキング

1位:MAGENTA n blue(3,035件)
   https://www.instagram.com/magentanblue/
2位:CAVE CAFÉ(2,246件)
   http://www.gangala.com/cave-cafe/
3位:美々ビーチいとまん(1,738件)
   http://bibibeachitoman.com/
4位:田中果実店(750件)
   https://www.facebook.com/田中果実店-654000631345517/
5位:Smoothie BOO(746件)
   https://www.instagram.com/boo.smoothie/
 話題のインスタ映えスポットについて、2018年4月から今年の3月までの1年間のInstagramの投稿数を調査しました。

 1位はMAGENTA n blueの3,035件。Instagramの投稿内容を見てみると「屋上に向かう階段があたし的にイチオシ映えスポット」「インスタ映えと美味しいものを食べることだけを考えた沖縄旅行 めちゃめちゃ可愛くてめちゃめちゃ美味しくてめちゃめちゃ楽しい旅でした」など沖縄旅行の総括として投稿されているものも多く見られました。
 第2位はCAVE CAFÉの2,246件。こちらは自然の鍾乳洞をそのまま活用したカフェで、その立地が話題を呼び人気となっているカフェです。投稿内容を見てみると「旅の最後は 洞窟の中のカフェと 隠れ家すぎる場所にある 森の中の素敵なイタリアンのお店」や、「太古時代に思わずタイムスリップしてしまったぁ~? 鍾乳洞の入口にあるカフェも癒しの空間」など、独特なカフェのコンセプトを楽しむ投稿が多く見受けられました。
 第3位は美々ビーチいとまんの1,738件。「地元民に聞いた綺麗な海」「綺麗な海といっしょに、 #インスタ映え するウォールアートが有名なビーチ」など、海の綺麗さが人気のビーチであることがわかります。

3.#台湾女子旅 で調査!人気スポットツイート数とInstagram投稿数比較

#台湾女子旅 人気スポットツイート数とInstagram投稿数比較
#台湾女子旅 人気スポットツイート数とInstagram投稿数比較
 台湾旅行については、ハッシュタグ【#台湾女子旅】の投稿内における人気スポットを調査しました。
 ツイート数、Instagram投稿数ともに第1位となったのは、日本人の旅行者に圧倒的な人気を誇る九份。2001年に公開された映画「千と千尋の神隠し」のモデルになったと噂されている湯婆婆の湯屋を彷彿させる話題のスポットです。映画公開から18年以上が経過するも、依然として人気のスポットであることがうかがえます。
 Instagram投稿数第2位は士林夜市。台湾には有名な夜市がいくつかある中でも、士林夜市は最大規模で世界中から観光客が訪れるというB級グルメが人気のスポットです。Instagramの投稿には、食べ歩きを楽しむ写真が多く載せられていました。
 一方、Instagramの投稿数はランク外でありながら、ツイート数では第2位を獲得した象山。こちらは台北市内からアクセスがよく、台北のランドマーク「台北101」や市内を見渡せるスポットとして人気の山です。夜景が絶景であると話題のスポットでありますが夜景の撮影は難しいためか、ほかの観光スポットと比較するとInstagramの投稿数がぐっと少なく、ツイート数のランキングのほうが上がったようです。また訪れる目的が自然と触れ合えることを主として、散策を楽しむ家族連れやひとり旅の観光客にも人気が高いこともツイート数が多くなった理由かもしれません。

4.沖縄女子旅と台湾女子旅の人気キーワード比較

 #沖縄女子旅の投稿には「#海」「#ビーチ」「#沖縄ブルー」やリゾート、サンセットなど海に関連するキーワードや「#写真好きな人と繋がりたい」「#カメラ女子」などカメラに関連するキーワードなどが多く見ら れました。
一方、#台湾女子旅の投稿には台湾グルメに関連する投稿「小籠包を堪能」「海鮮料理で夕食」や、「タピオカミルクティー」や「マンゴーかき氷」など、日本でも注目されている台湾スイーツを本場で楽しむ様子がうかがえる投稿が見受けられました。海外旅行では、旅先でしか味わえないグルメに関心が高いのかもしれません。

5.総括

 今回の調査で分かったことは、ツイート数とInstagramの投稿数にはそれぞれのSNSの機能性の違いから、ある程度の相関関係はあるものの完全に一致するものではないということです。特に、ツイート数は観光地そのものに興味があるため訪れたという目的型の投稿が多くみられ、観光地のPRとしては、TwitterとInstagramどちらのユーザーに興味を持たれるかを意識することは、集客の大事なポイントではないかと思われました。

 また、これから旅先を検討する方は、旅先で何を体験したいのか、どんな目的で楽しみたいのかを考えながら選ぶと、充実した旅行計画を立てることができるのではないでしょうか。間もなく迎える過去最大のGW10連休!まだ旅先を決めていない方は、本調査を参考にしてみてはいかがでしょうか。
■記事調査サービス「アットクリッピング」について( https://www.atclipping.jp/ )
 「WEBニュースサイト」「新聞」「雑誌」「口コミ・SNS」のクリッピングサービス。
 広範囲の記事を安価に調査し高いコストパフォーマンスを実現。WEBニュースサイトの調査は、独自開発の記事調査システムにより、2,400以上のニュースサイトにある記事の中から設定したキーワードに合致したものを抽出し、毎朝7時半頃に報告。新聞・雑誌の調査は2,600媒体以上をプロの調査員が丁寧に読み進めることにより、記事の原本を切り抜き・報告。広告換算や一覧作成・分析など、様々な顧客ニーズに対応するオプションも充実。
 TwitterやInstagramのハッシュタグや投稿内容の調査による自社の露出状況や相性の良いインフルエンサーの特定などのレポーティングも可能。


■ソーシャルワイヤー会社概要
商号  : ソーシャルワイヤー株式会社(証券コード:3929)
代表者 : 代表取締役社長 矢田峰之
所在地 : 東京都新宿区新宿4-3-17 FORECAST新宿SOUTH 2F
設立  : 2006年9月
事業内容: ニュースワイヤー事業 (リリース配信サービス、クリッピングサービス)
      インキュベーション事業(レンタルオフィス運営)
URL   : https://www.socialwire.net/

【本件に関するお問い合わせ先】
ソーシャルワイヤー株式会社 アットクリッピング運営事務局
担当: 中澤
TEL:03-5363-4878
E-MAIL: acl_support@atclipping.jp
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「183214」を
担当にお伝えください。