オンライン動画学習サービス『Schoo』6月の参加型生放送ラ...|

オンライン動画学習サービス『Schoo』 6月の参加型生放送ラインアップを公開 “プロのプロセス全公開”をテーマに全40 コマを無料開講

2017.06.02 11:00

 参加型生放送によるオンライン動画学習サービス『Schoo』を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎、以下スクー)は、6月の参加型生放送授業として“プロのプロセス全公開”をテーマに、動画編集・ビジネス資料作成・プログラミングの制作過程を全公開するなどの、全40コマを6月2日から順次、無料開講してまいります。

 ■ プロによる実際の仕事に活かせるプロセスを全公開

 近年、ITを中心とした技術の進化は、日々新しい手法や解決策を生み出し続けており、昨日まで当たり前だったことが、今日は当たり前ではないと言える時代が到来したと言えます。

 

 そこでSchooでは、2017年5月のテーマを「最先端の基本」とし、デザイン・マーケティング・経営・思考法など、最新のテクノロジー・市場動向・考え方に基づいた、Schooでしか体験できない最先端の学習領域と学びを、編集なしの「生放送授業」にて提供いたしました。

 

 2017年6月は、“プロのプロセス全公開”をテーマに全40コマの授業を開講いたします。

私たちは日々の仕事の中で、資料や動画、システム、アプリケーションなど、さまざまなモノを作っています。基本的な方法こそ誰かに習ったり、本を読んだりして習得しますが、ついつい慣れてしまっている今のやり方は、本当にベストなやり方でしょうか。そこで、Schooでは、第一線で活躍するプロの方々に先生として登壇いただき、プロならではの視点や技術などの制作プロセスが学べる授業を開講いたします。この授業を通じて、受講生のみなさんにとって本当にベストなやり方を見つけてもらい、再考するきっかけになって欲しいと考えております。

 

 授業は生放送されたものをそのまま、編集せずに録画公開いたします。編集せずに公開するからこその、生放送当時の“熱狂”と、先生と受講生、また受講生同士で繰り広げられたコミュニケーションから生まれた“気付き”をみなさんにお届けできるような学習体験を提供してまいります。

■ 6月注目の生放送

・ライブスライドデザイン:ビジネス資料を生放送で劇的修正

先生:森重 湧太氏(SKET チーフデザイナー)

ビジネス資料の見やすさは、情報整理の方法で劇的に変わります。

毎回異なるテーマの「仕事に使う資料」を、プロのデザイナーが生放送で作り直します。


6/30(金)21:00~

https://schoo.jp/class/3996

 


・ライブムービーエディット -見て学ぶ動画編集技術-

先生:家子 史穂氏(動画ディレクター)クマ氏(カメラマン)

90分間で会社紹介動画を制作する様子を、全て公開します。

2人のプロが出演し、制作者と解説者に分かれて、細かいテクニックから考え方まで深掘りしていきます。「Adobe PremierePro」「Final Cut」という2つの中級者向け動画編集ソフトを利用します。

 

6/29(木)21:00〜

https://schoo.jp/class/4085

 

 

・今月のライブコーディング #2

先生:浜辺 将太氏(エンジニア)

プロハッカーのコーディングから、考え方やテクニックを盗み取る授業です。

生放送中のオンライン受講生の意見などを取り入れながら、コーディングの様子を解説しながら公開していきます。

 

6/21(水)21:00~

https://schoo.jp/class/4056

 

 

 

※生放送授業の受講には「Schoo」への会員登録(無料)が必要です。

 

■ Schoo(https://schoo.jp/)について 

 株式会社スクーが2012年から運営している、参加型生放送のオンライン動画学習サービス。「未来にむけて、社会人が今学んでおくべきこと」をコンセプトにした最先端分野の生放送授業と、プログラミング/Webデザイン等のITスキル・マーケティング・ビジネススキル等の「明日の仕事に生きる」動画教材を約3,000時間提供しています。録画授業見放題の「プレミアムプラン(980円/月、iOS及びAndroidアプリ1,080円/月)といった有料プランや、プロの個別サポートで確かなスキル習得を目指す「マスタープラン(78,000円〜)を提供。また法人向けプレミアムサービスとして「ビジネスプラン」、「マスタープランfor Business」を提供しています。現在の会員数は約27万人(2017年5月末時点)。

 


プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「129987」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事