エールフランス航空、パリ発 長距離線で二人の人気シェフが初登...

エールフランス航空、 パリ発 長距離線で二人の人気シェフが初登場  ビジネスクラスではビストロノミーを提唱する ベテランのイヴ・カンドボルド  プレミアム・エコノミー、エコノミーでは 新進気鋭、若手のジャン・アンベール

エールフランス航空では、2016年4月から9月末まで、パリ発 長距離線にて2人の人気シェフが作った料理の提供を始めました。
ビジネスクラスではビストロノミーを提唱するベテランのイヴ・カンドボルド、プレミアム・エコノミー、エコノミーでは好評の有料アラカルトメニューミールにジャン・アンベールのメニューが加わります。

イヴ・カンドボルド
イヴ・カンドボルド

【ビジネスクラス】
エールフランス航空はフランス料理の世界に次々と登場する、新たな才能あるシェフの味を機内食で提供し、世界中のお客様からご好評をいただいております。9月末まで、ビジネスクラスではイヴ・カンドボルド シェフが新たに6種のメインディッシュをエールフランスのために考案しました。カンドボルド シェフの一皿はメインディッシュ4種の内のチョイスとしてパリ発のビジネスクラスで味わっていただけます。お料理の種類は15日毎に変ります。

<イヴ・カンドボルド>
フランス南西部のベアルヌ出身。リッツ・パリ、ラ・トゥールダルジャン、といった名高い店で修行を積み、ホテル・ド・クリヨンではクリスチャン・コンスタンの右腕として活躍。その後1992年から10年間、予約が取れない超人気レストラン、“ラ・レガラード”を14区に開店。ガストロノミー(美食)をもじった『ビストロノミー』(伝統的なフランス料理を個性豊かにアレンジした旬の料理)の造語で知られる新時代の旗手として、ビストロブームの先駆けとなりました。現在サン ジェルマン デ プレで4つ星ホテルを経営。ホテル内のレストラン、ル・コントワールで“ビストロ・ブラッスリー”と名づけた、旬の素材をふんだんに使い、伝統的なフランス料理と、洗練された美食の両方が味わえる料理を提供しています。料理本も多数執筆。最近ではフランスのテレビ局、TF1の人気料理番組『マスターシェフ』に審査員として参加しました。


■イヴ・カンドボルドがエールフランスのために考案した6種のメインディッシュ
さまざまな風味を見事に調和させ、食材の食感や歯ざわりを生かした親しみやすい味わいが特徴です。
(1) サーモンの紙包み焼き エストラゴン風味のマッシュルーム、野菜のくりぬき添え、シトロネルと生姜風味のブイヨン
(2) ポトフ風の鶏肉巻き、赤玉ネギとレーズンのピクルス、シュプリームソースとライス添え
(3) 仔牛のコンフィ、レモンコンフィ風味、アーティチョークのソテーとペンネ添え
(4) 鱈とサーモンのスモーク、色々な野菜とパルメザンチーズのクランブル、ヒマワリの種とエスペレット唐辛子添え
(5) バニュルスワインビネガーでじっくり煮込んだ柔らかいビーフ、オレンジ風味の栗と野菜のくりぬき添え
(6) タジン風のチキン、ターメリック風味 スパイスを効かせたクスクス添え


【プレミアム・エコノミークラス、エコノミークラス 有料アラカルトメニュー】
人気の有料アラカルトメニューに新作登場、今話題の若手シェフ、“ジャン・アンベールのマルシェ(市場)”が新たに加わりました。9月末までパリ発 長距離路線のエコノミークラス、あるいはプレミアムエコノミークラスのみで当社ウェブサイトから出発24時間前まで事前注文が可能。値段は21ユーロ、あるいはフライングブルーの7,000マイルと交換も可能です。アラカルトメニューには他にオーシャン(シーフード)、LENOTRE〈ルノートル〉 セレクション(パリの有名なケータリング、お菓子の老舗)、トラディション(伝統のフランス料理)の3種があり、値段は12~28ユーロ、あるいはマイレージプログラムのフライングブルーマイル(4,000~8,500マイル)との交換も可能です。

<ジャン・アンベール>
フランスのテレビ番組、“トップシェフ第3シーズン”で栄冠を勝ち得て一躍有名になったジャン・アンベールは幼少の頃から料理が大好きで、家族や友人のために料理を作っていました。料理学校を卒業後、名シェフの下で修行を積み、若干22歳でオーナーシェフになりました。2015年、エリック・カイザーと共同で開いたレストラン、“ジャンのボール(お椀)”と名づけたレストランは、容器のお椀がカイザーのパンで出来ているユニークなスープ料理のレストランです。食材を無駄にすることなく、最後まで美味しくパンと共に食べられる画期的なコンセプトで話題です。今回エールフランスのために考案されたメニュー、“ジャン・アンベールのマルシェ(市場)”は彼らしい新鮮で革新的な内容で、雲の上で味わう食事に新たな境地を開きました。

■新メニュー、“ジャン・アンベールのマルシェ(市場)”
前菜は有機栽培のキノアとポーチドエッグ、ハーブエストラゴン風味でフレッシュなテイスト。
メインディッシュは伝統的な仔牛のクリーム煮込みを現代風にアレンジ
とろけるようなフルーツ風味のデザートはジャン・アンベールがトップシェフで栄冠を勝ち得たスィーツから発想を得ました。

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報