動画・音声コンテンツをアップロードするだけで“自動で音声をテ...|

動画・音声コンテンツをアップロードするだけで “自動で音声をテキスト化”する 音声データ自動テキスト化サービス 「VBox」をHmcommが正式リリース

2016.03.02 11:00

音声認識技術を用いたシステム開発/ソリューションサービスの提供を行う、Hmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司、 http://www.hmcom.co.jp/ )は、動画や音声のデータを専用のクラウドにアップロードするだけで、自動的に音声認識・テキスト化を実行するクラウド型の音声データ自動テキスト化サービス「VBox」を2016年3月2日(水)に正式リリースいたします。

「VBox」画面イメージ
「VBox」画面イメージ

「VBox」は、単純に動画コンテンツに字幕をつけるだけでなく、非構造化データである“音声”をテキスト化することで、以下のような場面で活用されることが想定されています。

■記者・ライターのインタビュー音声の自動書き起こし
→インタビューを録音した音声データを自動で瞬時にテキスト化することで、即時編集作業に取り掛かることができるようになります。出版業界だけでなく、SEO対策を目的としたオウンドメディアへの記事コンテンツを増産したい企業からの需要も見込まれます。

■トップ営業マンの会話術や優秀な教師の授業などの眠ったノウハウのテキスト化
→トップ営業マンや優秀な教師の授業など、音声をテキスト化することで貴重なノウハウをマニュアル化し、共有しやすくします。

■映像制作会社での動画編集作業の効率化
→動画データ内の音声がテキスト化されることで、動画内音声からキーワード検索し、特定の箇所からの再生・編集が可能になり、作業を効率化することができます。

尚、「VBox」に採用されている音声認識クラウド・プラットフォーム「The VOICE JP」は、自然な発話での音声認識を実現する音響学習技術とディープラーニングを用いた言語学習機能をもっており、使えば使うほど利用者の業務特性に最適化される仕様となっています。


【「VBox」が対応する主なファイル】
音声:MP3、WAV、iTunes Audio(.m4a、.m4b、.m4p)、Ogg、ACCなど
動画:MPEG-4(.mp4、.m4v)、Ogv、WebMなど


【「VBox」画面イメージ】
https://www.atpress.ne.jp/releases/92262/img_92262_1.png


【音声認識クラウド・プラットフォーム「The VOICE JP」の特長】
(1) あらゆる声質・アクセント・スピードに対応
→自然な発話での音声認識を実現する音響学習技術です。

(2) 業界・社内用語・新語を日々言語学習、自社向けに最適化
→「金利」、「赤残」などの業界・社内特有の用語・略語・フレーズ、「Instagram」、「フィンテック」などの新語・時事用語・流行語・芸能人名などにも対応。誤認識された場合の訂正・単語登録、メール・Word・CRMなどの社内データやインターネット上のテキストデータから最新用語・話題の学習を行うことで、日々、自社向けに進化し続けます。


【Hmcomm株式会社について】 http://www.hmcom.co.jp/
動画・音声コンテンツ内の音声データをテキスト化する音声認識技術を産総研から技術移転を受け、これをベースにしたシステム・ソリューションサービスの開発・提供を行う産総研技術移転ベンチャー企業です。
主なサービスに、「VBox」のほか、「音声認識+人力」にて低価格・短納期・高品質を実現したクラウドソーシング文字起こしサービス「VCrowd」があります。


【国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)について】
日本最大級の公的研究機関として日本の産業や社会に役立つ技術の創出とその実用化や、革新的な技術シーズを事業化するための「橋渡し」機能に注力する研究所。全国10か所の研究拠点で約2,000名の研究者がイノベーションを巡る環境の変化やそれらを踏まえて策定された国家戦略などに基づき、イノベーション・ナショナルシステムの中核的、先駆的な立場で研究開発を行っています。また世界30の主要研究機関と包括研究協力覚書(MOU)を締結するなど、積極的なグローバルネットワークも構築しています。


【産総研開発音声認識技術に関する関連記事】
1.ユーザーが協力すると性能が向上する音声情報検索システムを実現
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2008/pr20080612/pr20080612.html
2.インターネット上の動画音声データの検索・書き起こしシステムを実現
http://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2011/pr20111012/pr20111012.html

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「92262」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報