豊かな感性を持つ視覚障碍者と共同開発したタオル「ダイアログ・...

豊かな感性を持つ視覚障碍者と共同開発したタオル 「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオル」の第2弾を12月1日に発売

ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン(所在地:東京都渋谷区、代表:金井 真介 http://www.dialoginthedark.com )は、田中産業株式会社(本社:愛媛県今治市)とのコラボレーションによって開発されたダイアログタオルの第2弾コレクションを2013年12月1日(日)に発売いたします。

ダイアログタオル1
ダイアログタオル1

ダイアログGIFTSHOP
http://www.dialoginthedark.com/free/?no=1201


■ダイアログタオルについて
タオル本来の機能である「肌に触れた時の吸水・吸湿」はもちろん、「肌に触れた時の肌触り・風合い」など、使う人の感性に訴えかける品質を重視して開発した商品です。健常者とは比較にならないほど繊細な触覚や聴覚などを有する、ダイアログ・イン・ザ・ダークのアテンド(視覚障碍者)が、タオル・テイスティング(モニターテスト)を実施し、誕生しました。

2008年に発表したコレクションは「ホワイト」1色でスタート。そして2013年、既存商品ラインに新色として「ナチュラル」「チャコール」「バーミリオン」の3色を追加し4色展開に。さらに、新ラインとして「Presto(プレスト)」が加わりました。


■アテンド(視覚障碍者)について
視覚に障碍(しょうがい)のある方々は、視覚以外の感覚をフルに使っています。中には色をイメージし、光を感じながら暮らしている方もいます。その日常生活では、健常者と同様に洋服の色を選び、靴の色を選び、そしてタオル、ハンカチの色を選択しているのです。既存商品はアテンドとの協同開発により肌触り、風合いにおいて最高品質の商品が誕生しました。そして、今回発表される新作では、ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオルで初めての色展開をスタートいたしました。感触の良さに色というイメージが加わることで、より感覚を高め、生活の楽しさを提案いたします。


■ダイアログ・イン・ザ・ダークについて
ダイアログ・イン・ザ・ダークは、まっくらやみのエンターテイメントです。
参加者は完全に光を遮断した空間の中へ、何人かとグループを組んで入り、暗闇のエキスパートであるアテンド(視覚障碍者)のサポートのもと、中を探検し、様々なシーンを体験します。その過程で視覚以外の様々な感覚の可能性と心地よさに気づき、そしてコミュニケーションの大切さ、人のあたたかさを思い出します。1988年にドイツで、哲学博士アンドレアス・ハイネッケの発案によって生まれたこのイベントは、世界30か国・約130都市で開催され、1999年より日本でも11万人以上が体験しています。2009年3月からは東京 外苑前で長期開催しています。また、2013年春からは大阪にて積水ハウスとの共創プロジェクト「対話のある家」がスタートしました。

http://www.dialoginthedark.com
http://goo.gl/I1hEx (Facebookページ)


■参考図書
「さよならの先」志村 季世恵 講談社文庫 http://goo.gl/Hysr4G
「まっくらな中での対話」茂木 健一郎 講談社文庫 http://amzn.to/goXVnY


■田中産業株式会社について http://www.goldpearl.co.jp/
田中産業株式会社は、質・量ともに世界一のタオル産地である愛媛県今治市に本社・工場を持つタオルメーカー。昭和7年の創業以来、常に業界トップクラスの品質と設備を維持。関連会社に染色工場(東洋繊維協同組合)を有し、染色から織り、仕上げの加工に至るまで、一貫して田中産業の厳しい基準で管理された商品の製造を続けています。世界中のブランドや企業、ラグジュアリーホテルからは指定メーカーとして支持をいただいています。「毎日使って、毎日肌に触れるタオルだから、安心・安全なタオルをお届けしたい。」田中産業は「Made in“IMABARI”JAPAN」にこだわり、全社員がいつも全ての工程を見る事ができるスタンスで、誠心誠意、真心のこもったタオルを作っています。


■ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオル 受賞歴
2008年 グッドデザイン賞 受賞
2009年 四国産業技術大賞 技術功績賞優秀賞 受賞
第4回 ものづくり日本大賞 四国経済産業局長賞 受賞

カテゴリ:
商品
ジャンル:
生活用品・雑貨

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。

  • 会社情報