稼ぐ人はトイレで月4冊以上!年収は読書量に比例する!?~「月...

稼ぐ人はトイレで月4冊以上!年収は読書量に比例する!? ~「月お小遣い10万円超え」稼ぐ人のライフスタイル調査を実施~

 年商1億円を目指すエグゼクティブのための具体的ノウハウの研究を行い、及びその成果を普及することを目的とするオクゴエ研究所(運営会社:ひみつきちJ株式会社、代表取締役:北岡 秀紀)は、2013年9月25日~27日に1ヶ月の小遣い10万円超えのエグゼクティブ(平均年収1,072万円)を対象に「月お小遣い10万円超のライフスタイル」に関するアンケート調査を実施いたしました。
 尚、新生銀行の「2013年サラリーマンのお小遣い調査結果」によると、サラリーマンの平均お小遣い額は38,457円です。

オクゴエ研究所 北岡秀紀
オクゴエ研究所 北岡秀紀

■調査結果概要
 オクゴエ研究所では、1ヶ月のお小遣いが10万円超え(10~100万円)のエグゼクティブを対象に「月お小遣い10万円超のライフスタイル」に関するアンケート調査を実施しました。(有効回答数95名)
アンケートの質問事項は、起床後・就寝前の行動、トイレの長さやトイレ時間の使い方、就寝時の身体の向きなど、ライフスタイルに関する質問全20問。
 この中で特徴的だったのが、「読書」に関する質問と回答です。1ヶ月の読書量は4冊以上と答えた人が約7割、就寝前にやることに「読書」と答えた人が46%、トイレですることに「読書」と答えた人が40%となりました。財団法人出版文化産業振興財団の「読書実態と意識に関する調査」(平成21年度)による、成人の1ヶ月に読む本の平均冊数は0~2冊が72.1%という結果と比較すると、月お小遣い10万円超えの人は2倍以上の読書を行っていることがわかりました。また、仕事等で忙しい1日の中で、就寝前やトイレ時間など、すき間時間を活用して読書に充てていることが伺えます。

 オクゴエ研究所 代表取締役 北岡 秀紀は著書「96%の人がやっていない 稼ぐ人の常識破りの仕事術」の中で、トップ4%と同じ行動をすることで成果が上がると述べていますが、稼ぐ人の習慣を調査し、その実態を数値化、データ化することを目的としています。


■調査結果のポイント
(1)1ヶ月の読書量は約7割の人が「4冊以上」と回答
(2)46%の人が就寝前にすることに読書、
  40%の人がトイレですることに読書と回答
(3)長財布を使用している人が64%
(4)女性とラーメン、食べる速度を合わせる31%など気遣い上手が約8割


■調査結果の解説
(1)1ヶ月の読書量は約7割の人が「4冊以上」と回答
 1ヶ月の読書量について、「4冊以上」の回答が70%を占めました。4~10冊が51%、11冊以上が19%という結果に。一般的な成人の1ヶ月に読む本の平均冊数は0~2冊が72.1%(財団法人出版文化産業振興財団の「読書実態と意識に関する調査」(平成21年度)による)と比較すると、月お小遣い10万円超えの人は2倍以上の読書量であるということが言えそうです。※図1参照

(2)46%が就寝前に読書、40%の人がトイレで読書。トイレ滞在時間は3分以上が44%
 就寝前にすることを尋ねたところ、「読書」と答えた人が46%、「メールやSNSの確認」が20%、「お祈りや瞑想」が11%、「ストレッチ」が8%という結果に。
 また、トイレですることへの質問には、「読書」が40%、「スマホでメールやニュースチェック」が24%、「何もしない」人が24%となった。さらに、トイレの平均滞在時間は「3分以上」という人が44%となり、「5分以上」という回答も19%でした。
 これらの結果から、忙しい日々の時間の中で、就寝前やトイレ時間も十分に確保し、すき間時間も活用して読書時間に充てていることが読み取れます。※図2・図3・図4参照

(3)長財布を使用している人が64%
 財布の種類を尋ねたところ、長財布が64%、折畳み財布が22%、札と小銭は別の財布が12%という結果に。「稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?」(亀田 潤一郎)など長財布と稼ぐ人を結びつける本も複数ありますが、月お小遣い10万円超えの人も長財布を使う傾向がありそうです。※図5参照

(4)女性とラーメン、食べる速度を合わせる31%など気遣い上手が8割
 女性とラーメン屋に行く時に、「女性の食べる速度に合わせる」が31%、「女性が食べきれない分を食べてあげる」が29%、「お店選びを気遣う」が13%、「食べている顔を見ない」が6%という結果に。小遣い10万超えの人は、気遣い上手であると言えそうです。※図6参照

参考:図1~6
http://www.atpress.ne.jp/releases/39467/b_5.pdf


■考察
 1ヶ月のお小遣いが10万円超え(平均年収1,072万円)の人は、1ヶ月の読書量が4冊以上という人が7割を占めており、トイレや就寝前といったプライベートのすき間時間を活用して読書に充てるという生活習慣が伺えます。このことから、稼ぐ人の多くが仕事や楽しみのために読書の時間を積極的に生活の中に取り込み、僅かな時間も活用する習慣があると言えそうです。


■調査概要
調査方法  :インターネットによるアンケート調査
調査期間  :2013年9月25日~27日
有効回答者数:95人
回答者の属性:20代6人、30代34人、40代36人、50代16人、
       70代1人、無回答2人
男女内訳  :男性88人 女性7人


■オクゴエ研究所について
 オクゴエ研究所は、年商1億円を目指すエグゼクティブのための具体的ノウハウの研究を行い、及びその成果を普及することを目的とし、WEBサイト「オクゴエ!」を運営しています。稼ぐ人の様々な習慣や仕事術など、幅広いアンケート調査やマーケティングを実施しています。

・研究所名称: オクゴエ研究所
・URL    : http://okugoe.com/
・運営会社 : ひみつきちJ株式会社
・代表者  : 代表取締役 北岡 秀紀
・所在地  : 〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目23-14
・設立   : 2012年5月
・URL    : http://himitsukichi-j.co.jp/

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「39467」を
担当にお伝えください。