The Qt Company、デジタル広告ソリューション 「Qt Digital Advertising」を新たにリリース

2022年1月26日 - ソフトウェアテクノロジーの世界的な大手プロバイダーであるThe Qt Company(本社:フィンランド エスポー、日本オフィス:東京都千代田区、日本オフィス代表:Dan Koo)は、UI/UX画面からの収益化をサポートするQt Digital Advertisingのリリースを発表しました。この、Qtテクノロジーを用いて開発された新ソリューションは、モバイル、デスクトップ、組み込みシステムに対応するアプリケーションやデバイスにおいて収益を生み出すプロセスを大幅に効率化して拡大させるものであり、収益化、生産性向上、破壊的イノベーションを達成するために開発されました。


詳細URL: http://www.qt.io/ja-jp/product/digital-advertising



今回リリースしたソリューションにより、モバイル、デスクトップ、組み込みシステムの開発者は、デジタル広告を活用してQt開発フレームワーク内で直接収益化を実現できるようになります。これにより、収益化を実現するために煩雑で非効率なプラットフォームを高額なコストをかけて導入する必要がなくなります。Qtを利用し、プロトタイプから完成品に至るまでクロスプラットフォームシナリオに沿ったデジタル広告に最適なビジネスケースを瞬時に作成して収益化できます。このソリューションは、The Qt Companyとそのお客様にとって新たなビジネスモデルであることはもちろん、広告主にとっても、組み込みデバイスのUI上で効率的なマーケティングキャンペーンを行うという新たなビジネスケースを創出するものであり、急成長中のIoT/コネクテッドデバイス業界がもたらすビジネスチャンスを開拓することができるようになります。



【The Qt Company Ventures部門担当副社長 Petteri Hollander コメント】

弊社はユーザーの皆様がQt開発フレームワークから直接収益を上げる機会を拡大すべく、努力を重ねました。Qt Digital Advertisingのリリースにより、ユーザーの皆様がクロスプラットフォームで設計、開発、テスト、デプロイ、さらには収益化を実行し、成果物を瞬時に収益マシンにすることができるようになりました。今やQtユーザーの皆様は、互換性のない収益化ツールを組み合わせるという難題を解決する必要がなくなり、1時間も経たないうちに成果物の収益化を開始することができます。これにより、モバイルデバイスや組み込みデバイスから収益を上げられる可能性が大幅に高まりました。



Qt Digital Advertisingソリューションは現在、スマートモビリティ、ホスピタリティ、ゲームなど、さまざまな業種のQtのお客様にご試用いただいています。この新ソリューションは、手軽にデザイナーと開発者が複雑なUIに横断する広告をまとめて管理することができます。テクノロジーの観点から見ると、Qt Digital Advertisingで実現するオールインワン型ソリューションは、デジタル広告キャンペーンと広告コンテンツ全体を管理するプラットフォームを持ち、Qtテクノロジーを利用して開発した画面にデジタル広告を表示します。デジタル広告キャンペーンを管理することで、アプリケーションとデバイスを簡単かつ効率的に収益マシンに変えることができます。たとえば、ブランドパートナーとの直接取引を通じて合意した広告をアップロードすることによりデジタル広告用に確保した空き画面スペースに広告を挿入したり、デジタル広告オークションを通じた自動リアルタイム入札を活用したりすることができます。


Qt Digital Advertisingの詳細は、 http://www.qt.io/ja-jp/product/digital-advertising をご覧ください。



【The Qt Companyについて】

Qtグループ(Nasdaq Helsinki:QTCOM)は、70以上の業界で強い存在感を放つグローバルなソフトウェア開発会社で、数百万種類ものデバイスやアプリケーションを支える独自のテクノロジーで業界をリードしています。現在、Qtは世界各国の主なグローバル企業および開発者にご利用いただいており、その独自のテクノロジーを活用することにより、多くのお客様が比類のないユーザーエクスペリエンスを提供しながら、同時に社内のデジタル化を推し進めています。2020年の総売上は7,950万ユーロ、従業員数は約450人です。

詳細は https://www.qt.io/ja-jp/ をご覧ください。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報