子どもの夏休み自由研究向け特別企画 グリーン購入ネットワーク...

子どもの夏休み自由研究向け特別企画  グリーン購入ネットワーク(GPN)会員が実施する オンライン工場見学の情報を8月4日に公開

グリーン購入ネットワーク(GPN)(事務局:東京都千代田区、会長:梅田 靖)は、子どもの夏休み自由研究に向けた特別企画として、会員団体によるオンライン工場見学(web工場見学、バーチャル工場見学等を含む)の情報を8月4日に公開致しました。


オンライン工場見学詳細ページ: https://www.gpn.jp/archives/gpnnews


現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、多くの企業等で工場見学の休止が続いています。今後も実際に訪問する形式での工場見学の実施が難しい状況が続くことから、GPNでは将来世代に、“ものづくり”における様々な環境配慮の取り組みの情報を届けたく、また、“夏休み”の期間において、自由研究等の参考情報となるよう、GPN会員団体の皆さまが実施するオンライン工場見学の情報や、子ども向けの環境・サステナビリティの学習ページ(HP)の情報を収集し、公開致しました。



■公開内容

工場見学:11件掲載

・製造現場の裏側をVR技術で体験、ドローンで撮影した普段見れる角度ではない視点での工場見学もあります。



【深津 学治GPN事務局長よりメッセージ】

今回、GPN会員の皆さまにご協力いただき、会員団体が実施するオンライン工場見学の情報を提供いただきました。緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解けないコロナ禍において、学校授業による社会科見学や体験学習も中止となっています。子どもたちが“ものづくり”の現場を知り、その学年でしか体験できない機会が失なわれていることは、未来への損失と言えます。そこで、SDGsの2030年、カーボンニュートラルの2050年、その時代を担うキーパーソンとなる将来世代の子どもたちに、今できることを伝えたく、今回企画致しました。

実際には、HP上で情報を公開しているweb工場見学、バーチャル工場見学の情報も含めておりますが、工場見学の情報と合わせて、各団体がHP上にて、子ども向けに制作している環境・サステナビリティの学習ページも募集し、公開しておりますので、そちらも是非ご覧ください。

今回の公開内容は、公益財団法人日本環境協会のこどもエコクラブにご協力いただき、全国のこどもエコクラブの皆さんにご案内すると共に、GPN会員団体の教育機関等を通じて関係者にご案内致します。



■グリーン購入ネットワーク(GPN)

グリーン購入を促進するために、1996年2月に設立された、企業・行政・民間団体等による緩やかなネットワーク組織。地方公共団体や企業等の組織購入者へグリーン購入の普及啓発を行うと共に、商品分野ごとの購入ガイドラインの策定、約14,000点の商品の環境情報を掲載したデータベース(エコ商品ねっと)の運営等を行っています。

2018年度からは、パリ協定やSDGs等の世界的動向をふまえ、活動の領域をグリーン購入から持続可能な調達に拡大し、グリーン購入基本原則の改定や取り組み度を測るための仕組みを構築し、事業を推進しています。

2021年6月時点の会員数は1,292団体(企業1,061、行政102、民間団体129)です。


ホームページ: https://www.gpn.jp/

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報