海を身近に!水中ドローンを活用した海洋VRコンテンツを世界中...

海を身近に!水中ドローンを活用した 海洋VRコンテンツを世界中へ発信! 「Virtual Ocean Project」始動!

2019年8月18日(日)~31日(土) 箱根園水族館で常設展示実施

最新のIT技術と水中ドローンを用いて、新しい海洋VRコンテンツを世界に発信するプロジェクト「Virtual Ocean Project」が始動。第一回の常設展示を2019年8月18日(日)~31日(土)まで箱根園水族館にて開催いたします。

公式HP: https://www.virtualocean.jp


バナー


VRコンテンツ体験を通して、海の素晴らしさと、今起こっている問題について幅広い世代へ伝えていきます。

当企画は、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環で実施いたします。また、「Virtual Ocean Project」は、年内に第二回常設展示も予定しています。(※時間/場所未定。公式HPで随時お知らせいたします。)



■開催概要

<イベント名>

Virtual Ocean Project


<日時>

2019年8月18日(日)~8月31日(土)

※体験できる時間帯については、公式HPで随時お知らせいたします。


<会場>

箱根園水族館 海水館(神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139)


<アクセス>

・車

 東名高速道路厚木ICから小田原厚木道路経由で52km(平常時約1時間)

 東名高速道路御殿場ICから乙女峠経由で24km(平常時45分)

 小田原方面からのアクセスは、箱根新道の利用が便利です(2011年より通行無料となりました)。

・バス

 小田急箱根高速バスで新宿駅西口から平常時2時間25分、「箱根園」下車

 小田急箱根高速バス(時刻表・運行状況など)はこちら

・電車

 東海道新幹線小田原駅から伊豆箱根バスで1時間20分

 小田急ロマンスカー箱根湯本駅から伊豆箱根バスで1時間5分


<体験料>

無料 ※箱根園水族館の入場には料金がかかります。

おとな/¥1,500、こども(4才~小学生)/¥750


<公式サイト>

HP      : https://www.virtualocean.jp

Twitter    : https://twitter.com/Virtual_Ocean

YouTube    : https://www.youtube.com/channel/UCYjwDy9ihQzcxuJPbKSTxZg/

箱根園水族館HP: https://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/suizokukan/



■水中ドローンに乗り込んで水槽の中を探検!

「Virtual Ocean Project」2019年度のイベントでは、水中ドローンの360度リアルタイム映像とVR技術を組み合わせ、まるで水中ドローンに乗り込んで、水族館の水槽の中を泳いでいるかのようなVR体験をしていただくことができます。水中ドローンは、実際に体験するお客様自身が、VR空間内より操作することが可能です。

そしてVR空間内で、プラスチックごみ問題などの解説動画をご視聴いただき、現在の海洋問題について自然と学ぶことができます。また、水中ドローンからの映像はYouTube Liveを通して配信。世界中のユーザーも疑似体験していただけます。(※YouTube LiveのURLは、公式HPで随時お知らせいたします。)

VR空間は「水中ドローンのコックピット」を再現。操縦レバーで自由に水槽内を移動できます。


※VR体験には年齢制限がございます(7歳以上)。

※水中ドローンは1台のため、ご体験いただける人数には限りがございます。予めご了承ください。

※展示スペースでは、VR体験者のお客様以外も、モニター等で映像が楽しめる内容となっております。

※配信環境等により、YouTube Liveでの配信ができない場合がございます。

※イベント中はメディア取材が入る可能性があり、写真にお客様が写りこむことがございます。予めご了承ください。

※その他、VR体験に関する注意事項は、公式HPをご覧ください。



■水中ドローンのエンターテイメント利用!

普段は、海洋調査・水中構造物検査・水資源モニタリング等に利用されている水中ドローンを、本プロジェクト用にカスタマイズ。360度カメラを搭載し、水中で高画質な全方位映像を撮影、リアルタイムのVR体験を実現します。(開発協力:Zenbot株式会社)


水中ドローン

※写真のドローンは開発中の機体であり、実際の機体とは異なります



■バーチャル展示員「イルカのブッチくん」がお客様を案内!

本プロジェクトのイベント会場では、バーチャル展示員がお客様をご案内します。バーチャル展示員は、バルス株式会社(東京都千代田区、代表取締役:林 範和)が提供するVirtual YouTuberシステム「どこでもVTuber」を活用し、3Dキャラクターがリアルタイムでお客様と会話をしたり、VR体験のサポートをしたり、多様なコミュニケーションを実現します。

今回は、Virtual Ocean Projectオリジナルキャラクター「イルカのブッチくん」が登場し、お客様をサポート。

他にも、ブッチくんはVirtual Ocean Projectの公式TwitterやYouTubeで様々な情報・コンテンツを発信していきますので、ぜひご注目ください。

・公式Twitter     : https://twitter.com/Virtual_Ocean

・公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCYjwDy9ihQzcxuJPbKSTxZg/


イルカのブッチくん


<Virtual YouTuberシステム「どこでもVTuber」(提供:バルス株式会社)>

カメラとパソコンとディスプレイを用意するだけで、どこでも、誰でも簡単にバーチャルキャラクターになることができるサービスです。独自のキャラクター制御技術によって、より自然でスムーズなバーチャルキャラクターの動作表現を実現。従来、VR機器やモーションキャプチャーのスーツを着用などが必要だったものが、何も着用せずにバーチャルキャラクターになることができます。

URL: https://balus.co/news/803/



■日本財団「海と日本プロジェクト」とは

日本財団「海と日本プロジェクト」とは、2015年に「海の日」20回目を記念し、日本財団の主導で推進しているプロジェクトです。次世代を担う子どもたちを中心として多くの方々に「海の日」の意義について認識を深めてもらうとともに、海への好奇心を持ってもらい、行動を起こすムーブメントを作り出すことを目指しています。



■箱根園水族館について

海抜723m。大海の生きものが集まった、日本で一番標高の高いところにある海水の水族館です。

今回の展示は、「海水館」の中央に設置された、高さ7m、1,255tの海水をたたえた自然の光に満ちたオープンエアーの大水槽にて実施します。

他にも、海中ショーを定期的に開催し、世界中の川や湖の生き物が集まった「淡水館」や、バイカルアザラシ広場など、お客様が楽しめる様々な空間を提供しています。


箱根園水族館HP: https://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/suizokukan/



■協力企業

・バルス株式会社(Virtual YouTuberシステム「どこでもVTuber」提供・サポート)

https://balus.co/


・Zenbot株式会社(水中ドローン開発)

https://zen-bot.com/ja/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「189012」を
担当にお伝えください。