旅先での写真撮影、81%が「スマートフォン」を主に利用すると...

旅先での写真撮影、81%が「スマートフォン」を主に利用すると回答。 一方、48.5%と「コンパクトデジタルカメラ」が根強い人気。 「アクションカム」4.3%や「ドローン」2.3%など新しいガジェットも浸透

 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女1,140名を対象に「旅先での撮影」に関する調査を実施しました。 


 旅行先では必ずと言っていいほど、写真や動画を撮影します。数年前までは、一眼レフやビデオカメラが主でしたが、昨今はスマホでの撮影が主流となり、更には、GoProなどのアクションカメラや、ドローンを使っての空撮など、旅行先での撮影の選択肢が増えています。今回エアトリでは、「旅行での撮影」について調査を実施しました。

 

■調査結果

設問:旅行先で写真や動画を撮影するときに使用する機器を教えてください。(複数回答可) 

   「スマートフォン」が1位で、(合計:81.3% 女性:88.4%  男性:76.0%)と、男女別でも最多の回答となりました。2位が「コンパクトデジタルカメラ」(合計:48.5% 女性:43.2% 男性:52.5%)、3位が「一眼レフカメラ」(合計:21.0%  女性:14.9% 男性:25.6%)という結果になりました。

 また、「GoProなどのアクションカム」が4.3%、「ドローン」が2.3%と、近年一般的に使用されるようになった新しい機器が、徐々に普及・浸透してきていることがわかります。

  

「スマートフォン」を選んだ人の意見

・なんといっても手軽。人を撮影する際も、カメラを使うより身構えず自然に撮れる気がする(40代女性)

・自撮りするのであれば、スマホ以外に選択肢が無い(20代女性)

・すぐインスタにUPできる。同行する友人とのシェアも楽。カメラはデータの管理が手間(20代女性)

・スマホカメラは操作がシンプルなので、他の旅行者に写真撮影をお願いしやすい(60代男性)

・すぐ撮影できる。一眼レフと併用しているが、決定的瞬間を撮影できるのはスマホかも(30代男性)

  

「一眼レフカメラ」を選んだ人の意見

・人がキレイに映ることと、景色を広角で取れること(20代女性)

・解像度の高い微細な写真をピンぼけなく撮るのならやはり一眼レフ(50代男性)

 

「GoProなどのアクションカム」を選んだ人の意見

・GoProのおかげでダイビングやシュノーケンリグの写真など、新婚旅行の写真のバリエが増えた(30代男性)

・旅先でのサイクリングでヘルメットに装着し、その日の宿泊先でお酒を飲みながら撮影したビデオを見るのが定番(40代男性)

・子どもの帽子につけておくと、違った視点で旅行の思い出を振り返ることができます(30代女性)

 

「ドローン」を選んだ人の意見

・グアムに行った際、ドローン撮影のために航空局許可も取ったが、GPSを外さないと飛ばなかったため、外して飛ばしたら海の藻屑となった悲しい思い出(50代男性)

・外国でのドローン撮影は目視外飛行になるとドキドキものです。  必ず保険に加入するか、カード会社への携行品保証の確認をお勧めします(50代男性)

 

 

■調査概要

調査タイトル         :「旅行での撮影」に関するアンケート調査

調査対象               :10代~70代の男女1,140名

調査期間               :2018年12月13日~12月16日

調査方法               :インターネット調査

調査主体               :株式会社エアトリ

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「176068」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報