セラク、農業IoTサービス「みどりクラウド」でビッグデータ/...

セラク、農業IoTサービス「みどりクラウド」で ビッグデータ/AIによる農業データ分析サービスを開始

~収穫時期や収量、作物の品質、病害虫発生などを予測し、 最適な圃場管理を導き出す農業データ分析をサービス化~

株式会社セラク(東京都新宿区、代表取締役 宮崎 龍己、東証一部上場(証券コード6199)、以下「当社」)は、農業IoTサービス「みどりクラウド」を契約している農業生産者向けに、蓄積した圃場環境データ(農業ビッグデータ)を当社のデータサイエンティストが分析し、データに基づいた個々の圃場ごとの生産性向上を実現する「農業データ分析サービス(有料)」を開始いたします。


このサービスは、栽培している作物の品種や土壌環境、気候変動など個別の圃場ごとに異なるデータを当社の持つデータサイエンス技術により精緻に分析することで、その圃場における収穫時期や収量、作物の品質、病害虫発生などを予測し、データに基づいた圃場環境管理を実現するものです。

既に、当サービスを先行実施したモニタ生産者様において、収穫時期予測、病害虫発生原因の推定、収量予測精度の向上などでの成果が見られており、「みどりクラウド」により取得したデータによる生産性向上を実現しています。


当社は、既に提供している「環境モニタリング」「栽培記録」に続いて、今回新たに「環境制御」「農業データ分析」に本格参入し、農業ITプラットフォームとしての更なる付加価値向上を進めていく予定です。


農業IoTサービス「みどりクラウド」の成長ビジョン


当サービスは、2018年10月10日から行われる「農業ワールド」の当社ブースにて展示し、2018年11月15日よりサービスを開始する予定です。

サービス価格等の詳細については、別途ご案内いたします。



■農業データ分析サービスについて

「みどりクラウド」によって取得した圃場環境データ(農業ビッグデータ)を当社のデータサイエンティストが分析し、より最適な栽培環境を実現するためのアドバイスや予測を行うサービスです。

栽培している作物の品種や土壌環境、気候変動など個別の圃場ごとに異なるデータを精緻に分析することにより、農業生産者ごとに最適な栽培環境の実現を支援します。



■農業IoTサービス「みどりクラウド」について

「みどりクラウド」は、難しい設定や設置工事の必要がなく、機器を購入して電源を入れるだけで農業IoTを始められるクラウドサービスです。

圃場への設置機器である「みどりボックス」、スマートフォンやパソコンで取得したデータを分析・閲覧・通知する「みどりモニタ」、農作業の記録・管理を簡単にするサービス農作業記録サービス「みどりノート」に加え、環境制御オプションやデータ分析サービスを提供しています。



■株式会社セラクについて

株式会社セラクは、IT技術教育(人材育成)によりビジネスを創造し、社会の発展に貢献するIT企業です。IoT/AI/サイバーセキュリティ/RPAなどの先進技術で企業のデジタル化を支援するデジタルトランスフォーメーション事業(Dx事業)、企業のITインフラやITシステムを支えるシステムインテグレーション事業(SI事業)と、農業IoTサービス「みどりクラウド」を提供しています。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「168150」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報