オレコン、“ティール組織”導入で社員定着率25%→67%を突...

オレコン、“ティール組織”導入で社員定着率25%→67%を突破  ~オフィスを捨て、眠っている日本の宝を活かす企業~

 マーケティングコンサル事業を主軸としている株式会社オレコン(本社:大阪市中央区、代表取締役:山本 琢磨)は、今回ロールモデルとして自社で“ティール組織”を導入し、社員の定着率を25%→67%に引き上げたことをお知らせします。実際の結果をもとに、今後もクライアントの方にご満足いただける提案を目指してまいります。


株式会社オレコン代表 山本 琢磨


※ティール組織とは…

働く側の個々のニーズに焦点を当てた新型組織体系です。

これまでの組織形態はいわゆる「達成型組織」といい、組織のゴールに向かって動きます。会社の目標があり、細分化された目標が個々やチームに割り振られます。

一方ティール組織では、個々の目標が先にあり、それを達成するための仕事が割り振られます。個々の目標が先に来るため、個人は入社時に自分の個人的な目標を会社にさらす必要があります。そしてそれを達成するために仕事をします。仕事の達成が個人の目標達成につながるため、進捗管理のためのマネジメントは大幅に削減でき、個々が自身の仕事に責任と意欲を持って取り組むことができます。



■ティール組織導入の背景

当社は、疲弊している社員に比べて伸び悩む企業実績や日本経済の停滞感を目前に、これまでの組織運営に疑問を感じ、“ティール組織”をロールモデルとして、設立しました。当社では全社員がリモートワークを中心とし、個々が働く時間も場所も自由に選択をしながら自分の仕事を全うしています。

“ティール組織”という新しい組織形態を実践するためのツールとして、目標管理は働く個々のゴール達成に重点を置き、それぞれが自身の人生の目標を達成するために仕事を行っていくスタイルをとっています。これまでの、上司・部下の関係から成り立っている「達成型組織」から抜け出し、新しい現代人の生き方を提供できる場所として成果を収める組織を作ることを目標としております。



■当社の強み・特徴

当社は、マーケティングコンサル事業を主軸とし零細~中小企業のコンサルティング事業を展開しております。全社員がリモートで働いているため、海外在住者や地方在住者、家を離れられない主婦(夫)の方などの多様な働き方を提供することにより社員満足度は向上し、そして全員が「お客様の課題解決」を主語に、オフィスがなくても軸を一にし一丸となって成果を上げています。目指している“ティール組織”に近づくにつれ、社員定着率は25%→67%超へ向上し、そのことによりお客様の満足度向上にもつながっています。



■今後の展開

オレコンは今後、日本を代表とするティール組織を実践する企業となり、次世代への新しい働き方を提供し、お客様はもちろん社員にも「俺の人生のコントロール=オレコン」を取り戻し、本来の人生の豊かさを享受できる働き方をしてもらいたいと考えています。そのような働き方、生き方を提供することによって今後の日本経済の発展に貢献したいと考えています。



■会社概要

商号  : 株式会社オレコン

代表者 : 代表取締役 山本 琢磨

所在地 : 〒542-0081 大阪市中央区南船場3-12-21-4F

設立  : 2013年4月18日

事業内容: グループの経営統括・管理、マーケティング事業、

      コンサルティン事業、タレントプロデュース事業、投資育成事業

URL   : https://www.orecon.co.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「161371」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報