健康に関する最新レポートをmicrodiet.netにて公開 『「ホットヨーグルト」はダイエットや花粉症対策にも効果的?』

ロングセラーのダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社(本社:東京都中央区/代表取締役社長:西村正弘)は、ダイエット情報発信サイト【microdiet.net】にて調査レポート『「ホットヨーグルト」はダイエットや花粉症対策にも効果的?』を公開致しました。


https://microdiet.net/diet/001124.html



まだまだ寒い日々が続いていますが、春はもうすぐそこまで来ています。花粉症の人は、症状が出る人が増えてくる時期でもあります。


花粉症に効果がある食べ物として知られているのは何といってもヨーグルトですが、寒い時に冷たいヨーグルトはあまり食べたくないもの。

花粉症だけでなく美容や健康にも良い食べ物なので、季節を問わず食べるのがベストとは言え、お腹の冷えも気になるところ。

そこでおすすめしたいのが、「ホットヨーグルト」です。


その名の通り、ヨーグルトを温めるだけなのですが、冷たい状態で食べるよりもお腹が冷えないことはもちろんのこと、温めて食べるため胃腸が冷えず、消化吸収の機能が高まりヨーグルトの持つ美容健康効果が発揮されやすくなると言われています。


そして、更にヨーグルト効果を引き出すのなら朝ではなく夜に食べるのがおすすめ!

人間の体は1日の中で、朝は排泄、昼は食べたものを消化し栄養の補給、夜間は吸収というリズムがあります。

朝にお通じがあったり、夜遅くに食べると太りやすかったりすることからも、このリズムは実感できると思います。

こうした体のリズムには、腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」があり、22時~翌2時がその時間帯だと言われています。


この時間に合わせて腸を整えるヨーグルトを食べることで、腸のゴールデンタイムをさらに後押しすることができるというのが、夜にヨーグルトを食べることのメリットなのです。


夕食の時間帯にヨーグルトを食べることで、眠っている間に乳酸菌などの善玉菌が働いて腸が活性化し、腸内環境を整えたり、老廃物の排泄や有害物質を減らしたり、太りにくい体質作りに役立つとされています。


■ホットヨーグルトの作り方


ホットヨーグルトの作り方はとても簡単で、ヨーグルトを耐熱皿に入れてレンジで温めるだけ!

ただ、注意点がいくつかあります。


「ホット」と言っても、温める温度は40度前後。この人肌程度の温度が、善玉菌が活動するのに最適な温度なのです。

温度が上がり過ぎると、ヨーグルトの善玉菌は死滅してしまいます。

加熱時間はレンジの種類や出力、器、ヨーグルトの量により変わってくるので、初めはヨーグルト200gに水を大さじ2加えて混ぜ、レンジ1分で試してみてください。ヨーグルトを指で触ってみて温かさを感じる程度になるまで温めます。水を加えることで加熱ムラや分離を防ぐ効果があります。もし加熱後にヨーグルトが分離していたら温めすぎのサインですので、レンジのタイマーを短めに調整してください。


お好みではちみつ、フルーツ、シナモンパウダー等をトッピングしてお召し上がりくださいね。

食べる時間帯は夜をおすすめしましたが、基本的にはご自分の生活に合った時間帯でOKです。朝食代わりにしても良いですし、おやつとして食べても良いでしょう。1回に食べる量は100~200gを目安にしてください。


ホットヨーグルトのポイントは

1. 温める温度はお風呂と同じ程度の40℃

2. 食べるのは朝よりも夜

3. 分離したら温めすぎなので加熱時間を短縮する


この3つだけ!

とても簡単ですし、お腹を冷やさずにヨーグルトを食べることができるので、寒い時期はぜひ取り入れてみてくださいね。



詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事

『「ホットヨーグルト」はダイエットや花粉症対策にも効果的?』をご参照ください。

https://microdiet.net/diet/001124.html



■microdiet.netとは

 

microdiet.netは栄養学を専門に学んできた管理栄養士、数百名の方々のダイエットサポートを経験したスタッフの協力のもとに、正しい知識を知っていただくための情報を発信します。

 

また、国内・海外のダイエットに関連するニュース、独自でリサーチした結果を公開しております。

 

弊社ではこのサイトを通じて、ダイエットは自分の意識と工夫次第で結果が大きく違ってくる点、また自分自身の生活や健康についても、多くの方が考えるきっかけとなればと考えております。



■ダイエット食品『マイクロダイエット』について


「必要な栄養素をきちんと摂れば、摂取カロリーを抑えても健康を害さずにダイエットできる」というベリー・ロー・カロリー・ダイエット(VLCD)理論に基づいて、1983年に英国で開発されたダイエット食品が『マイクロダイエット』です。


通常の食事を『マイクロダイエット』に置き替えることにより、摂取カロリーを減らし、健康的なダイエットを目指します。


個人の生活や体質などが減量にはさまざまな影響を与えており、生活習慣 の見直しが必要になります。


英国で開発された『マイクロダイエット』は世界41カ国での販売実績で、サニーヘルス(株)が日本で発売を始めたのは1989年、以来360万人以上の方々に利用されてきました。その間さまざまな研究が行われ、多くの専門機関でも利用されています。


『マイクロダイエット』は、ドリンク・リゾット&パスタ・シリアル・プレミアムなど全16種類ラインナップをご用意しています。


発売から30年間、多くのダイエットが流行しましたが、『マイクロダイエット』はずっと安全性、確実性が高いダイエットとしてロングセラーを続けております。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「151191」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報