GRueと共同でマーケター向けの分析教育カリキュラムを開発[...|

GRueと共同でマーケター向けの分析教育カリキュラムを開発 [マーケターが創るデータ分析の価値]

トレーディングデスク事業(※1)を展開する株式会社エスワンオーインタラクティブ(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:高瀬 大輔、以下 エスワンオーインタラクティブ)と分析型マーケティングソリューションを展開するGRue株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:上野 俊明、以下 GRue社)は2017年5月の業務提携を経て、2017年11月にマーケター向けにアナリストのディレクションを円滑に行うことを目的とした教育カリキュラムを開発いたしました。


教育カリキュラムの構成


■背景

得られるデータが多様化し、分析対象のデータ量も増加の一途を辿ると同時に分析官による分析対応が進んでおります。一方でマーケターが分析官と連携するうえで、適切な仮説設定から分析目的の明確化、得られた示唆に対しての打ち手の再現性に鑑みることなくディレクションを行ってしまうケースが散見されます。事業視点をもったマーケター、データ起点で分析業務を担う分析官。両者の共通言語やベースとなる知識、知見が必要ではあるものの、分析領域の専門性の高さがハードルとなる、そもそも特異な領域がゆえに教育、組織体系等が分断されていることも一つの要因として上げられます。



■教育カリキュラムについて

エスワンオーインタラクティブは、GRue社と連携し、上記背景の課題に対してマーケター向けの教育カリキュラムを開発いたしました。基礎知識を得るための基礎編、実際の分析業務をワーク形式で行う応用編の2つの構成となっており、マーケターが分析官含め、分析案件をより適切にディレクションすることに寄与するものとなっております。



■今後の展開について

まずは年内にカリキュラムの基礎編を無料セミナーとして展開し、その後、ワーク形式カリキュラムを有料版として外部のマーケター向けに展開してまいります。マーケティング活動がデジタル化し、並行してプロモーションもデジタル化していくなかで、本カリキュラムを通じてエスワンオーインタラクティブとGRue社で共同してマーケター向けにカリキュラムを提供することで、より円滑にデジタル化するマーケティング活動を実行することに寄与してまいります。



(※1) トレーディングデスク

広告主様に対して複雑化した広告配信技術導入を支援し、広告キャンペーンの設計からレポーティングまでの運用をワンストップで行う。オンライン広告で、複数のメディアやアドネットワークを横断し、最適した入札・購入を行う組織。



Copyright (c) s1o interactive.inc All Rights Reserved.

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「141599」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報