春爛漫!オトナの贅沢を彩る銀座の会席料理店「Kuma3」が、...|

春爛漫!オトナの贅沢を彩る銀座の会席料理店「Kuma3」が、 2月下旬から 麗らかな春の訪れを感じる旬のメニューを開始! ~カクテル前菜、白アスパラ&筍のソテー 黒トリュフ添え、 厳選いちごワインゼリーなど~

数々の“食通”を魅了し続け、女性客が増加中のNeo Japanese Dinner「Kuma3」(読み:くまさん)は、春を堪能できる華やかな旬のメニューを2月下旬からスタートします。春の素材をふんだんに使った「春爛漫!春の魚介の盛り合わせ」や、同店の料理の真骨頂でもあるぷるぷるジュレを用いた爽やかな「魚介とオレンジの酢の物 カクテルサラダ風」、「白アスパラと白子の焼物 黒トリュフ添え」、「厳選いちごのワインゼリーと自家製アイス」など、ギリシャ食器をはじめとする涼やかなガラスの器で、春の訪れを旬のお料理とともにご堪能いただけます。

春爛漫!春の魚介の盛り合わせ
春爛漫!春の魚介の盛り合わせ

【麗らかな春の訪れを感じるコースメニュー(一例)】
■「春爛漫!春の魚介の盛り合わせ」
今が旬のサヨリを昆布で〆たひと口サイズの「細魚昆布の棒寿司」。食べごたえのある千葉産の大ぶりな「焼き蛤」。春の味・木の芽をペーストにした白味噌のタレで和えた、香り高い旬のヤリイカはグラスに爽やかに盛って。海老の頭から取った味噌に醤油などを加えた濃厚な旨みの「巻き海老共味噌和え」。「銀杏雲丹粉まぶし」は、雲丹を蒸して裏ごしを繰り返し、粉状にしたものをまぶしたオレンジ色の銀杏。コロコロとして可愛らしい見た目です。手間のかかる和食の伝統的な調理と、料理人・添野のアイディアが融合して生まれた料理の競演が、ガラスのギリシャ食器の上で繰り広げられます。提供時には思わずお客様から笑顔がこぼれるほど。シャンパンやビールなど最初の泡ものを味わった後で、ワインや日本酒に移行する頃合の3~4品目に提供されます。お酒がさらにおいしく進む風情のある春爛漫の一品です。

・春爛漫!春の魚介の盛り合わせ
http://www.atpress.ne.jp/releases/57074/img_57074_1.png


■「魚介とオレンジの酢の物 カクテルサラダ風」
プリッとした縞海老の甘さ、シャキシャキとした浜防風(セリ科)の爽やかな香り、濃厚な味わいの高級柑橘・せとかオレンジの酸味、旬を先取りしたとろりとした食感のうるいの苦味。これら旬の素材を土佐酢などで作った爽やかなジュレで包み込みました。春らしい軽やかな風味の酢の物です。カクテルグラスに盛り付けることで清涼感を演出した前菜。コースの始まりからお客様の心が躍り出します。春に旬を迎える貝類など、その日の市場で最高の魚介を厳選。撮影時は彩りも美しい縞海老(写真)。

・魚介とオレンジの酢の物 カクテルサラダ風
http://www.atpress.ne.jp/releases/57074/img_57074_2.png


■「白アスパラのグリルと白子のソテー 黒トリュフ添え」
これから旬を迎える太くて立派な白アスパラを和食店で味わう新感覚!香ばしくグリルした白アスパラを、まろやかな味わいのふぐの白子のソテーや、温泉卵の濃厚な黄身と一緒にいただきます。甘くて繊細な白アスパラに、白子と黄身のまろやかなコクが絶妙にマッチ。香り豊かな黒トリュフを乗せた贅沢なメニューで、提供した瞬間からトリュフの香ばしい香りが辺りに漂って、とてもリッチな気分を味わえます。斬新な赤色のギリシャ食器も、お客様の食への欲望を駆り立てます。


■「目抜のソテー たけのこと山菜」
脂ののった高級魚・目抜のソテーを風味豊かな旬の野菜たちと一緒に楽しく味わいます。香りのしっかりした筍や、苦味も美味な山菜・こごみ、独特な風味のたらの芽、クセになるおいしさの行者にんにく、しゃきしゃきしたヤングコーンなど、風味も食感も個性的な野菜たちのハーモニーは、心地よい春の野を連想させます。透明感のある鮮やかな赤のギリシャ食器は和食店とは思えない斬新なしつらえ。料理とのコントラストが見た目にも美しい逸品です。


・「白アスパラのグリルと白子のソテー 黒トリュフ添え」「目抜のソテー たけのこと山菜」
http://www.atpress.ne.jp/releases/57074/img_57074_3.png


■「厳選いちごのワインゼリー 自家製アイス」
あまおう、女峰など、その時々で一番おいしい苺を厳選して使用。苺を贅沢にまるごと潰し、白ワインのゼリーと合わせた珍しい“飲むスタイル”のデザート。ワインの芳醇な香りと苺のフレッシュ感が一体となって、とろりとした独特の食感に。春を感じる風情ある盛り付けと、鮮やかな苺の色が感動的。自家製アイスはバニラ、抹茶、黒糖などを日替わりで。


■「不思議。真っ白なフルーツトマト」
国内で生産者が4名ほどしかいないといわれる、大変希少で肉厚な愛知の“ロッソトマト”を使った遊び心満点のフルーツトマト。見た目は真っ白! でも箸先で割ってみると、中から真っ赤なトマトがお目見え。あえてトマトであることを告げずに提供される同店の人気のサプライズメニュー。トマトの濃厚な甘みと酸味、そして白いチーズソースのまろやかなコクのバランスが絶妙なおいしさです。


・「厳選いちごのワインゼリー 自家製アイス」「不思議。真っ白なフルーツトマト」
http://www.atpress.ne.jp/releases/57074/img_57074_4.png


■「Kuma3」のコンセプト
四季を感じさせて五感を刺激する料理と種類豊富なワインを、ラグジュアリーなモダン空間で楽しませる会席料理店。厳選されたこだわり食材から生み出される美味の数々に感動するだけでなく、皇族御用達の非売品のお椀を使ったり、美しいガラスのギリシャ食器などが登場したりと、和食器だけにこだわらない日本料理の概念を覆す器づかいも魅力です。オトナの贅沢を極めたディナーは、おもてなしにピッタリ。外国からのゲストをエスコートする店としても喜ばれています。

●「Kuma3」の2014秋冬メニューのリリースはこちら
http://www.atpress.ne.jp/view/53135


【店舗概要】
正式店舗名: 「Kuma3」
所在地  : 東京都中央区銀座5-5-14 GINZA GATES 8F
電話   : 03-6274-4777
営業時間 : ランチなし、ディナー 17:30~23:00(LO 21:00)
定休日  : 土曜、日曜、祝祭日
坪数   : 47坪
席数   : カウンター8席、個室4部屋(最大14名)
客単価  : 「やなぎ」13,000円(税抜)、「みゆき」18,000円(税抜)、
       「さくら」25,000円(税抜)の3種のコース。
店舗URL  : http://www.ginza-kuma3.com

カテゴリ
店舗
ジャンル
フード・飲食 | その他ライフスタイル

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「57074」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ