小児がん治療開発を支援するためのウェブサイト『THE 検索タ...|

小児がん治療開発を支援するためのウェブサイト『THE 検索タロー』開設 ~ 小児がん治療開発情報サイト・小児がん拠点病院周辺マップも公開中 ~

2014.06.13 16:00

 株式会社 博士タロー(所在地:神奈川県小田原市、代表取締役 / 薬学博士:長谷川 豊)では、医療分野の研究開発環境の整備を総合的かつ効果的に行うための「健康・医療戦略推進法」と「独立行政法人日本医療研究開発機構法」が国会で成立したことから、今後の小児がん治療開発戦略を慎重に検討し、小児がん治療開発環境の整備と同時に、戦略的治療薬開発プライオリティー設定支援サイトとなるよう、「小児がん治療開発情報」を開設しました。

上:小児がん生存率、下:小児固形腫瘍生存率
上:小児がん生存率、下:小児固形腫瘍生存率

『THE 検索タロー』
http://KensakuTaro.JP
「小児がん治療開発情報サイト」
http://ClinicalTrials.ChildhoodCancer.JP


■『THE 検索タロー』「小児がん治療開発情報サイト」制作の背景
 ~ 小児がんのための治療薬開発のために ~

 小児がんは小児に発生する悪性腫瘍の総称で、毎年およそ2,000~3,000人の小児に発症します。小児に最も多く発生するがんは、白血病などの血液系腫瘍で全体のおよそ35%を占めます。固形腫瘍に分類される神経芽腫の発生率はおよそ6%、ユーイング肉腫や横紋筋肉腫の罹患率は3%未満ですので、固形腫瘍患者数は血液系腫瘍と比較し極めて少ないことになります。この30年の間に、小児がんによる死亡率は大きく改善され、その平均生存率は70%以上に達したと報告されています。

 しかし、小児がんの生存率は悪性腫瘍分類によって大きく異なり、発症年齢や発生部位、がんの再発などに依存することが知られています(グラフ1)。その背景として、成人と比較して、小児を対象に行われた臨床試験数が極めて少ない上、罹患数の少ない小児がんでは十分な研究が行われていないため、生存率が未だ低いと考えられます(グラフ2・3・4・5)。

 小児がんは罹患数として多い疾病とは言えませんが、未だ、小児の死亡原因の病因として一位を占める疾病で、かつ、近年の罹患率は増えていると報告されています。
 また、海外では国家がん登録開始後20年以上が経過し、蓄積されたデータを解析することにより小児がん治療による後遺症が明らかとなっています。成人がんと異なる性質の小児がんに対する治療薬は、成人がんの治療実績の恩恵を受けるに留まらず、小児がんを分類した特定の小児疾患として治療薬を開発することが望まれます。

 当社では、少ないながらも信頼性や質の高い基礎研究および臨床研究報告が小児がん治療薬開発に応用できるよう、また一般の方のがんに対する治療薬開発や研究への理解が深まるよう、がん・小児がんに対する研究報告および治療開発調査・検索、情報サイトを制作しました。

(グラフ)
1. http://www.atpress.ne.jp/releases/47452/img_47452_1.jpg
2. http://www.atpress.ne.jp/releases/47452/img_47452_2.jpg
3. http://www.atpress.ne.jp/releases/47452/img_47452_3.jpg
4. http://www.atpress.ne.jp/releases/47452/img_47452_4.jpg
5. http://www.atpress.ne.jp/releases/47452/img_47452_5.jpg

(参考)
1.小児慢性特定疾患治療研究事業平成19年度悪性新生物登録
2.SEER Cancer Statistics Review, 1975-2007
  ( http://seer.cancer.gov/archive/csr/1975_2007/ )


■『THE 検索タロー』とは?
 『THE 検索タロー』は米国NCBI / NIHが一般利用を目的に公開しているライフサイエンス文献検索「PubMed」を利用しています。「PubMed」検索は専門医学・研究用語を検索語として入力することが必要なため、一般の方には検索が難しいのが現状です。また、論文を掲載する雑誌は大学や病院、研究施設など医局、研究室、図書館等の蔵書として専門家らだけが読むことができる雑誌と位置付けられてきました。
 近年、アメリカをはじめイギリスなどでは、一般の方でもインターネットで自由にライフサイエンス論文を閲覧できるサイトが設置され始め、研究報告掲載に対する著作権の考え方が変わり始めています。
 「THE 検索タロー」は、一般の方でも「PubMed」検索を利用し、がんに関する研究報告が調査・検索できるようにサイトを設計しました。悪性腫瘍名や調査・検索の絞り込み、掲載時期などをボタン操作で選択でき、PCからは勿論、スマートフォンまたはタブレット端末からも利用可能です。
 なお、『THE 検索タロー』を使い当社が作成したデータをもとに、「小児悪性腫瘍 VS 臨床試験相報告数」比較が、グラフを作って見ることができるサイト『THE 比較屋タロー』も開設しました。
サイトURL: http://ClinicalTrials.ChildhoodCancer.JP/Figures.html


■今後の展望
 当社では、国際疾病分類(ICD-10)と国際疾病分類腫瘍学(ICD-O-3)アプリを制作していることから、がん・小児がん以外の疾病に対応する『THE 検索タロー』を公開していきます。

 スマートフォン・タブレット用『THE 検索タロー』、「医薬品の臨床試験に関する省令ガイドライン」アプリを近日公開・販売予定。


 なお、当社では小児がん支援を目的とした小児がん患者・家族・専門家向け情報サイト( http://www.ChildhoodCancer.jp )を運営していることから「こども病院・がん拠点周辺施設マップ」も公開しております。
サイトURL: http://Map.HakaseTaro.COM


≪『THE 検索タロー』概要≫
サイト名 : THE 検索タロー
公開日  : 2014年6月13日
サイトURL: http://KensakuTaro.JP
内容   : 日本語ボタン操作による4つの検索機能を組み合わせた文献検索
      ※検索結果のグラフ表示あり
      ※モバイル端末対応
      1.小児に発生する23悪性腫瘍と成人に発生する13悪性腫瘍に
        関する文献調査・検索ボタン
      2.掲載時期、臨床試験タイプ、治療名など
        絞り込み用フィルターボタン
        (複数選択、“AND”または“OR”検索選択)
      3.悪性腫瘍研究を多く掲載する雑誌選択ボタン(複数選択可)
      4.ユーザー検索語設定


≪「小児がん治療開発情報サイト」概要≫
サイト名 : 小児がん治療開発情報サイト
サイトURL: http://ClinicalTrials.ChildhoodCancer.JP
      ※スマートフォン対応
内容   : 小児がん臨床試験データベース、期待される治験薬情報
      「医薬品の臨床試験の実施の基準」と
      「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令の施行について」
      掲載


【運営会社 概要】
会社名: 株式会社 博士タロー
代表者: 代表取締役 / 薬学博士 長谷川 豊
所在地: 〒250-0011 神奈川県小田原市栄町2-9-46 オービックビル3F
URL  : http://www.ChildhoodCancer.jp

カテゴリ
サービス
ジャンル
医療 | その他IT・インターネット

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「47452」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ