那覇市議会、タブレットを活用し紙資料を電子化 環境負荷の軽減...|

那覇市議会、タブレットを活用し紙資料を電子化  環境負荷の軽減と業務効率化で議論の深化を目指す

iOS/Android/パソコン向け、文書共有システム「SideBooksクラウド本棚」を提供している東京インタープレイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:米田 英輝、以下「東京IP」)は、沖縄県那覇市議会へ、議会資料の電子化を行うためのクラウドサービス「SideBooksクラウド本棚」の提供を開始いたしました。

那覇市議会でのタブレット研修会の模様
那覇市議会でのタブレット研修会の模様

那覇市議会では、38名の市議会議員にiPadを貸し出し、東京IPの提供する「SideBooksクラウド本棚」を利用して議案や予算案などの議会資料を電子化して共有、環境負荷の軽減、業務効率化のためにICT化を推進することとなりました。現在FAXで行っている連絡業務は、iPadへの情報配信に切り替え、議会資料も、当初は印刷物を併用するものの、徐々に印刷物を減らしていき、最終的にはあらゆる議会資料の電子化を予定しています。
これによって大量の紙資料を持ち歩く必要がなくなり、全文書への横断検索も可能となるため、議会における、より一層の議論の深化が期待されています。


【「SideBooksクラウド本棚」について】
神奈川県逗子市や東京都立川市をはじめ、現在26の議会において採用されております。
本システムは信頼性のあるセキュリティと実際の紙の文書を扱うような感覚でスムーズに閲覧ができるなど、初めての方でも直感的に利用できる、わかりやすいユーザーインターフェイスとしています。議会・行政や各種団体はもちろん、大小の一般企業までタブレットを活用したペーパーレス会議において多目的に活用することが可能となっています。


【SideBooksについて】
文書を閲覧するアプリの「SideBooks(サイドブックス)」は、AppStoreでも多くの評価をいただいている無料のビューアアプリで、軽快な動作とめくり感の良さ、使い勝手の良さが特長となっています。これまでにiOS/Androidを含め150万ダウンロードされるなど多くのユーザーに支持されています。
サイドブックス: http://sidebooks.jp/


【東京インタープレイ株式会社概要】
会社名: 東京インタープレイ株式会社
代表者: 代表取締役 米田 英輝
設立 : 2012年8月
所在地: 東京都千代田区岩本町1-12-4 大洋ビル4F-B
資本金: 3,000,000円
URL  : http://tokyo-ip.co.jp/

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「98202」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ