痛くないし熱くない、お洒落なはり・きゅうサロン「mythos...

痛くないし熱くない、お洒落なはり・きゅうサロン「mythos 361」、 イオンモール京都桂川に7月1日グランドープン ~90周年を迎える伝統校「明治国際医療大学」による新たな試み~

明治国際医療大学(京都府南丹市)は、阪急洛西口駅とJR桂川駅に隣接する大型商業施設「イオンモール京都桂川」内に、新感覚のはり・きゅうサロン、「明治国際医療大学京都桂川鍼灸院(通称:mythos 361(ミュトス サンロクイチ))」を7月1日に開院いたしました。

外観
外観

明治国際医療大学京都桂川鍼灸院(mythos 361:ミュトス サンロクイチ)
http://mythos361.meiji-u.ac.jp


従来の鍼灸治療は、腰痛や膝痛など病気に対する治療としての印象が強いものでしたが、「mythos 361」では、“病気にならない予防の観点”を重視した治療をおこないます。そのため、治療したい部位を自由に選べるように首・肩や腰、足など部位ごとの治療コースを設定し、料金も20分2,500円(会員2,000円)という手軽なプランとなっています。
また、イオンモール内にあることからショッピングや仕事帰りなど、空いた時間に気軽に立ち寄れるように、年中無休で9時から22時(最終受付21:30)まで開院しています。

鍼灸治療はお年寄りの治療というイメージがありますが、これまで若い人達が鍼灸治療を受ける機会は多くはありませんでした。そこで、「mythos 361」では、より多くの人に鍼灸の良さを体感いただく様々な取り組みを行います。
まず、若い人にも受け入れてもらえるように、ほとんどが女性スタッフである他、治療時間をゆったり過ごしていただけるようにサロン風のお洒落な作りとしました。また、アンチエイジングの一環として、女性に人気の美容を取り入れた「カジュアルコース」40分5,000円(会員4,000円)などもご用意。鍼や灸を受けたことのない方の多くが抱く痛くて熱いという先入観を変えるために、ローラー鍼と呼ばれる刺さない鍼を使用したり、耳ツボだけに特化したコース、機械で温度を制御できる電子灸やアロマ灸など、様々な工夫をすることで、一般の方々が持つ鍼灸に対するイメージの改革に挑戦します。

医療費が高騰している現在、病気を治すという視点から病気にならないという視点が注目されてきています。その意味で、鍼灸治療は元々養生という考えをベースにした治療であることから、重要性が今後益々増えると予想されます。
「mythos 361」は予防医療の最前線として、また今後の医療モデルの1つとして注目されると期待されます。


【明治国際医療大学京都桂川鍼灸院(通称:mythos 361) 店舗情報】
店舗名  : 明治国際医療大学京都桂川鍼灸院(通称:mythos 361)
所在地  : 〒601-8601 京都府京都市南区久世高田町376-1
             イオンモール京都桂川1F メディモール内
院長   : 伊藤 和憲(臨床鍼灸学講座 教授)
TEL    : 075-925-0361(予約専用ダイヤル)
営業時間 : 9:00~22:00
定休日  : なし
予約制  : 会員制度有
予約ページ: https://reserva.be/mythos361/

なお、報道関係者の方に対しまして、7月3日まで無料で体験いただく期間も設けておりますので、是非ご来院くださいますようお願いいたします。


【明治国際医療大学について】
明治国際医療大学は、大正14年(1925年)に大阪で創設された山崎鍼灸学院を起源とし、昭和53年(1978年)に3年制「明治鍼灸短期大学」を、昭和58年(1983年)に明治鍼灸大学、平成3年(1991年)に「大学院鍼灸学研究科修士課程」、平成6年(1994年)に「同博士課程」を本邦で初めて開学しました。
現在は、平成16年(2004年)に柔道整復師を育成する「保健医療学部柔道整復学科」を、平成18年(2006年)に看護師を育成する「看護学部看護学科」を設置し、統合医療を教育する総合大学として医療人の育成を行っています。
また、明治国際医療大学は、京都桂川鍼灸院(京都市南区)以外にも、大学附属病院(京都府南丹市)、附属統合医療センター(京都市西京区)、京都駅前鍼灸院(京都市下京区・2015年7月開院)を有し、教育 研究機関の役割とともに地域医療にも貢献しています。
また、創立90周年を迎えた本年、「スポーツ振興プロジェクト」を始動し、長年培ってきたスポーツ医療の知識・技術の教授に加え、競技施設の整備、指導者の招聘を通じ、アスリートとして、またスポーチトレーナーとしても第一線で活躍できる人材を育成しています。

カテゴリ:
店舗
ジャンル:
美容 健康・ヘルスケア

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。