世界で認められたアジアのトップモデルは“ひとえ・奥ぶたえ”多...

世界で認められたアジアのトップモデルは“ひとえ・奥ぶたえ”多数! これに反し“ひとえ・奥ぶたえ”の日本人女性の6割が 「パッチリとした目」に憧れ! また8割もの方が「理想のアイメイクになっていない」と不満! イミュが“ひとえ・奥ぶたえ”の女性726名に意識調査を実施

イミュ株式会社(本社:東京都中央区)では、この度、“ひとえ・奥ぶたえ”の日本人女性726名に対し意識調査を実施しました。
近年、世界で活躍するスーパーモデルは白人のみならずアジアンビューティも目立ち、日本人も目覚ましい活躍をしています。ミス・ユニバースでも、これまでに、日本代表者が世界の最高峰として選ばれています。

フィットカーラーグラフ1
フィットカーラーグラフ1

彼女たちの中には、目もとが二重まぶたではなく“ひとえ・奥ぶたえ”の方も多く、もはや“ひとえ・奥ぶたえ”は世界的に認められた美しさなのです。
しかしながら今回の調査では、“ひとえ・奥ぶたえ”であることをコンプレックスに「パッチリ目」になりたい人が6割、「イメージ通りのアイメイクにならない」と回答した人が8割も存在することがわかりました。
そんな「パッチリ目」になりたい“ひとえ・奥ぶたえ”の女性たちへ!
“ひとえ・奥ふたえ”専用のアイラッシュカーラーを、まつげメイクのエキスパート「イミュ株式会社」から販売しています。“ひとえ・奥ぶたえ”専用カーラーでまつ毛を根もとからカール。印象的なアイメイクが実現できます。
もはや“ひとえ・奥ぶたえ”で悩む必要はありません。


【調査サマリー】
[1]アイメイクの現状について
●“ひとえ・奥ぶたえ”の女性がなりたい目もとはダントツで「パッチリ目」。
しかしながら、アイメイク中の“ひとえ・奥ぶたえ”に不満の方は7割もいて、結果、アイメイクの仕上がりも「なりたい目もと」としてイメージした様に仕上がらず不満と回答した方が8割も。
●その不満は、“ひとえ・奥ぶたえ”であることに加えて「まつげの悩み」もあるからと回答した方は6割。

[2]アイラッシュカーラー(ビューラー)について
●“ひとえ・奥ぶたえ”の女性で現在使用するアイラッシュカーラーに不満を持っている方はなんと8割以上。
理由は、「カールをしてもすぐに下がってしまう」「まぶたをはさんでしまう」など。


【調査結果】
(1)“ひとえ・奥ぶたえ”の女性がなりたい目もとのイメージは、「パッチリ目」が断然トップ!

“ひとえ・奥ぶたえ”の方が「なりたいとイメージしている目」とはどんな目なのか調査したところ、半数以上の方が「パッチリした目(55.9%)」を選択する結果となりました。
以下「目ヂカラがある目(10.1%)」「存在感がある目(6.7%)」「涼しげな目(6.1%)」と続きます。
切れ長でクールな目もとが印象的な“ひとえ・奥ぶたえ”ですがあこがれの基本である、「パッチリ見開いた目」を望んでいることがわかります。


(2)アイメイク中の“ひとえ・奥ぶたえ”にモノ申したい女性は7割!
その結果、イメージ通りにアイメイクが仕上がらないと不満の方は、なんと8割!

■アイメイク時の“ひとえ・奥ぶたえ”について聞いたところ、「まぶたが覆いかぶさるのでメイクしにくい(40.9%)」が最も多く、「隠れている部分があるのでメイクしにくい(39.8%)」「まつげの根もとが引っ込んでいるのでメイクしにくい(20.4%)」と合計すると7割の方が“ひとえ・奥ぶたえ”によるアイメイクのしづらさを指摘する結果となりました。
※グラフ1
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_1.jpg

■しかも、アイメイクをしたときに(1)で聞いた「なりたいとイメージした目」の様に目もとが仕上がっているか聞いたところ、なんと8割の方ができていないと回答しました。理想と現実のギャップがここで明らかに。
※グラフ2
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_2.jpg


(3)“ひとえ・奥ぶたえ”の女性で、まつげによって「アイメイクがうまくいかない!」と思っている方は6割!
その理由は、1位「まつげが短い」、2位「まつげが下向きにはえている」。

■“ひとえ・奥ぶたえ”に加えて「まつげの悩み」が重なり、アイメイクがさらにうまくいかないと思っているか聞いたところ、6割の方が「そう感じる」と答えました。
※グラフ3
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_3.jpg

■“ひとえ・奥ぶたえ”の方のまつげは、まぶたが覆いかぶさり、まつげの根もとが奥に引っ込んでいるのが特徴。そこで“ひとえ・奥ぶたえ”の女性に「まつげの悩み」を聞いたところ、トップは「まつげが短い」。続いて「まつげが下向きにはえている」「まつげがまばら」「細い」と答えました。
※グラフ4
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_4.jpg


(4)“ひとえ・奥ぶたえ”の女性は現在使用中のアイラッシュカーラーに8割以上が不満!

まつげが下がっていると言った悩みならば、アイラッシュカーラー(ビューラー)を使用すればその悩みがかなり解消できるはずですが、「はさむタイプの一般的なアイラッシュカーラーを使用している」と回答した444名に対し、アイラッシュカーラーの不満を聞いたところ、「カールをしてもすぐに下がってしまう(51.1%)」「キレイなカールにならない(41.2%)」など、合計すると8割以上の方が不満を持っていることがわかりました。さらに「まぶたをはさんでしまう」「根もとからまつげをつかめない」など、“ひとえ・奥ぶたえ”の方ならではのアイラッシュカーラーの悩みもはっきりしてきました。
※グラフ5、6
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_5.jpg


【まぶたをはさまず隠れたまつげもしっかりカールする
 “ひとえ・奥ぶたえ”用のまつげカーラー「アイプチ(R) フィットカーラー」】
“ひとえ・奥ぶたえ”の方が一般的なアイラッシュカーラーを使用した時の悩み「まぶたをはさんで痛い」「まぶたが邪魔でまつげがつかめない」といった声に応えたのが「アイプチ(R) フィットカーラー」。覆いかぶさるまぶたをはさまずに持ち上げて、隠れていたまつげの根もとをしっかりつかめる様に設計しました。
根もとからアップしたまつげは長さを保った上向きで、目ヂカラもアップします。


■製品情報
製品名:アイプチ フィットカーラー
価格 :¥1,500(税込¥1,620)
販売 :全国のバラエティショップなどで発売中


■アイプチ フィットカーラーの特長
<特長(1) まぶたに隠れていたまつげの生えぎわがしっかり見える!>
眼球のカーブにぴったり合わせた設計なので、ひとえ・奥ぶたえまぶたのアイホールにちょうどよくフィット。また、通常のアイラッシュカーラーよりも大きく盛り上がった先端部で、まぶたを持ち上げやすくしました。
まつげの生えぎわがよく見えて、隠れたまつげの根もとをしっかり確認してからつかめるので、簡単に根もとからカールすることができて、まぶたをはさむ心配もありません。
※フィットカーラートップ部分図の比較
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_6.jpg


<特長(2) 目頭から目尻まで一気につかめる!>
日本人のまぶたに合わせたロングカーブなので、目頭から目尻まで逃さず一度にキャッチしてしっかりカールします。


<特長(3) まつげが途中で折れない!>
弾力にすぐれたクッションゴムの採用により直角に折れることのないきれいなカールに仕上がるので、まつげが上方向に扇型にひろがり目がパッチリ美しく見えます。

短いと思っていたまつげや、下向きにはえているまつげも、フィットカーラーで根もとからアップすればしっかり長さを保った上向きで目ヂカラもアップ!“ひとえ・奥ぶたえ”だからといって理想のアイメイクをあきらめる必要はありません!
※フィットカーラー従来品との仕上がりの違い
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_7.jpg


■使用方法
※フィットカーラー使用方法
http://www.atpress.ne.jp/releases/60080/img_60080_8.jpg


■使用者の声
●今まで使っていたものよりも、目にフィットし、まつげが簡単に上がるので使いやすい。
●まつげがしっかり上がって、目が大きく見えた。
●確かに根もとからカールが出来て、いつもよりも目が大きく見えた。フィットするためまつげの取りこぼしもないし、目頭から目尻まで、一本残らず綺麗に上がった。


【調査概要】
“ひとえ・奥ぶたえ”の方のメイクアップ時のまつげ悩み調査
・対象者 :15~39歳のひとえ・奥ぶたえまぶたの女性 計726名
・調査日 :2014年12月17日
・調査方法:インターネットアンケート
※本リリースに含まれる調査結果をご掲載いただく際には、必ず「イミュ調べ」と明記下さい。


【お客様のお問合わせ】
イミュ カスタマーセンター
〒104-0061 東京都中央区銀座4-8-10
TEL: 0120-371367
URL: http://www.imju.jp/

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
美容 生活用品・雑貨

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。