全国初、地域限定!高速無線通信サービス『地域WiMAX』を利...|

全国初、地域限定!高速無線通信サービス 『地域WiMAX』を利用した先進的な情報通信設備を構築

~災害に強い情報連携双方向通信システムを実現~

「千年続く会社」を目標として、誠意をもって電気通信工事業を展開する大日通信工業株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長:吉森 紀一)はこれまで培った53年のノウハウを結集し、関係会社とアライアンスを組み、全国初、地域限定の高速無線通信サービス『地域WiMAX』を利用した先進的な情報通信設備を構築しました。
当システムは災害に強い情報連携双方向通信システムとして利活用が可能です。
http://www.dainichi.posta.co.jp/dtk/

タブレット型端末を試験運用する伊藤町長
タブレット型端末を試験運用する伊藤町長

●背景、システム概要
当システムは、東日本大震災時に経験したいくつかの課題を教訓に、自治体初の地域WiMAX(ワイマックス)免許を取得し、『災害に強い情報連携双方向通信システム』を構築したものです。

【東日本大震災時の課題】
(1)停電による情報通信機器他の停止
(2)町外にある通信業者の機能ダウンによる固定電話・携帯電話の不通
(3)各市町村と住民間の通信手段が途絶(若しくは局所的な通信のみ可能)
(4)被災状況・安否情報の入手不可

【当システムの特長】
(1)商用電源が停止しても停電補償機器でバックアップされる為、通信機能は損なわれません。可搬型発動発電機を接続する事により、長時間の運用が可能となります。
(2)センター局から各基地局間のアプローチ回線が有線(光回線)/無線(マイクロ回線)の2回線に冗長化されており、どちらかの回線が切断されても運用可能です。
(3)IP端末機器を無線送受信機に接続し、「地域WiMAX」による双方向通信が可能です。また、端末を限定しない拡張性のあるシステムの構築も可能(Androidアプリ、町内無線LAN環境による住民間の通信や行政情報提供に加え、防災・防犯・福祉分野等、広範囲に利活用可能である)
(4)情報通信施設と連携した災害関連情報の一元管理機能(エリアメール・IP告知等)容易に構築可能です。


●会社概要
商号    : 大日通信工業株式会社
代表者   : 代表取締役社長 吉森 紀一
本社所在地 : 兵庫県尼崎市西長洲町2丁目6番23号
設立年月日 : 1960年6月
主な事業内容: 情報通信インフラ設備、通信プラント設備ならびに
        各種電気設備全般の工事計画、設計、施工、品質管理、保守
        情報通信機器、映像情報機器、OA機器の総合販売
資本金   : 119百万円
URL     : http://www.dainichi.posta.co.jp/dtk/

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け
お問い合わせ先

@Press運営事務局までご連絡ください。
ご連絡先をお伝えいたします。
お問い合わせの際はリリース番号「35848」を
担当にお伝えください。

  • お電話でのご相談はこちら 03-5363-4870 @Press運営事務局 平日9:30~18:00
  • Webからのご相談はこちら
    お問い合わせフォームへ