明治学院大学心理学部付属研究所、インクルーシブ社会の実現に向...

明治学院大学心理学部付属研究所、 インクルーシブ社会の実現に向けて11/12にセミナー開催

障がい者も含む「私たち」の社会を目指して、 音楽や体育などの文脈から学びます。

明治学院大学心理学部付属研究所では2022年度公開セミナーとして「できないをできる世界に 障がい理解を超えたインクルーシブ社会の実現に向けて」を開催いたします。

本セミナーでは、心理学部教育発達学科の教員が講師として各テーマに沿って講演を行い、音楽や体育の文脈を通して障がい者も含む「私たち」の新たな秩序の創造に向けた障がい理解について、学ぶ機会を提供します。



□本セミナーのポイント

(1) 障がいを「できない」ではなく、「できる」という点から理解する

(2) 音楽教育学・体育教育学・数学教育学の専門分野から障がいを抱える人への理解を深める


(1) 障がいを「できない」ではなく、「できる」という点から理解する

障がいにおける物理的・機能的欠損を「〇〇ができない」と捉えるのではなく、むしろ障がいによって発達した機能やルールの理解を通して、「〇〇ができる」と理解できるようになることを目指します。


(2) 音楽・体育・数学教育学の専門分野から障がいを抱える人への理解を深める

以下3名の講師がそれぞれの専門分野から講演を行います。


水戸 博道教授【テーマ】音楽を聴くということ、音楽を演奏するということの広がり

岡田 悠佑助教【テーマ】障がい者スポーツからアダプテッドスポーツへ

辻 宏子教授【テーマ】「ない」を考える



□セミナー詳細

■日程 11月12日(土)

■時間 13:00から15:00

■場所 明治学院大学 白金キャンパス アートホール

■参加費 無料

■申し込み方法 以下URLより必要事項を記入の上お申し込みください。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/c0226a3b758425

■主催 明治学院大学心理学部付属研究所

セミナーの詳細や各講師のプロフィールについては添付のPDFをご確認ください。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報