【バンタカフェ】青い海を眺めながらトロピカルフルーツを堪能す...

【バンタカフェ】青い海を眺めながらトロピカルフルーツを堪能する「まーさんトロピカルフェア」開催|開催日:2022年7月1日~8月31日

圧倒的な絶景とスケールを誇る海カフェ「星野リゾート バンタカフェ」では、2022年7月1日から8月31日まで、青い海を眺めながらトロピカルフルーツを堪能する「まーさん*1トロピカルフェア」を開催します。マンゴーやパイナップル、バナナなど、夏に収穫時期を迎えるフルーツを楽しむイベントです。マンゴーの食べ比べもできる6種のフルーツを盛り込んだ特別朝食や、フルーツを堪能するデザートのようなドリンクも提供します。また、7月9日から8月14日の土日には、生産者からフルーツを購入できる商店「浜辺のマチヤグヮー*2」もオープン。真夏の太陽と青空の下でトロピカルフルーツを堪能できます。
*1「まーさん」とは、おいしいという意味の沖縄の方言。
*2「マチヤグヮー」とは、小さな商店を表す沖縄の方言。

背景

沖縄県では、亜熱帯の気候と隆起珊瑚の独特の土壌を活かし、パイナップルやマンゴー、バナナなど「トロピカルフルーツ」と呼ばれるさまざまなフルーツが栽培されています。暑い夏の到来とともに多くの品種が収穫のシーズンを迎え、木成りで熟してから収穫されるフルーツは、その強い甘みと濃厚な味わいが特徴です。真夏の沖縄で南の島らしいフルーツを味わってほしい、生産者のこだわりを知ってほしいという思いから2021年にイベントを開催にいたりました。2年目となる今年は栽培時の姿をうかがえる体験型のワンハンドグルメや、フルーツの食べごろがわかるカレンダーが新たに登場し、トロピカルフルーツをより一層楽しむことができます。

「まーさんトロピカルフェア」特徴

1 トロピカルフルーツの商店「浜辺のマチヤグヮー」

生産者が店を開く「浜辺のマチヤグワー」では、フルーツの購入ができるだけでなく、品種ごとの特徴やおすすめの食べ方、こだわりなどを知ることもできます。カゴいっぱいに並んだフルーツには3日後、5日後など、購入したあとに食べごろになるフルーツもあります。フルーツには、日めくりの「食べごろカレンダー」を添えているので、最高のタイミングで楽しめるだけでなく、食べごろまでの時間を楽しく待つことができます。
期間:7月9日~8月14日の毎週土・日
時間:9:00~13:00
<フルーツ生産者>
・マンゴー|ぴりなふぁーむ
まぶしい太陽のもと、植物が光合成しやすい環境を整えることに注力。土壌の分析や細かな施肥計画、徹底した温度管理を行い、理論的かつ丁寧に様々な品種のマンゴーを育てています。

・ゴールドバレルパイン|山パ農園
山と海が近く、湧き水が豊富な土地でゴールドバレルパインを栽培。人や植物、まわりの生物にとってよりよい環境を目指し、末永く続けていける農業の在り方を求めて日々研究と実践を行っています。

・アップルバナナ|マルエスファーム
栄養価の高さにこだわった「アップルバナナ」を栽培し、サトウキビの搾りかすを使った循環型農法を実践。環境にも人にも優しいフルーツづくりを目標に、日々作物と向き合っています。

2 軸成りの食べごろバナナを楽しむ「もぎたてワンハンドバナナ」【NEW】

バナナは高さ3~5メートルになる大型の草本植物です。およそ80cmにもなる軸ごとのバナナが浜辺のマチャグワーに登場します。浜辺のマチヤグヮーでは店主に食べごろのバナナを見極めるポイントを聞き、熟していくにつれ緑から黄色へ変わっていくバナナを、収穫するかのように軸からもいで、もぎたての味わいを楽しむことができます。

期間:7月9日~8月14日の毎週土・日
時間:9:00~13:00
料金:バナナ1本 150円

3 マンゴーの食べ比べもできる特別朝食「くわっちー*モーニング」【NEW】

期間中の毎週土・日は1日2セット限定で、食べごろのフルーツの香りや食感、味わいを堪能する特別朝食「くわっちーモーニング」を提供します。沖縄の植物で編んだオリジナルのバスケットには、3種類の異なる品種のマンゴーに、パイナップルなど食べごろのトロピカルフルーツをふんだんに盛り込みました。マンゴーの品種は甘味と酸味のバランスがよく、爽やかな香りが特徴のアーウィンや、とろりとした濃厚な甘味のキーツなど、その日に食べごろを迎えた品種ごとの違いを楽しめます。フルーツはそのままの味わいが楽しめるほか、タコスやクロワッサンサンドで堪能します。
*「くわっちー」とは沖縄の方言で、小さな商店のこと
期間:7月9日~8月14日の毎週土・日
時間:8:00~9:30ラストオーダー
料金:1セット2名分 8,000円
内容:・食べごろのフルーツ6種
マンゴー3種(アーウィン、ヘイデン、キーツ、ケンジントンブライトなど)、
ドラゴンフルーツ2種、パイナップル(ゴールドバレル)、バナナ
・マンゴーと生ハムのタコス
・好みのフルーツとソースを合わせて味わう黒糖入りの沖縄版クレープ「ポーポー」
・バジルが香るパイナップルのクロワッサンサンド
コーヒーまたはハーブティー など
予約:1日2セット 公式サイト([https://banta-cafe.com/]{https://banta-cafe.com/})より予約可能

4 時間の流れとともに楽しめるドリンク「もっとトロピカルちゅらーと」

沖縄の方言で美しいという意味の「ちゅら」と「ジェラート」を合わせたバンタカフェのメニュー「ちゅらーと」。トロピカルフルーツフレーバーのちゅらーとに、シャリシャリに凍らせたフルーツを合わせた「もっとトロピカルちゅらーと」を今年も販売します。まずはスプーンでパフェのように味わい、溶けたらストローでシェイクのように楽しむ、海を眺めながらゆっくりと堪能できるデザートのようなドリンクです。さらに、今年はフルーツリキュールを合わせた「大人のもっとトロピカルちゅらーと」も販売し、大人も南国気分を満喫できます。
「もっとトロピカルちゅらーと」
<マンゴーとマンゴー>
ちゅらーと「マンゴー」+フローズンのマンゴーとパッションフルーツ+さんぴん茶
<パインとパイン>
ちゅらーと「パイナップル」+フローズンのパイナップルとシークヮサー+パイナップルジュース
<ミルクとバナナ>
ちゅらーと「ミルク」+バナナ、フローズンのドラゴンフルーツ+ミルク
「大人のもっとトロピカルちゅらーと」
<マンゴーとパッションフルーツ> マンゴーとマンゴー+パッションフルーツのリキュール
<パインとシークヮーサー> パインとパイン+シークヮーサーのリキュール
期間:7月1日~8月31日
時間:10:00~ラストオーダー日の入り
料金:「もっとトロピカルちゅらーと」    1,200円
「大人のもっとトロピカルちゅらーと」 1,400円

「まーさんトロピカルフェア」概要

開催日:2022年7月1日~8月31日
時間 :8:00~日の入り後1時間 メニューによって異なります。
場所 :星野リゾート バンタカフェ
*フルーツの販売とメニューの内容は収穫状況と仕入れ状況によって変わります。
*表示価格は全て税込みです。
<最高水準のコロナ対策宣言>
[https://banta-cafe.com/topics/128/]{https://banta-cafe.com/topics/128/}
星野リゾートでは、衛生管理と3密回避の対策を行っております。
関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/u/1/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}

星野リゾート バンタカフェ

圧倒的な絶景とスケールを誇る国内最大級の海カフェ。海を見渡す崖の上から浜辺へと続く敷地内には個性豊かな4つのエリアがあり、その日の気分で見つけたお気に入りの場所で、沖縄らしいドリンクやフードが味わえます。
所在地 :〒904-0327 沖縄県中頭郡読谷村儀間560
電話  :098-921-6810
営業時間:10:00~日の入り後1時間(日の入りにてラストオーダー)、
土日祝は8:00~
アクセス:那覇空港より車で約60分、那覇空港からリムジンバスで約90分
開業日 :2020年7月1日
URL  :[https://banta-cafe.com/]{https://banta-cafe.com/}
カテゴリ:
サービス
ジャンル:
レジャー・旅行

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。