不正検知市場は2030年に1,383億米ドルの規模になると予測|CAGR 17.8%

不正検知・防止の世界市場規模は、2020年に278億米ドルでした。不正検知の世界市場は、2021年から2030年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)17.8%で成長し、2030年には1,383億米ドルに達すると予測されています。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol35

影響を与えている要因

不正行為の事例が増加しているため、組織は不正行為の検知・防止方法の導入を余儀なくされています。その結果、今後数年間の市場成長を促進することになります。
ビッグデータ分析やクラウドコンピューティングの登場、業界の進歩の高まりなどが、不正行為の検知・防止市場を後押しすると予測されます。クラウドインフラは、組織がデータやアプリケーションを管理するためのリモートサーバーアクセスを可能にします。また、サイバー攻撃の可能性も高まります。そのため、企業はデータを保護するために不正検知・防止ソリューションを利用しています。
しかし、ソリューションやサービスにかかるコストが高いため、分析期間中の市場成長が鈍化する可能性があります。
不正行為分析ソリューションは、データを監視して不正行為を認識するのに役立つため、需要が大きく伸びると予測されます。さらに、この業界での進歩は、分析期間中に市場のプレーヤーに利益をもたらすでしょう。

地理的分析

世界の不正行為検知・防止市場では、北米が最も高いシェアを占めると予測されています。この地域の成長は、急速に増加する不正行為、AIベースのソリューションの導入の増加によるものと思われます。さらに、機械学習とモノのインターネット(IoT)に対する不正検知の需要が増加していることが、予測期間中の北米市場に利益をもたらすと予測されます。

アジア太平洋地域は、世界の不正検知・防止市場で急速な成長を記録すると予測されています。これは、不正検知・防止ソフトウェアの導入が進んでいることや、政府機関や民間企業におけるクラウドベースのサービスの利用が拡大していることによるものです。さらに、不正行為の事例が増加していることも、アジア太平洋地域における世界の不正検知・防止市場に恩恵をもたらすでしょう。

COVID-19インパクト分析

世界の不正行為検知・防止市場では、効率的なソリューションに対する需要が急激に高まっています。COVID-19の流行により、様々な政府機関や民間企業が仮想モデルでの運営を開始しました。これにより、クラウドベースのシステムへの依存度が高まりました。そのため、不正行為が急激に増加しました。不正行為からデータを守るために、企業はデータを安全に暗号化しておくための不正検知・防止ソリューションを導入し始めました。

さらに、ユーザー数が急激に増加したことで、詐欺師が病院や政府から保険金を得る機会が生まれました。そのため、医療機関、銀行、政府機関は、不正行為の発生源を追跡し、サイバー攻撃からデータを守るために、不正検知・防止ソフトウェアを採用しました。

市場の競合他社

FICO
Fiserv
FISグローバル
オラクル・コーポレーション
IBM Corporation
SAP SE
ラバストーム
ACIワールドワイド
SAS Institute Inc.
NCR株式会社
その他の著名プレイヤー

市場区分

デプロイメントタイプ別

クラウド
オンプレミス

エンドユーザー別

中小企業(SME)
大企業

業界別

BFSI(銀行、金融サービス、保険)
小売業
ヘルスケア
不動産業
製造業
その他

サービス別

プロフェッショナルサービス
マネージドサービス

ソリューション別

不正行為分析
認証

地域別

北アメリカ
アメリカ
カナダ
メキシコ
ヨーロッパ
西ヨーロッパ
イギリス
ドイツ
フランス
イタリア
スペイン
その他の西欧諸国
東欧
ポーランド
ロシア
その他の東欧諸国
アジア太平洋
中国
インド
日本
オーストラリア・ニュージーランド
ASEAN
その他のアジア太平洋地域
中東・アフリカ(MEA)
アラブ首長国連邦
サウジアラビア
南アフリカ共和国
MEAのその他の地域
南米
ブラジル
アルゼンチン
南米のその他の地域

レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=Pol35

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
その他ライフスタイル

取材依頼・商品に対するお問い合わせに関しては
プレスリリース内にございます企業・団体に直接ご連絡ください。