海外先進100社の成功アプローチを解説する「DXナビゲーター...

海外先進100社の成功アプローチを解説する 「DXナビゲーター」を監訳・出版  ~既存事業の強化と新事業創出を両立するDX実践法を紹介~

海外の有力イノベーション手法を日本市場に導入する専門企業、株式会社マキシマイズ(本社:東京都中央区、代表取締役:渡邊 哲、HP: http://www.maximize.co.jp 、以下 マキシマイズ)は、デジタル化による既存事業の強化と新事業創造を両立させることでDXを成功に導くための実践法を解説した「DX(デジタルトランスフォーメーション)ナビゲーター」(原著:“The Digital Transformer's Dilemma”、著者:カロリン・フランケンバーガー他)を、2021年7月20日に翔泳社より監訳・出版いたしました。DXナビゲーターは全国大手書店及び書籍販売サイト( https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798170695 )で購入できます。本書で紹介しているテンプレートと記載サンプルは( https://www.maximize.co.jp/dxn-dl/ )からダウンロードできます。


書籍表紙イメージ


■「DXナビゲーター」書籍概要

DXによる製品サービスやビジネスモデルの変革が叫ばれる中、企業経営者や、DX担当者の皆さんは、具体的にどのように取り組めばよいのかわからない、AIやビッグデータを導入すればDXなのか、といった疑問をお持ちではないでしょうか?

DXでは、デジタル化により既存事業を強化して稼ぎ続けることと、将来を見据えて既存のビジネスモデルを変革し、デジタルを核とした新事業を創造することを両立する必要があります。ところがこれら2つの取組みは、既存事業の強化と破壊という自己矛盾を抱えており、同一組織内で同時に実行することが困難です。

DXナビゲーターでは、欧州をはじめとするDX先進企業100社の責任者へのインタビューを通じて、DXに内在する矛盾を各社がどのように乗り越えたかを、戦略、組織、技術、プロセス、リーダーシップ、人材、文化の各側面から具体的な手法として取りまとめています。さらに、読者がDX先進企業のベストプラクティスを自社のDX実現に活用できるように、これらの知見をテンプレートの形にまとめています。

既存事業の強化と、新規事業の創造の両立という真のDX実現の手引書としてご活用ください。DXナビゲーターは全国大手書店及び書籍販売サイト( https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798170695 )で購入できます。本書で紹介しているテンプレートと記載サンプルは( https://www.maximize.co.jp/dxn-dl/ )からダウンロードできます。


また、本書は八重洲ブックセンターの週間売上ランキング(8月2日~8月8日)で2位を獲得したことを、あわせてお知らせします。


【目次】

Introduction

●Part1 WHY TO ACT なぜ行動するのか?

・Chapter1 行動か倒産か、決断のときがきた

●Part2 WHAT TO DO 何をするのか?

・Chapter2 戦略、ビジネスモデル、各種デジタル施策の対立を止め、結束させる方法

●Part3 HOW TO DO どのように実現するのか?

・Chapter3 組織:柔軟な組織を構築するには?

・Chapter4 テクノロジー:変革の推進力としてテクノロジーを活用するには?

・Chapter5 プロセス:どのように目的を達成するか?

・Chapter6 リーダーシップ:何をリーダーに求め、どのようにリーダーを探すか?

・Chapter7 人材:何を人材に求め、未来の戦力をどう構築するか?

・Chapter8 文化:どのように組織を活気づけ、団結を促進するか?

●Part4 WHERE TO SEE RESULTS どこで結果を見るか?

・Chapter9 楽しむためではなく、結果を求めて実行する

Conclusion


【書誌情報】

●DX(デジタルトランスフォーメーション)ナビゲーター コア事業の「強化」と「破壊」を両立する実践ガイド

著者 : カロリン・フランケンバーガー、ハナ・メイヤー、

     アンドレアス・ライター、マーカス・シュミット

監訳者: 渡邊 哲

訳者 : 山本 真麻、田中 恵理香

発売日: 2021年7月20日

定価 : 2,200円(税別)

判型 : A5変・400ページ

URL  : https://www.shoeisha.co.jp/book/detail/9784798170695



■株式会社マキシマイズ概要

新規事業立ち上げ支援及び、海外のイノベーション手法や有力技術を日本市場に導入する専門企業。シリコンバレーや欧州の海外有力ITソリューションを核とした新規事業の立ち上げに強みを持つ。スイス・BMI Lab社の提供するビジネスモデル・イノベーション手法の導入では日本公式代理店。その他、米国シリコンバレーを拠点にもつNPO法人Japan Society of Northern California(JSNC)の日本事務所を運営。日本企業や日本人起業家が日本国内にいながらにして、米国人起業家やトップビジネスマンらと交流する機会やシリコンバレー駐在経験者の情報交換の場を提供し、シリコンバレーの生の情報の入手を可能とする。これらの事業を通して、欧州各国、米国シリコンバレーと日本企業との協力関係を構築し、イノベーションハブとしての役割をマキシマイズが担う。


【会社概要】

会社名 :株式会社マキシマイズ(英語表記:Maximize, Inc.)

設立  :2002年4月1日

所在地 :東京都中央区新川1-3-21 BIZ SMART 茅場町

代表者 :代表取締役 渡邊 哲

資本金 :1,180万円

事業内容:海外イノベーション手法の国内導入

     海外ソフトウェア製品の輸入販売

     海外ソフトウェア製品の国内市場導入支援

     IT事業開発支援サービス

     データ分析支援サービス

     業界動向の調査・新規商材の発掘

     事業戦略の策定・市場開拓・営業支援

     技術支援・ローカライゼーション

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報