ユビタス、最高の体験に向け新クラウドゲームソリューションを提...

ユビタス、最高の体験に向け 新クラウドゲームソリューションを提供

インテルと緊密に協力して開発し、最新のインテルサーバーのGPUを起用

クラウドゲーム技術の先端企業である株式会社ユビタス(本社:東京都港区、CEO:Wesley Kuo、以下「ユビタス」)は新しいインテルサーバーのGPUに基づく、最新のAndroidクラウドゲームソリューションを発表しました。


ユビタスはインテル(Intel Corporation)との緊密な提携により、インテルクラウドレンダリングソフトウェアフレームワーク(Intel(R) Rendering Framework)との密接なインテグレーションを通じて、インテルサーバーのGPUを最大限に活用するソリューションを開発しました。


今回のソリューションの実証結果は、2つのGPUカードを搭載したインテル(R) Xeon(R) スケーラブル・プロセッサーを基盤にして、サーバーでAndroidクラウドゲームストリーミングを最大120のパフォーマンスを実現できました。これはユビタス以前のソリューションと比較して最大2倍のパフォーマンス向上です。このような機能強化により、GPUの密度と使用率が向上し、クラウドゲームの顧客のTCO(総所有コスト)が大幅に削減されます。

ユビタス自社のPCクラウドゲームサービスにも、同じゲームサーバーで実行でき、Cクラウドゲームサービス用の個別の専用インフラが不要になるため、TCOがさらに削減されます。


ユビタスCEOWesley Kuoからのコメント:

「今回、ユビタスは新たなインテルサーバーGPUへの技術提供により、インテルの初期の重要な戦略的パートナーに成り、大変誇りに思います。今後両者間の協力により、GPU機能を最大限に活用し、クラス最高のパフォーマンスと柔軟性を実現いたします。そして、今回のソリューションにより、クラウドゲームをより一層ビジネス的に実行可能にし、普及拡大にすることに自信を持っています。」


インテルの副社長兼ビジュアルインフラストラクチャ部門責任者Lynn Comp氏のコメント:

「現在、クラウドゲームの需要が高まることに伴い、サービスプロバイダーは、インフラと運用コストを低く抑えながら、高性能で応答性の高いソリューションを提供したいと考えています。新しいインテルサーバーGPUに基づいて、ユビタスのAndroidクラウドゲームソリューションにより、プロバイダーたちは手頃な手段として高品質のゲーム体験を提供できます。」とインテルの副社長兼ビジュアルインフラストラクチャ部門責任者Lynn Comp氏が述べます。


ユビタスは、ターンキーソリューションを探している通信事業者やゲーム会社に、最高の技術のパフォーマンス、TCO、柔軟性を持つクラウドゲームソリューションを提供いたします。



■ユビタスについて

ユビタスはGPU仮想化技術とクラウドストリーミング・プラットフォームの先進企業です。スマートフォン、タブレット、ゲーム機、スマートTV、パソコンなどあらゆる端末やネットワーク、プラットフォームにまたがるアプリケーション配信を実現し、高品位のアプリケーションをいつでもどこでも利用できる技術とサービスの開発・提供を行っています。


総合的なGDK(ゲーム開発キット)を通じ、新規参入時の迅速な展開のためのソリューションを提供し、クラウドゲームに興味を持つ日本や海外ゲーム会社を支援すると共に、世界各国の通信キャリア・オンラインサービス事業者・ゲーム事業者と協同でクラウドゲーム事業を展開しています。

プレスリリースロゴ画像

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報