ウイルスを洗い出し、肺炎の予防にも効果的な歯科医がすすめる「...

ウイルスを洗い出し、肺炎の予防にも効果的な歯科医がすすめる「うがい」があることをご存知ですか?

今こそ、口の中を洗い流す「毒出しうがい」がおすすめです!

皆さんはどんな「うがい」をしていますか?

水を口に含んでそっとゆすぐくらいのうがい、「ガラガラ、ぺッ」というのどうがいなど、さまざまなやり方をしていると思います。
ただそれでは、口の中の汚れやウイルスを洗い流し、肺炎を予防することはできません。

ウイルス対策に画期的な「うがい」の方法があります

食べカスやばい菌がプラーク(歯垢)になる前に洗い流す「毒出しうがい」という方法があります。
このうがいは、口の中をくまなく水流を通すため、ウイルス対策としても非常に有効です。なぜなら、口の中が汚れていればいるほど、ウイルスが付着しやすくなるからです。
また、口内の悪玉菌の中にはインフルエンザの進入を助ける酵素を出すものもあるため、インフルエンザ対策にもなります。

「毒出しうがい」のやり方は、簡単。強い水流でウイルスを洗い流すだけ

「毒出しうがい」で使うのは、30㎖ぐらいの水だけ。おちょこ1杯分くらいの水を口に含み、上下左右の4か所それぞれに「強く早く」水をぶつけることで汚れを除去するやり方です。口の中を高圧洗浄するイメージです。

要注意!口呼吸の人は、いろんな病気を呼び込む可能性大です

つねに口が開いた状態の口呼吸になると、外からどんどんウイルスや細菌が飛び込んで、のどや気管にダイレクトインしてしまいます。
また口呼吸により口の中が乾燥すると、付着した汚れも流れにくくなり、悪玉菌はどんどん繁殖します。むし歯や歯周病といったトラブルも起こりやすくなります。
「毒出しうがい」は、「口の筋トレ」といわれるほど口回りの筋肉を動かし、鍛えることができます。それによって口呼吸を解消し、自然と鼻呼吸に移行できるメリットもあります。
福岡のある小学校では、口呼吸から鼻呼吸にするトレーニングをしたことで、インフルエンザにかかる子どもが激減した、という報告もあるほどです。
ウイルス対策の基本は、うがいと手洗い。
ぜひ正しいやり方を覚えて、口の中をきれいに保ち、きれいな歯と健康を手に入れてください。
照山裕子著『歯科医が考案 毒出しうがい』
照山裕子著『歯科医が考案 毒出しうがい』
カテゴリ:
サービス
ジャンル:
その他ライフスタイル
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。