第3回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査製造業が人気!...

第3回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査 製造業が人気!あなたの会社は何位にランクイン? (動画あり!)

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第3回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査結果を発表いたしました。



[調査結果]

(1) 安定的人気の製造業、出版業・銀行業は飛躍的アップ

「合コンしたいと思う企業ランキング」のランキング1位は「国家公務員」(回答率6.3%)でした。次いで2位は「地方公務員」(同5.8%)、3位「トヨタ自動車」(同5.1%)となりました。以下、4位「任天堂」(同4.8%)、5位「グーグル(Google)」、「全日本空輸(ANA)」(同4.7%)、7位「日本航空(JAL)」(同4.6%)、8位「ソニー」(同3.7%)、9位「楽天」(同3.4%)、10位「パナソニック」(同3.0%)と続きました。(図表A)

業種では公務員が1位「国家公務員」、2位「地方公務員」と前回に続き高い人気を集めたほか、航空運輸業の2社(全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL))も上位となっています。また、電気機器製造業3社(ソニー、パナソニック、アップル(Apple))やその他製造業5社(トヨタ自動車、任天堂、サントリー、資生堂、ワコール)と、製造業が8社(前回11社)を占めていることから、製造業の人気が表れた結果となりました。

第2回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査結果と比較したところ1位「国家公務員」、2位「地方公務員」に変化はなく、「集英社」(前回67位)、「みずほ銀行」(前回61位)、「TBS」(前回52位)など11社が順位を上げました。一方で「ワコール」(前回13位)、「資生堂」(前回9位)、「パナソニック」(前回7位)など7社はそれぞれ順位を下げる結果となりました。

なお、TOP100については図表Bの通りです。


図表A ランキングベスト20


▼図表A ランキングベスト20

https://www.atpress.ne.jp/releases/201756/img_201756_1.png

▼図表B ランキングベスト100

https://www.atpress.ne.jp/releases/201756/img_201756_2.png


(2) 男性は容姿、女性は安定性を重視

合コンしたいと思う企業のイメージについて調査したところ、1位が「業績が安定している」(回答率26.8%)、次いで2位が「真面目な人が多そう」(同24.7%)、3位が「給料が高い」(同20.0%)となりました。

男性においては、「美男・美女が多そう」(回答率19.6%)が2位となっており、合コン相手の容姿が合コンにおける重要な要素になっていることがうかがえます。女性は男性に比べ「業績が安定している」(同36.7%)が19.8ポイント高く、「給料が高い」(同27.1%)が14.2ポイント高くなっており、より安定性を重視していることがうかがえます。(図表C)


▼図表C 合コンしたいと思う企業のイメージ

https://www.atpress.ne.jp/releases/201756/img_201756_3.png


(3) 期待するものはない、と言いつつも・・・

合コンしたいと思う企業の人と、実際に合コンすることを想定した際に合コン相手に期待するものについて調査したところ、1位は「特に何も期待するものはない」(回答率43.0%)、2位は「将来の結婚相手との出会い」(同15.7%)、3位は「友人関係の構築」(同13.6%)、4位は「将来の恋人との出会い」(同12.8%)、5位は「ビジネス面での人脈の拡大」(同5.2%)となりました。

男女別では、男性は半数が「何も期特するものはない」(回答率50.0%)と回答する一方で、女性においては約半数がプライベート(結婚相手・恋人・友人)の出会いを求めており(合計回答率48.3%)、男性の割合(同35.8%)と比較して12.5ポイントも高い結果となっていることから、女性は合コンにプライベートの出会いを期待している割合が高いことがうかがえます。

年代別に見ると、パートナー(結婚相手・恋人)との出会いを求めている割合において、40代(合計回答率24.3%)は、20代(同28.0%)、30代(同33.0%)に比べて低い一方、「友人関係の構築」を期待する割合は、40代(回答率19.0%)は、20代(同14.7%)、30代(同7.0%)に比べて高く、40代では友人関係の構築を期待する傾向がうかがえます。(図表D)


▼図表D 合コンしたいと思う企業と合コンする際に期待するもの

https://www.atpress.ne.jp/releases/201756/img_201756_4.png


(4) 女性は合コン相手の年収に関心あり!

合コン相手に求める最低年収についてアンケートを行ったところ、1位が「年収は気にしない」(回答率48.2%)となり、次いで2位が「300万円以上」(同13.3%)、3位が「400万円以上」(同11.7%)となりました。

男女別では、男性の70%近くは「年収は気にしない」(回答率66.9%)と回答する一方で、女性は「年収は気にしない」(回答率29.6%)割合は30%程度でした。また、合コン相手に求めたい最低年収として、500万円以上とする男性の割合(合計回答率9.4%)は10%未満であるのに対し、女性の割合(同43.9%)は40%以上でした。日本における平均年収が432万円(平成29年民間給与実態統計調査より)であることを考慮すると、女性は合コン相手に平均年収以上を求める傾向がうかがえます。(図表E)

年代別では、「年収は気にしない」と回答する割合は、20代(回答率44.3%)、30代(同49.3%)、40代(同51.0%)と、年代が上がるごとに増加する一方、求めたい最低年収が500万円以上となる割合も、20代(合計回答率24.0%)、30代(同27.3%)、40代(同29.0%)と増加しています。年代が上がるごとに、合コン相手の年収を気にしない層と合コン相手には平均年収以上を求める層に2極化する傾向がうかがえます。


▼図表E 合コン相手に求めたい最低年収

https://www.atpress.ne.jp/releases/201756/img_201756_5.png



[総評]

合同コンパ(以下、合コン)は、女子の大学進学率が上昇した1970年代に男女学生の出会いの場として始まったといわれ、今では学生に限らず男女の出会いの場として定着しています。合コンという言葉自体は時代遅れな言葉となりつつありますが、交友関係を広げる場や恋人を作るための出会いの場として、合コンの仕組みは広く普及しています。そこで社会人が合コンに参加するにあたって、企業や業種、職種、年収などの観点で合コン相手に望むものの傾向を調査したのが本調査です。

今回の調査によれば、合コンしたいと思う企業に対する評価の基準は「安定性」、「商品・サービス・企業のイメージ」、「従業員の質」の3つに大別されると考えられます。女性は「業績の安定」や「給料の高さ」、合コン相手には平均年収程度を求めている傾向がうかがえ、合コン相手を堅実に選択している様子がみてとれます。一方、男性においては、合コンしたいと思う企業の選択理由や、重視するイメージ、職種から「美人」、「憧れ」に繋がるものが多く、合コン相手に容姿の良さを求めることが明らかです。

年代ごとにみると、20代、30代と比べて、40代の方が公務員の支持割合が高く、年代が上がるほどより安定性を重視していることがわかります。

合コンに参加する人の80%以上が将来の結婚相手や恋人といったプライベートの出会いを期待しているという結果が表れており、本調査のランキングTOP20を2019年6月に実施した「第9回この企業に勤める人と結婚したいランキング」のTOP20と比較したところ、14社が共通していました。このことから合コンしたいと思う企業と、結婚したいと思う企業との間には高い共通性があることがうかがえます。(図表F)

合コンしたいと思われる企業は、安定性があり、企業自身やその企業の商品・サービスイメージがよいだけでなく、そこで働く人が魅力的であると考えられます。したがって、経営者には自社の独身社員の出会いに貢献するために、企業自身の価値を高めるだけでなく、優秀で誠実な魅力ある社員を多く育成し、「この企業の人と合コンしたい!」と言ってもらえるような企業を目指していく意識も必要ではないでしょうか。


▼図表F 第6回「この企業に勤める人と結婚したいランキング」との比較

https://www.atpress.ne.jp/releases/201756/img_201756_6.png


※ 本編はダイジェスト版です。詳細な内容は、以下掲載サイトよりご覧いただけます。

http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/



■リスモン調べ動画

今回発表の調査結果について、「2019年 合コンしたいと思う企業ランキング」動画を作成しました。2人のコメンテーターの掛け合いによる解説をお楽しみいただけます。

掲載サイトよりご覧ください! https://youtu.be/0W2oV-YhAf0


[実施概要]

・調査名称 :第3回「合コンしたいと思う企業ランキング」調査

・調査方法 :インターネット調査

・調査エリア:全国

・期間   :2019年9月10日(火)~9月12日(木)

・調査対象者:20~49歳の未婚男女個人

・有効回収数:900サンプル



■リスモン調べとは

リスモンが独自に調査するレポートのことです。これまでリスモンでは企業活動関連の調査として他にも「100年後も生き残ると思う日本企業調査」「環境への配慮が感じられる企業調査」や「この企業に勤める人と結婚したいアンケート調査」などを発表しております。

今後も「企業活動」に関するさまざまな切り口の調査を実施することで、企業格付の更新に役立てていくとともに、情報発信を行うことで新しい調査ターゲットの創出、新サービスの開発などに取り組んでまいります。

掲載サイトはこちら http://www.riskmonster.co.jp/rm-research/



■リスモンの概要(東京証券取引所第二部上場 証券コード:3768)

2000年9月設立。同年12月よりインターネットを活用した与信管理業務のアウトソーシングサービス、ASPサービス事業を開始しました。以来、法人会員向けビジネスを要にサービス分野を拡大し、各事業部門・子会社(与信管理サービス、ビジネスポータルサイト(グループウェアサービス等)およびBPOサービス)ごとに取り扱うサービスについて包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

リスモングループ法人会員数は、2019年9月末時点で12,509(内、与信管理サービス等6,377、ビジネスポータルサイト等3,216、その他2,916)となっております。

ホームページ: https://www.riskmonster.co.jp/

プレスリリース動画

プレスリリース添付資料

取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。