ナショナルインスツルメンツ、5G商用化を加速させるミリ波テス...

ナショナルインスツルメンツ、5G商用化を加速させるミリ波テストソリューションを発表

新しい「ミリ波ベクトル信号トランシーバ」で5G NRデバイスの検証/製造テストのコストとリスクを削減

ナショナルインスツルメンツ(本社:テキサス州オースティン、Nasdaq:NATI)は本日、「ミリ波ベクトル信号トランシーバ(VST)」を発表しました。これは、5Gミリ波RFICトランシーバとパワーアンプが抱えるテスト時の課題に対応するものです。

 

チップメーカーにとって、5Gミリ波技術の商用展開は急務であり、エンジニアは厳しい製品納期と解決に至っていないことも多い新たな技術要件という差し迫った課題に直面しています。NIのミリ波テストソリューションは、研究開発のラボと量産環境の両方で、このような課題に対処します。ソリューションが実現する内容は次のとおりです。

●ラボにおける厳しい技術要件を満たす計測品質

●ミリ波チップ製造テストの特定のニーズに合わせて拡張できるアーキテクチャ    

●計測と自動化を簡素化するソフトウェアの統合    

 

NIのソリューションで使用する「ミリ波VST」は、RF信号発生器、RF信号アナライザ、および最大44 GHzの周波数で1 GHzの瞬時帯域幅を備えた統合型スイッチを組み合わせたものです。既存のPXIベースの特性評価システムに加え、この計測器は、NIの「半導体テストシステム(STS)」に統合して、量産アプリケーションに実装することができます。モジュール式PXIプラットフォーム上に構築されたテスタを選択することで、「STS」を採用するエンジニアは、5Gのような新しい計測機能をよりコスト効率よくテストセルに統合し、市場への投入が遅れるリスクを軽減できます。

 

NIのプレジデント兼最高執行責任者であるEric Starkloffは、次のように述べています。「5G技術を市場投入する競争において、RF半導体テストの従来のアプローチでは、5Gデバイスに期待される柔軟性、コストに応じることが難しくなっています。『ミリ波VST』は、NIが持つ強みの一例です。業界をリードするプラットフォームとお客様の深いインサイトを組み合わせることで、インパクトをもたらすイノベーションが実現します」

 

この製品は、5Gミリ波デバイスのテスト要件に対応する複数の革新的な機能を備えています。最大32チャンネルに対応する新しい校正済みの統合型スイッチにより、インフラストラクチャを追加せずに、ビームフォーミングおよび位相アレイの計測確度を向上させることができます。モジュール式ヘッド設計は、将来の5Gバンドとの上位互換性を維持しながら、正確でコスト効果の高い計測を実現します。このようなイノベーションによって、エンジニアは5〜21 GHzおよび26〜44 GHzでの計測を同時に実行することが可能になります。

 

NIによる「ミリ波VST」のリリースは、RFICデバイスのコスト削減と市場投入までの時間の短縮を支援するという、NIの継続的な取り組みの一環です。「ミリ波VST」は、DCからミリ波までに対応する、600種類以上に及ぶNI PXI製品のモジュール式計測器ポートフォリオと、2G、3G、LTE Advanced Pro、Wi-Fi 802.11ax、Bluetooth 5などに対応するNIの計測ソフトウェアを補完するもので、「LabVIEW」やC#.NETといった多くの言語をサポートしています。

 

NIのミリ波テストソリューションの詳細について

https://lumen.ni.com/nicif/US/GB_EKIT5GMMWAVEFLYER/content.xhtml


ワイヤレス通信用5G NRについて

http://www.ni.com/ja-jp/innovations/wireless/5g.html?cid=News-128255-Global-Organic

 

ナショナルインスツルメンツ(NI)について

NIは、現在だけでなく将来をも見据えたエンジニアリングの課題解決をサポートする、高性能な自動テスト/計測システムを開発しています。NIのソフトウェア定義のプラットフォームは、モジュール式ハードウェアと拡大を続けるエコシステムから構成されており、このオープンなプラットフォームを採用することにより、優れたアイデアを具現化できます。NIに関する詳細な情報は、http://www.ni.com/ja-jp.html  をご覧ください。


LabVIEW、National Instruments、NI、ni.com、およびNIWeekはナショナルインスツルメンツの登録商標です。その他の製品名および企業名は、それぞれの企業の商標または商号です。  

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「184503」を
担当にお伝えください。