ネオス、ベトナム現地法人の資本を増強~オフショア開発体制を拡...

ネオス、ベトナム現地法人の資本を増強 ~オフショア開発体制を拡大~

 モバイル、インターネットサービスを手掛けるネオス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:池田  昌史)は、当社の子会社であるベトナム現地法人の資本を増強し、優秀なベトナム人ITエンジニアの採用を含むオフショア開発体制のさらなる強化を推進していくことといたしました。

 

 IT利活用の高度化・多様化がますます進展することが予想されるなか、日本国内においてはすでにITエンジニア不足の解消が課題となっておりますが、今後もより一層深刻化していく可能性が高いと思われます。当社はこのような状況を見据え、2014年から日本国内でベトナム人のブリッジSE※の採用を開始するとともに、将来のブリッジSEの育成にも力を入れ、2017年にはベトナム社会主義共和国に現地法人を設立し、今日に至るまで日本と現地法人のエンジニアが連携して開発を手掛ける独自のオフショア開発体制を構築してきました。


 このような背景から、この度現地法人の資本金を設立時の2倍相当となる9,600,000,000VND(日本円で5,000万円相当)に増強し、人員も50名超の体制へと拡大することで、オフショア開発体制のさらなる強化を推進していくことといたしました。

※ブリッジSE:技術だけでなく、日本の言語や文化などを理解したうえで、両国の間に立ち、円滑にプロジェクトや業務を進められるように指示・調整するエンジニア 


 当社現地法人があるベトナム社会主義共和国は、国策としてIT技術者育成や日本語教育に取り組んでおり、日本文化やビジネス環境への理解が深い優秀なITエンジニアが続々と誕生してきております。当社は現地法人における優秀なITエンジニアの採用・育成を加速するとともに、日本人ITエンジニアの現地への派遣、ベトナム人ITエンジニアの現地からの受入れなど、これまで以上に日本とベトナムの人材交流を活性化させ、開発体制の強化を推進してまいります。


 今後もAIやIoTなど様々な先端技術を用いたキーテクノロジーの研究開発をはじめ、クライアントのニーズに応じた開発リソースの提供や、ベトナム発信のグローバルITサービスの創出など幅広い取り組みを行ってまいります。  

 

<ベトナム現地法人概要>

商 号:Neos Vietnam International  Co., Ltd

所在地:7Fl, Ocean Park Building,  No. 1 Dao Duy Anh, Phuong Mai, Dong Da, Hanoi

URL:http://neoscorp.vn/ja

設立:2017年3月

代表者: 会長:池田 昌史

     社長:崎山  昌広

事業内容: ソフトウェア及びシステムの開発・運用・保守・コンサルティング、ITサービス全般

出資比率: 当社100%

 


<ネオスについて>

【商 号】ネオス株式会社

【本 社】東京都千代田区神田須田町1-23-1 住友不動産神田ビル2号館

【U R L】https://www.neoscorp.jp/

【設 立】2004年4月

【代表者】池田 昌史

【グループ事業内容】

◆ソリューション事業:サービスデザイン力×ワンストップ対応力が強みのSI事業と、独自のプロダクト&サービスを展開

◆コンテンツ事業:キャラクター資産とクリエイティブ力を強みに、BtoB向けコンテンツ制作およびBtoCサービスを展開

◆デバイス事業:顧客ニーズに応じてカスタマイズした電子デバイスを、小ロット・短納期・低コストかつ日本品質で展開

 

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「181873」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報