SBIいきいき少短“ペットの飼育と支出”に関するアンケート調...

SBIいきいき少短“ペットの飼育と支出”に関する アンケート調査を実施

~犬・猫飼育者の3人に1人が多頭飼い、 ペットのためならお金を惜しまない人は4割も!~

SBIいきいき少額短期保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:高崎 誠治(※)、以下「当社」)は、3月20日の動物愛護デーにちなみ、全国の20歳以上の方を対象に“ペットの飼育と支出”に関するアンケート調査を実施しましたので、アンケート結果を以下の通りお知らせします。

アンケート結果については、ファイナンシャルプランナーとして、家計管理や節約に関する著書を多数出版されている風呂内 亜矢[ふろうち あや]氏(添付プロフィール参照)より、回答内容を分析したコメントをいただきました。

※正式表記は<「高」=はしごだか、「崎」=たつさき>



◆アンケート調査結果のサマリー

【1】犬・猫飼育者全体の3人に1人は多頭飼いという結果に!(参考資料P.1参照)

・「犬・猫」を飼っている方に「ペットの種類と頭数」を聞いたところ、52.5%の方が犬を飼育し、猫は36.4%、犬・猫の両方を飼育している方が11.1%となりました。

特徴的な点は、犬と猫を2匹以上飼育する「多頭飼育」の比率が、犬(9.9%)、猫(12.9%)となり、犬・猫両方を合わせ、全体の33.9%を占める結果となりました。


【2】猫の支出額は犬のおよそ6割に!(同P.1,2参照)

・「ペットにかけている支出は1か月でおおよそどれくらいですか」と聞いたところ、全体平均では11,459円となりましたが、全体の中央値でみると、1か月5,000円という結果となりました。

・犬と猫別(平均値)にみると、1匹飼育では猫は犬の62%、多頭飼育でも65%と低い数値となり、一般的に言われている「犬よりも猫の方が飼育費は低い」という結果がこのアンケートでも実証されました。

・年代別の平均値をみてみると、20代が最も高い14,009円という結果となりました。


【3】猫を飼っている約77%の方が譲り受けや拾ってきて飼育していることが判明!(同P.2,3参照)

・「ペットの入手先」を聞いたところ、犬と猫では大きな違いが現れました。

犬は「ペットショップやブリーダーから購入」して飼育している方が約77%となる一方、猫では「譲り受けや拾ってきて」飼育している方が約77%と高い結果となりました。


【4】賃貸でも飼いやすい傾向にあるのは猫だった!(同P.3参照)

・犬・猫飼育者の居住環境を確認してみると、持家一戸建ての方が飼育種類・頭数を問わず、過半数を超え、特に犬2匹以上と犬・猫両方では74%以上の高位となる一方、猫飼育では1匹でも2匹以上でも賃貸の方が20%以上と、賃貸でも猫は比較的飼いやすいという傾向が現れた結果となりました。


【5】ペットのためならお金を惜しまない人は約4割も!(同P.3,4参照)

・「ペットを飼い始めてから現在までペット飼育の関連支出のためにほかの生活費を節約したか」と聞いたところ、全体的には、7割弱の方が「節約していない」との回答となったが、飼育種類と頭数別にみると、「節約していない」方の比率は、猫1匹の78.8%に対して、犬・猫両方だと47.2%と大きな較差が現れており、ペット飼育の種類と頭数によって、節約への意識が異なる結果となりました。

・さらに、「今後のペット関連支出の増加にどう対応するか」と聞いたところ、「ペットのためなら増えても構わない(節約しない)」と答えた方が41.4%と最も高く、続いて「ほかの生活費を節約する」方が31.7%、「ペット関連支出を節約する(26.9%)」となりました。

・ペット飼育者はペットのためならお金を惜しまない方が多いという結果となりました。


<参考資料>

https://www.atpress.ne.jp/releases/179888/att_179888_1.pdf



◆風呂内 亜矢[ふろうち あや]ファイナンシャルプランナーの総評コメント

[風呂内 亜矢氏]

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP(R)認定者


犬と猫の飼育では、一般的に猫の方が費用はかからないとされています。この調査でも、実際に猫を飼っている人が回答した金額が低めに出て、通説を裏付けるものとなりました。

今回の調査では、犬と猫の1匹と多頭飼育での違いや、居住環境や年齢などとの相関をヒアリングしている点がユニークです。

人生における支出は、ライフスタイルが変わると優先順位が変わります。


ペットは家族の一員と考える方が増えていることから、子どもが生まれたときに生じがちなお金の優先順位の変化が起こっている可能性を感じさせる結果にもなっています。



■ペットの飼育と支出に関するアンケート調査の概要

調査対象:全国20歳以上の方

調査方法:インターネットリサーチ

調査期間:2019年2月13日(水)~2019年2月20日(水)

有効回答:1,105名(20歳以降の各年代男女100名以上を基準)

調査機関:株式会社ジャストシステム

※本調査レポートの百分率表示は小数点第1位で四捨五入の丸め計算を行っているため、合計しても100%にならない場合があります。



【会社概要】

会社名  : SBIいきいき少額短期保険株式会社

会社紹介 : 当社は、東証一部上場「SBI ホールディングス(株)」の

       グループ会社です。

       「シンプルでわかりやすく」「保険料は手ごろに」という、

       お客様の声をもとに開発した死亡保険、医療保険で、

       シニア層を中心に幅広い支持を得ています。

       2017年9月より新たに発売したペット保険も好調です。

所在地  : 東京都港区六本木1-6-1

設立年月日: 2007年7月3日

資本金  : 36,000千円

事業内容 : 少額短期保険業

       (販売商品:SBIいきいき少短の死亡保険、

       SBIいきいき少短の医療保険、

       引受基準緩和型死亡保険「あんしん世代【緩和型】」、

       引受基準緩和型医療保険「新いきいき世代【緩和型】」、

       SBIいきいき少短のペット保険)

URL    : https://www.i-sedai.com?campID=70110000000igJDAAY&date=190320&cdt=press

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

カテゴリ:
調査・報告
ジャンル:
ぺット-犬 ぺット-猫 保険
取材依頼・商品に対するお問い合わせはこちら

プレスリリース配信企業に直接連絡できます。

  • 会社情報