FBS 福岡放送がレッスンをテレビ取材!

もうすぐ新年度。「春から新しいことをはじめようかな」 話題の習い事を特集


教育図書・教材の出版および各種教室やスクール運営を行う中央出版株式会社(名古屋市名東区、代表:前田 哲次)は、全国でロボット科学教育を展開する株式会社ロボット科学教育(神奈川県横浜市青葉区、代表:鴨志田 英樹)と共同で日本各地に展開しているレゴ(R)ブロックを使ったプログラミング教室を開講しています。

福岡県の藤崎教室で、今話題の習い事として注目される、プログラミング教室として取り上げられました。


2020 年より、小学校のプログラミング教育が必修化となります。それにより、昨今、プログラミング教育は社会的な関心が著しく高まっております。プログラム教育が必修化になる背景として、社会に出たときに必ず求められる論理的思考力、問題解決能力を身につけ、世界に通用する力を養うことが挙げられます。また、今後IT 関連のビジネスが拡大していくことが予想される中、人材不足が予測されるため、将来、手に職を付けることもできます。


Kicks 講座には、じっくり考えて、あきらめずに、やりぬくチカラを育てる4 つのポイントがあります。

1)ハンズオン 2)プログラミング 3)STEM 教育※ 4)プレゼンテーション

※STEM 教育とは?( Science [ 科学 ] / Technology [ 技術 ] / Engineering [ 工学 ]/ Mathematics [ 数学 ] )

教科ごとに断片的に学ぶのではなく、さまざまな分野を横断的・統合的に学び、課題発見・解決能力を養います。

現在、各教室で無料体験イベントを実施中です。詳しくはHP をご覧ください。

中央出版 ロボット科学教育Kicks http://www.robot.chuoh.com/

プレスリリース画像画像一括ダウンロード

プレスリリースロゴ画像

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
教育
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「179385」を
担当にお伝えください。