日本初!カードを使ってLGBTsを学ぶ講座がスタート 3/21(木)に東京・台東区「テラコヤ アネックス」で開催 ~LGBTsに悩むのは子どもの頃が多いのをご存知ですか?~

「レインボーかたつむり協会」(代表:鶴岡 そらやす)は、株式会社Terakoya kids(所在地:東京都台東区上野1-3-2 パストラルビル301)が運営している学び舎「Terakoya Annex(テラコヤ アネックス)」(所在地:東京都台東区台東2-6-6 陽輪台みかみ地下1階)において、2019年3月21日(木)、日々の生活の中でお母さんが我が子に伝える、明るいLGBTs教育の第1回目の講座を開催します。


講座開催風景



■11人に一人はLGBTs 違いを当たり前に受容できる世の中へ

2015年の調査では7.6%、最新の2018年の調査では8.9%(LGBT 調査 2018 電通ダイバーシティ・ラボ調べ)と、日本人のLGBTsの公表数は年々増えており「LGBT」の言葉が普及してきました。一方で正しい知識を持っていない大人が多いことから子どもも理解できていないケースもあり、意識しない言動が偏見となってしまう可能性をはらんでいます。


また、子どもが「自分がLGBTsであるかもしれない」と気が付いた年齢は13、14歳が最多で、性別に違和感のある男子は小学校入学前から気が付いているというもの、また大人には話せず、同級生に勇気をもってカミングアウトをするも、結果的にいじめにつながってしまったというケースも見られます。

(参考:いのちリスペクト。ホワイトリボン・キャンペーン「LGBTの学校生活に関する実態調査(2013) 結果報告書」

2014)


当社といたしましては、本講座を通じて親と子どもがLGBTsについて理解する機会を家庭から作ることで、人との違いを否定したり、排除するような考えではなく、違いを当たり前に受容できる社会環境を作れたらと考えております。



■レインボーかたつむり協会とは

当社が運営する、「日本中に命の大切さを語り合える親子を増やすこと」を理念としている、とにかく明るい性教育 パンツの教室協会から派生した協会となります。

レインボーは世界的にLGBTsのシンボルカラーとなっている色で「誰にとっても安全な居場所」と言う意味を持ちます。そしてかたつむりは雌雄同体。一匹でオスもメスもどちらの役割も果たせる体のつくりになっているジェンダーレスな生きもの。


その二つを合わせたレインボーかたつむりは「どんなあなたでも、どこにいても、それがあなただよ」と否定されることなく、安心して生きていける世の中を作ることを目的として、自身がトランスジェンダーである代表理事の鶴岡そらやすが2019年3月に協会を設立いたしました。


◎とにかく明るい性教育【パンツの教室】ホームページ: https://pantsu-kyoshitsu.com/



■レインボーかたつむり 講座実施スケジュール

日時     :2019年3月21日(木)いずれも10:00~15:00

場所     :Terakoya Annex(東京都台東区東2-6-6 陽輪台みかみ地下1階)

プログラム  :10:00~自己紹介~性別の固定観念のチェック

        10:30~なぜLGBTsについて学ぶ必要があるのか

        11:00~3つの軸

        11:30~LGBTsについて知る

        13:00~同性愛とトランスジェンダーの違い

        13:15~【ワーク】トランスジェンダーの

                 子どもの一日を想像してみよう

        13:30~アライとして生きる

        14:00~【カードゲーム】LGBTカードで遊ぼう

        14:40~1日の振り返り

        15:00 終了

定員     :20名

参加費用   :32,400円(税込)

参加対象者  :大人

お申し込み方法:レインボーかたつむり協会事務局

        info@rainbow-snail.jp までお問い合わせください。




■レインボーかたつむり主宰 鶴岡 そらやすについて

東京生まれ、埼玉育ち。トランスジェンダー。

埼玉大学教育学部卒業後 公立小学校・中学校で教員として15年間勤務。

実家は父の営む喫茶店、商店街の中で、多くの方々との関わりの中で育つ。幼稚園の時、突然母が家を出て行き、小学生時代は父子家庭。「普通ではない家庭」をいかに楽しむかという父の元で育つ。


小学校では赤いランドセルに違和感を感じ、六年間一度もスカートを履かずに過ごす。

中学では制服に抵抗感を感じるも「そういうもの」と諦めて通学。

トイレに入るのが嫌で、離れた校舎のトイレに入っていた。


「可能ならば今のパートナーと子どもを育てたい」という思いから、隠しておくことのマイナス面を感じたこと、今まさにその悩みに直面しながらも誰に相談していいかわからずに悩む子どもたちに向けて「相談できる大人がいる」ことを知ってほしい、全く素性が分からない匿名のインターネットの世界に頼るのではなく、安心して相談できる環境を作る必要があると考えてカミングアウトを決意した。

2018年11月 とにかく明るい性教育パンツの教室インストラクターに認定

2019年3月より「レインボーかたつむり協会」を設立。



■株式会社Terakoya Kids( http://terakoyakids.co.jp/ )

平成24年11月30日に設立した株式会社Terakoya Kidsは、「日本親勉アカデミー協会」の運営をはじめ、「とにかく明るい性教育 パンツの教室協会」「レインボーかたつむり協会」などの運営を中心に事業を展開しているほか、学童・放課後子供学習施設向け教育事業、ビジネスコンサルティング、教材開発、広報PR支援など、様々な事業を展開しております。

カテゴリ:
イベント
ジャンル:
子育て・保育 教育 社会(国内)
報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「179106」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報