「内見予約くん」 仲介会社の登録数が1万店舗を突破

不動産デジタルプラットフォーム構築の実現に向け、 不動産仲介会社の約10%に導入完了。さらなる導入数増加を目指す。

 2018年11月19日、イタンジ株式会社(本社:東京都港区、代表:野口真平、以下当社)が提供する「内見予約くん」の不動産仲介会社の登録店舗数が1万店舗を突破いたしました。2017年2月のリリースから、1年9ヶ月での達成となります。また、これにより、全国の不動産仲介店舗(94057店舗)のうち、約1割の不動産仲介店舗が利用していることになりました。(参考データ:平成28年経済センサス‐活動調査(確報) 産業小分類、市町村、都道府県のランキング)




今後も、11月16日より親会社となったGA technologiesが推進するブロックチェーンを活用した不動産デジタルプラットフォームの構築や、GAグループとして取り組む「賃貸3.0」の実現に向け、2019年中に25,000店舗(全国の不動産仲介会社の約25%)の利用を目標とします。

 

◆内見予約くんとは

 内見予約くんとはWEB内見予約システムです。これまで賃貸仲介会社は、電話・FAXを使用し内見を予約していましたが、内見予約くんを使用すれば、24時間365日WEBで内見の予約をすることができます。

 

管理会社向けページ:https://bukkakun.com/cloud_chintai/naikenyoyakukun/lp

仲介会社向けページ:https://bukkakun.com/cloud_chintai/naikenyoyakukun

 

 

 

◆「賃貸3.0」とは

 信用経済を見据えたオンライン完結の次世代型賃貸サービスです。物件探しから入居後のサポートまでをアプリで一元化し、スピーディに効率よく部屋を決め家具や引っ越し業者まで選ぶことができるサービスを考えています。新生活を1つのアプリでスタートできる未来の部屋探し・賃貸ぐらしのあり方を想像します。

 

 

 オンライン完結の次世代型賃貸サービスのため、これを実現するには、全国の賃貸仲介店舗に「内見予約くん」のさらなる利用を促進する必要があります。

 

◆内見予約くんのメリット

 導入する管理会社は、受電対応やFAXでの対応を削減することができるため、業務効率の向上が可能となり、これまで従業員が不在のため対応できなかった夜間・早朝の予約や定休日の予約も受け付けることができ、内見予約数の増加やオーナーレポートの充実など様々なメリットがあります。


 実際に利用する仲介会社もFAXの手間が省ける、管理会社の定休日でも案内することができる等により、顧客が見たい物件をすぐに案内することができ、成約率をアップすることができます。

  

◆内見予約くん仲介会社アカウント作成方法

 

https://bukkakun.com/cloud_chintai/naikenyoyakukun にアクセス

→店舗の代表番号から050-3187-8232 に電話する

→アナウンスされた登録コードを入力し「次へ」をクリック

→物件検索ページで予約したい物件を探し内見予約をする

→予約画面で店舗のメールアドレスとパスワードを設定する

→アカウント作成完了です

 

* 1店舗につき1アカウントとなります。内見予約くんのアカウントを作成したら、同じ店舗の皆様へメールアドレスとパスワードの共有をお願いします。

* 発行した登録コードは、1回限り発行から15分間のみ使用できます。2回目以降または発行から15分をすぎた場合は、使用することができませんので再発行をお願いします。

 

イタンジは「不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げ、賃貸領域を中心に不動産取引のIT化を進める不動産テック企業です。2018年11月16日、株式会社GA technologies の完全子会社化しました。

 

◆イタンジ 会社概要

会社名: イタンジ株式会社 

代表者: 代表取締役社長 野口 真平

設立  :2015年6月16日

資本金: 3,600万円

本社所在地:東京都港区芝公園3-1-8 芝公園アネックス4・5階

企業URL:http://itandi.co.jp/

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「171204」を
担当にお伝えください。

  • 会社情報