3つの特許を取得し、通話品質を求めた業務用ヘッドセット「En...|

3つの特許を取得し、通話品質を求めた業務用ヘッドセット 「Engage 50」を11月8日から発売

~ノイズキャンセリングとデジタル分析を通して通話品質を向上~

デンマーク(コペンハーゲン)を本拠とする業務用およびオフィス向け、コンシューマー向けヘッドセットブランドJabra (ジャブラ)を展開するGN Audio A/S社の日本法人GNオーディオジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表:安藤 靖、以下 Jabra )は、カスタマー満足度の向上を探求した通話品質と従業員の生産性に関して新たなスタンダードとなる業務用デジタルコード付きヘッドセット「Jabra Engage 50」を本日11月8日(木)より発売いたします。


URL: https://www.jabra.jp/business/office-headsets/jabra-engage/jabra-engage-50


Engage50使用イメージ-1


Engage 50は、カスタマーサービスに重きを置く企業が直面しているコンタクトセンターのノイズや中断などの問題を解決するために開発され、これらの問題を低減しカスタマーの満足度を向上させる機能を備えています。周囲のノイズや呼吸音をフィルタリングする3つのマイクを搭載し、会話の質を高めます。また、ステレオサウンドと超広帯域に対応し、最高レベルの聴覚保護を備えています。さらに、オンプレミス(サーバー・情報システムの自社運用)およびクラウドベースのソフトフォンプラットフォームと互換性があります。



■豊富な通話分析

Engage 50を最大限活用するために、Jabraの無料ソフトウェア「Jabra Direce2.0」および「Jabra Xpress2.0」との併用をお勧めします。コンタクトセンターの重要な課題である「ノイズ」を低減しながらも、カスタマー体験の向上を目的としたデータ分析を強化することができます。

https://www.atpress.ne.jp/releases/170621/img_170621_4.jpg

https://www.atpress.ne.jp/releases/170621/img_170621_6.jpg



本製品を使用する際、ベストな通話品質を提供するために、ほとんどのソフトフォンからのリモート通話コントロールを有効にする無料のユーザー向けのPC用ソフトウェア「Jabra Direct」を使用してスクリーン上にガイダンスを表示し、マイクブームアームを理想的な位置に調整することが可能です。

管理者向けのソフトウェア「Jabra Express」を使用すれば、個々のユーザーやグループのデータの概要を把握できます。


例えば、特定の値を上回る領域または時間についてノイズレベルを表示し、ユーザーにノイズの情報を提供します。企業はこれらの情報のデータ分析を行い、ノイズの削減と生産性の向上を実現することができます。

また、仕事の集中に影響を与える中断に対し、両方のイヤーカップにあるマルチカラーステータスライトで対応できます。ニーズに合わせてカスタマイズが可能で、通話中も邪魔されず、集中を高められます。



JabraのSVP Business Solutions、Holger Reisinger氏は次のように述べています。

「我々の調査によると、激しい競争において企業の90%がカスタマー満足度の差別化を挙げます。通話品質の改善と成果を語る上で、仕事中に何が原因で中断するか、満足いく通話を行えるかが重要視されます。それこそが、Jabra Engage 50を開発した理由です。オーディオ品質、ノイズキャンセル機能を備え、コールセントリック事業に従事する人々が中断を心配することなく、業務に集中できるヘッドセットはまだ市場にはありません。我々は経営者からも話を聞き、そのうち2/3は今後2年間で高度な分析に戦略的に投資を計画しているという話も聞きました。本製品の豊富な通話分析機能により、企業はデータ分析を行い、ユーザーとカスタマーの両方の通話品質を向上させることができます。」



■3つの特許を取得

通話品質の改善を実現する3つの特許を取得しています。不要な音を低減する3つのマイクシステム、イヤーカップに直接埋め込まれた処理チップ、入音のバランスをユーザーの好みに自動的で調整するオーディオ改善です。


これらの特許に加えて、通話コントロールユニットアクセサリ「Jabra Engage Link」もあり、ボタンを押すだけで、音量レベルの調整やミュート、スピードダイヤル、通話の応答/終了、ステータスランプの更新が可能です。

一方、各ヘッドセットには、PCや携帯端末に簡単に接続できるUSB-Cが搭載されており、オプションアクセサリとしてUSB-A接続も利用可能です。



■主な特徴: Jabra Engage 50 Stereo/Mono

・ノイズキャンセリング機能を搭載した3マイクシステム、

 ステレオサウンドと超広帯域

・優れたパッシブノイズキャンセリング

・Sype for Business Open Office認証

・2つの内蔵ステータス(ビジー)ライト

・調整可能、快適な装着仕様で終日使用可

・ユーザー向けのライブオンスクリーンガイダンス

・ビジネスのための豊富な通話分析

・USB-C接続。オプションアクセサリでUSB-A接続も可能


価格

Engage 50 Stereo/Mono ヘッドセット共に: 24,000円(税抜)

Engage Link コントロールユニット: USB-A + USB-C, UC / MSタイプ共に12,000円(税抜)


Engage 50を発売するパートナー各社は下記をご参照ください。

ビジネスソリューション認定代理店はこちら

ビジネスソリューション認定販売店(ユーザー窓口)はこちら



■GNオーディオジャパン株式会社について

デンマーク(コペンハーゲン)を本拠とする業務用およびオフィス向け、コンシューマー向けヘッドセットメーカー、GN Audio A/S社の日本法人。約150年前に電信会社として創業して以来、“聴くこと”に注力して培われてきた先進の機能性と、シンプルでありながら高度なデザイン性を兼ね備えたJabraブランドのハンズフリーヘッドセット製品は、ヨーロッパをはじめ米国、アジア各国など、広く世界で高い評価を得ています。補聴器製造の兄弟会社 GN Hearingとともに、人々が聴くことを通してより良い生活を過ごせるようにサポートしております。GNオーディオジャパンは、GN Hearingとともに、耳に関わる機器において業界のトップで走り続けています。

詳細は、当社ウェブサイトをご覧ください。: http://www.jabra.jp/


※Jabra(R)は、GN Audio A/Sの登録商標です。その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

※Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.の所有であり、GN Audio A/Sは、許可を受けて使用しています。



<お客様のお問い合わせ先>

Jabraサポートセンター(平日9:00~17:00)

TEL  : 0120-605-188

e-mail: support.jp@jabra.com

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「170621」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事