アスリートの新たな活用方法を!現役時代の不満を製品開発に活か...|

アスリートの新たな活用方法を! 現役時代の不満を製品開発に活かす!

~元競泳日本代表が考案した練習器具『Catch Paddle』販売開始~

株式会社LUPINUS(本社:千葉県千葉市中央区、代表取締役:菅原 信治)は、元競泳日本代表の小坂 悠真選手が商品開発を行った練習道具『Catch Paddle(キャッチパドル)』の販売を開始します。


商品イメージ


◆背景

「アスリートの価値をもっと世に広めたい」

全ては小坂選手のこの想いから始まりました。


当社はこれまで、アスリートの持っている価値を世に提供するべく、アスリートのノウハウを提供する競泳練習情報サイト「swim media」の立上げ、元アスリートによるオンライン動画レッスンの提供などを行ってまいりました。

更にアスリートのセカンドキャリア・パラレルキャリア・デュアルキャリアのモデルケースを作るべく、今回、新たにアスリートの価値を提供する方法として、練習道具の商品開発を行いました。



◆今までとの違い

今までもトップアスリートが利用している商品のことを「○○モデル」として販売をしているケースはありましたが、選手が商品開発に全面的に携わっていることはほぼありません。


今回は、小坂選手が現役時代に行っていた練習の工夫を起点とし、設計からテストまで全てアスリートが関わったことが今までとの商品開発との大きな違いとなります。


▽小坂選手 打合せ風景

https://www.atpress.ne.jp/releases/170542/img_170542_6.jpg


◆Catch Paddleの特徴

今までのパドルは、固い素材を利用してパワーアップを目的とするものが大半でした。

本商品では、柔軟性のあるポリプロピレンを利用することで、効果的にテクニックを学べるパドルになっています。柔軟性があるため、腕に力が無い方やお子様でも利用が可能です。


◆小坂選手 プロフィール

小坂 悠真(こさか ゆうま)。1989年8月11日生まれ。法政大学キャリアデザイン学部卒。

・200m個人メドレー 2011年度日本ランキング 1位

・2011年 ワールドカップ競泳日本代表/100m 平泳ぎ 2位


元アスリートとしての経験を活かし、講演やスポーツ事業の立上げ、吉本興業株式会社とお笑い×スポーツのイベント企画や出演などを行う。また社会課題を解決する“Global Shapers Community”という世界経済フォーラム(通称:ダボス会議)が組織する、コミュニティのシェイパーでもある。


▽小坂選手 写真

https://www.atpress.ne.jp/releases/170542/img_170542_16.jpg

https://www.atpress.ne.jp/releases/170542/img_170542_17.jpg



◆詳細URL

▽Catch Paddle開発秘話

https://swim-media.com/goods/catch-paddle-dev-story

▽Catch Paddle販売ページ

https://gear.swim-media.com/products/detail/290



◆今後の展開について

アスリートの価値をより一層発揮していくべく、現在取り組んでいる水泳だけでなく、様々なスポーツに展開していきます。また、国内のみならず海外へのビジネス展開も行ってまいります。



◆会社概要

商号    : 株式会社LUPINUS

代表者   : 代表取締役 菅原 信治

所在地   : 千葉県千葉市中央区中央3-9-9 エレル千葉中央ビル4F

設立年月  : 2009年8月

URL     : http://lupinus-ltd.com/

主な事業内容: 「swim media」などのメディア・サイトの企画・運営

        千葉県の企業・団体様を中心としたホームページデザイン・制作

        ECサイト、予約サイトの構築、その他システム開発



◆運営メディア

swim media: http://swim-media.com/

月間30万PVを集める水泳に特化した情報サイト。主にトレーニング方法や水泳選手、大会情報を中心に掲載している。Facebookページで2万いいねを獲得し、多くの水泳、競泳関係者に話題となっています。


LUPI HAPI: https://lupihapi.com/mall/html/

誕生日や結婚祝いなどプレゼントシーンに活躍するアイテムを揃えたプレゼントの通販サイト

プレスリリース動画

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「170542」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報