アマナが“コミュニティマーケティング”を加速させるサービスを...|

アマナが“コミュニティマーケティング”を加速させるサービスを開始

顧客をファンに変える、独自プラットフォームと高付加価値なコンテンツをワンストップで提供

 ビジュアルコミュニケーション事業を展開する株式会社アマナ(本社:東京都品川区、代表取締役社長 進藤博信、以下「アマナ」)は、ビジュアル力、コンテンツ力で企業の価値を高め、プラットフォームを活用し企業とファンのコミュニケーションを促進させるコミュニティマーケティング支援サービスを開始いたします。独自開発のコミュニティサイト型CMS「POOL」を立ち上げ、顧客をファンに変えるコンテンツや施策をワンストップでサポートします。


■ “プッシュ型”から“プル型”にブランドコミュニケーションが変化

 超高齢化社会、成熟市場、デジタルデバイスの目まぐるしい進化など、企業のマーケティング活動は日々変化への順応が求められています。それにともないマスメディアへの広告出稿は減少、一方でブランドアクティベーション※1という考え方が広がりをみせています。中でも、“プッシュ型”から“プル型”の情報発信に重きを置くコンテンツマーケティングは国内でも活発化しています。魅力的なコンテンツを通して集まった顧客との結びつきをより強固にする施策が、今後企業には必要になると考えています。

 このような市場環境でアマナは、NewsCred※2をはじめとした海外のビジネスパートナーとの連携や、今回発表する独自開発のプラットフォーム「POOL」の立ち上げなどを通して、マーケティング支援サービスの拡大を進めてまいります。企業と顧客のコミュニケーションに創意工夫が求められるいま、広告制作で長年培ってきた知見をもとに、顧客が魅力を感じるオリジナルコンテンツの企画制作から、更に顧客がファンになるコミュニティ運営の企画演出まで、ワンストップでサポートできる体制を整えていきます。


■ 顧客をファンに変えるコミュニティマーケティング支援ツール「POOL」

 アマナが独自で開発したコミュニティサイト型CMS「POOL」は、企業とファン、双方向のコミュニケーションを促進する場であり、様々なファン施策の仕掛けを持つサービスです。イベントの告知・応募機能はもちろんのこと、オウンドメディアの運用、フォトコンテストの実施、オリジナルグッズの制作機能など、お客様が一度会員登録を行えば、コンテンツをシームレスに発信できます。

 また「POOL」はクラウドサービスですが、ドメインの自由な設定とデザインカスタマイズができるため、オリジナリティのあるサイト構築が可能です。また自社運用としても提供するなど、柔軟なパッケージとなっています。導入時のプランニングから提供するコンテンツ制作まで、アマナが一貫してサポート。高品質なビジュアルと高付加価値なコンテンツで、顧客をファンに変え、コミュニティへと育成し、一過性ではないファンとの結びつきを作ります。


■ ファン施策の運用負担を減らし、マーケティングに活かす

 昨今のファン施策には欠かせない、イベント運営、ニュース配信、カスタムグッズ制作などは、各機能に特化した個別サービスがさまざまに普及しています。企業はそれらを組み合わせ実施していますが、個別のサービスを併用するために一貫した顧客データが集まらず、顧客との接点を十分に活かしきれない実態がありました。

 アマナが提供する「POOL」は、それらファン施策に必要な機能をひとつのプラットフォームに集約。すべての施策をシームレスにすることで、顧客のコミュニティ参加がスムーズになるだけでなく、企業の運用負担は圧倒的に軽減します。また「POOL」が活性化すればするほど、マーケティグに活かせる顧客情報のキャッチアップも容易になります。

 

 企業や商品の価値を高める上で、ビジュアルコミュニケーションは必須の課題です。これからもアマナは、「ビジュアルコミュニケーションで世界を豊かにする。」をミッションに、企業の想いを「伝える」から「伝わる」コミュニケーションの実現をサポートいたします。


URL:https://amana.jp/service/detail_38.html


※1:メディアプラットフォームやチャネルを活用し消費者にブランドを体験させ、態度変容や行動を取らせるように働きかけること。2016年4月に、全米広告主協会(ANA)が「 “The U.S. Brand Activation Marketing Forecast 2016”」で発表。

※2:NewsCredは、世界各国の出版社やデジタルパブリッシャーが保有する良質なライセンスドコンテンツを、独自のマネジメントシステムを通して提供しています。NewsCredとアマナデザインは、日本市場における独占パートナーシップを契約しています。


報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「163108」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんな画像に興味があるようです

    こんなリリースをよく見ています

    このリリースを見た人が興味がある…

    • 関連画像
    • 関連記事
    • 会社情報