創価大学が文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」のキッ...|

創価大学が文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」の キックオフシンポジウム『途上国における循環型社会の形成』を 5月12日に開催

~国連SDGsが掲げる環境保全・飢餓解消の貢献にむけて~

創価大学(東京都八王子市/学長:馬場 善久)は昨年11月、文部科学省の平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」に、事業計画『途上国における持続可能な循環型社会の構築に向けた適正技術の研究開発と新たな地域産業基盤の形成』が採択されました。



本事業では、国際的な中心課題である途上国の貧困に対し、本学の理系・文系の研究を融合することで、「プランクトン工学」という新たな研究分野を提案します。アフリカ大陸のエチオピア国との共同研究として、生ごみや余剰物を低コスト・省エネルギーで処理、そこで回収した栄養分と日光で植物プランクトンを大量培養します。さらには、そのプランクトンを原料とした栄養豊富な食材の生産・商品化を通し、国民の健康改善、環境教育・経済教育の提供、そして新たな産業づくりに貢献します。これらの活動により、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)へ多角的にアプローチできる、持続可能な循環型社会システムの構築を目指します。


この採択を受け、キックオフシンポジウム『途上国における循環型社会の形成 ~エチオピアをモデルケースとして』を5月12日(土)、創価大学大教室棟201教室にて開催します。

本シンポジウムの第1部では、研究プロジェクト責任者である戸田 龍樹工学研究科長による事業説明の他、モデル地域のエチオピアからバハルダール大学のフィレウ・テゲニェ学長を招聘し、エチオピアが抱える健康・医療・環境等の社会的諸課題および改善への取り組みを紹介します。第2部では、JICA東京国際センターの木野本 浩之所長、滋賀県立大学の伴 修平教授らが講演します。

概要は下記の通りです。※詳細は添付チラシをご参照ください。


チラシ: https://www.atpress.ne.jp/releases/155732/att_155732_1.pdf



■「私立大学研究ブランディング事業」キックオフシンポジウム開催概要

日時 :2018年5月12日(土)13:00受付 13:30開始 16:00終了予定

会場 :創価大学大教室棟201教室

    (八王子市丹木町1-236 JR八王子駅からバス15分)

対象者:どなたでも参加可(参加費無料、事前申込不要)

参考 :創価大学私立大学研究ブランディングHP

    https://www.soka.ac.jp/research/branding/


●文部科学省 平成29年度「私立大学研究ブランディング事業」選定事業一覧

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/002/002/1398494.htm

プレスリリースロゴ画像

プレスリリース添付資料

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「155732」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースを見た人が興味がある…

  • 関連記事
  • 会社情報