WEBアプリ開発プラットフォーム「Buddy」 開発者向け無...|

WEBアプリ開発プラットフォーム「Buddy」  開発者向け無料サービスを4月18日より開始

株式会社インフォラボ(本社:東京都港区、代表取締役:斎藤 隆夫)は、WEBアプリ開発プラットフォーム「Buddy(バディ)」の開発者向け無料サービスを4月18日に開始いたします。


製品サイト: http://www.buddy.info-lab.co.jp/dev_service/



本サービスは、BuddyをプラットフォームとしたWEBアプリケーションの開発、販売を目的とするデベロッパーを対象に、豊富な開発機能をはじめとしたBuddyのすべての機能を"無料"で提供するサービスです。

一般向けの「無料お試し版」と違い、サーバースペックのボリュームアップや様々な制限数の緩和など、WEBアプリ開発に腰を据えて取り組める環境を用意しています。

また無料のサービスでありながらテクニカルサポートにも対応しています。



■開発者向け無料サービス 仕様

<スペック>

ユーザー  :50ユーザーまで

アプリ開発数:20個まで

サーバー容量:3GB

同時接続数 :20

ご利用期間 :1年(※延長制度あり)



■Buddyアプリの仕組み

「Buddy」は、最新のJavaScriptライブラリ「React.js」と「Node.js」を採用し、開発・運用の全ての操作をWebブラウザ上で行えるWebアプリの高機能な開発プラットフォームです。

Buddyアプリの仕組みは、WebブラウザのJavaScript言語でWebページを書き換えて動作する「シングルページアプリケーション」によって、各ページを毎回サーバーから読み込むことなく動作します。これにより、サーバーやネットワークへの負荷を大幅に軽減し、かつ複雑な画面構成でも軽い操作感となります。

また、Buddyは、React.jsのコンポーネントをさらに「スクリーンモジュール」としてパッケージ化し、扱いやすくしておりますので、ユーザーはReact.jsを意識せずにご利用できます。



■主な機能

・DBテーブル設計

CSV、Excelファイルをインポートすれば、データベースを自動生成してくれます。データベース項目(カラム)の型や、初期値、選択肢などの属性も簡単に設定できます。


・DBビュー設計

アプリ内に持つテーブル同士を結合させる「ビュー」機能を持っています。必要なテーブルと必要な項目選択を行うだけで、複合的な仮想テーブルが作成されます。

また、標準の集計機能や文字関数や演算子を用いることで用途に応じた編集もできます。


・スクリーン設計

テキストボックスやボタンなどの基本的なものから、カレンダー、タイムスケジュール、クロス集計、地図、グラフなど複合的なデータ表示に対応するものまで35種類のモジュールを用意しています。

それらのモジュールをドラッグ&ドロップするだけで、すばやくスクリーンが作れます。

スクリーン作成画面として、自由性の高い「非グリッド画面」、規則的な配置やレスポンシブ対応に適した「グリッド画面」の2種類から選択することができます。

また、初心者でもスクリーンテンプレートを使えば簡単に目的の画面を作ることができます。


・マルチデバイス対応

スマホ・タブレットなど、デバイスの画面幅に応じてデザインを自動調整するレスポンシブ機能を標準装備しています。


・レポート設計

セットした帳票のイメージファイルに合わせてモジュールを配置すれば、レイアウトされた帳票をPDF出力することもできます。見積書の内訳など複数行にわたるデータにも、領域モジュールを使うことで簡単に対応できます。

また、罫線や背景色などを設定したExcelでのレポートを出力することもできます。


・ワークフローシステム設計

Buddyでは、ワークフローに必要なDBテーブル、DBビュー、スクリーンを適切に連携させて一括作成することができます。決済ルートも自由に設定できます。


・スクリーンテーマ編集機能

オリジナルティあふれるデザインを自由にカスタマイズすることができます。カスタマイズしたデザインをファイルとしてダウンロード・アップロードできるので、アプリデザインの統一もできます。


・データ連携

Buddy内アプリ同士の連携はもちろん、外部データベースとのデータ同期、連携が可能です。


・写真データのダイレクトアップロード

スマートフォンのカメラで撮った画像ファイルを、直接Buddyサーバー上へアップロードすることができます。端末のストレージに保存されないため、万が一の紛失時にも情報漏洩を回避できます。またサイズ上限を設定することで画像の自動リサイズも行えます。



■運用管理機能

・アプリの稼働、停止管理

・データベースのバックアップと復元

・アプリごとのお知らせ管理

・個別ユーザーやユーザーグループ設定による権限管理

・アクセス、エラー、API、生成、カスタムの各ログのアプリログ閲覧



■Buddy運営会社

名称      : 株式会社インフォラボ

所在地     : 〒106-0047

          東京都港区南麻布3-19-16 アーバンネット南麻布ビル

代表者     : 代表取締役 斎藤 隆夫

設立年月    : 1998年2月

資本金     : 1,400万円

事業内容    : ・業務アプリケーション、Webシステムの構築、

           コンサルティング

          ・WEBアプリ開発プラットフォーム「Buddy」の開発、提供

          ・「Buddy」ユーザー向けの

           コミュニケーションフォーラムの運営(準備中)

          ・文書管理のしくみ構築、コンサルティング

Webサイト   : http://www.info-lab.co.jp/

Buddy詳細サイト: http://www.buddy.info-lab.co.jp/

プレスリリースロゴ画像

報道関係者向け お問い合わせ先

お問い合わせの際はリリース番号「154324」を
担当にお伝えください。

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースに注目した人は…

こんなリリースをよく見ています

このリリースを見た人が興味がある…

  • 関連記事